ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

蒲郡・鳴門・宮島・徳山・大村の優勝戦


蒲郡G3企業杯KIRIN CUP優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇前本泰和が押し切り、今年3回目・蒲郡6回目・通算105回目の優勝

鳴門トランスワードトロフィー2018優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇眞田英二(徳島支部)が15トップスタートの速攻を決めて鳴門7回目・通算22回目の優勝

宮島新東通信杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇田頭実が押し切り、若松→福岡からの3節連続となる今年4回目・通算69回目の優勝

徳山tysテレビ山口杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇原田篤志(今節選手代表)が12トップスタートの速攻を決めて徳山2回目・通算16回目の優勝
 3号艇柳生泰二(山口支部)が1M外握って2着に入り山口支部ワンツー。

大村BTS鹿島開設3周年記念肥前鹿島干潟杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇高野哲史が押し切り、大村初・昨年9月スカパー!JLC杯競走以来となる通算7回目の優勝

ゴールデンブレーブ・男・村田修が山口達也を差し切って常滑で優勝


常滑オラレセントレア開設6周年記念競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇村田修次が1号艇山口達也を差し切って先頭に立ち、今年2回目・常滑3回目・通算48回目の優勝

児島創刊70周年記念スポーツニッポン杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇鈴木博が07トップスタートも2号艇丹下将が差しを決めて先頭に立ち、丹下将は今年2回目・児島初・通算10回目の優勝

桐生群馬テレビ杯G3オールレディース優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇大瀧明日香が10トップスタートも2号艇土屋千明(今節選手代表)が差しを決めて先頭に立ち、群馬支部92期4225土屋千明は30度目の優出にしてデビュー初優勝

 尚、本日の優勝戦3場は全て2号艇2コース差しで決まりました。

芦屋近況絶好調軍団優勝戦は近況絶不調軍団が2人優出

 芦屋ていゆうニュース杯争奪アダムスキーカップ近況絶好調軍団優勝戦は波高8cm向かい風8mのコンディションで発走し、枠なり3vs3の進入から3号艇廣瀬将亨が捲り差しを決めて先頭に立つも、今年初優出で近況絶不調の廣瀬将亨は2M大きく流れてしまい3番手に後退し、通算999勝の廣瀬将亨は1000勝達成お預け。
 そして1号艇・今年V3大峯豊が4号艇・今年V1江夏満(福岡支部)を行かせての2M差しで逆転先頭に立ち、レース名通り近況絶好調の大峯豊は前走地徳山エフエム山口カップに続く今年4回目・芦屋2回目・通算34回目の優勝
 尚、もうひとりの今年初優出・近況絶不調組だった2号艇井上恵一(今節選手代表)は1M廣瀬将亨に叩かれての4番手から周回毎に順位を下げて6着でした。

平和島・多摩川・浜名湖の優勝戦


平和島東京中日スポーツ杯東京新聞盃優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇杉山裕也が07トップスタートも2号艇柏野幸二が差し切って先頭に立ち、柏野幸二は今年2回目・平和島初・通算57回目の優勝

多摩川サンケイスポーツ賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇武富智亮が03トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・多摩川初・通算3回目の優勝

浜名湖ボートレースチケットショップ岩間14周年記念茨城新聞社杯優勝戦

 1246/35の進入から17トップスタートの3号艇桑原悠が悠々カド捲りを決めて先頭に立ち、浜名湖初・2016年3月大村長崎新聞社杯以来となる通算9回目の優勝

G2びわこモーターボート大賞

 G2びわこモーターボート大賞〜スター候補チャレンジマッチ〜優勝戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から1号艇長田頼宗が3号艇上野真之介の捲りをこらえつつ4号艇西山貴浩の差しを振り切り、今年2回目・びわこでは昨年9月の前回近江米カップに続く2回目・通算27回目の優勝

丸亀日本財団会長杯優勝戦

 1456/23の進入から2号艇山谷央がカド捲りを決めるも流れてしまい、内小回り差しの4号艇石川真二が先頭に立ち丸亀5回目・通算77回目の優勝
 ちなみに3連単246は21670円でした。

本日の優勝戦2場、尼崎・三国は共に2号艇が優勝。


尼崎BTS鳥取開設7周年記念鳥取市長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇中村有裕が差しを決めて先頭に立つも、1号艇宮地元輝が2M差し返して逆転先頭。
 しかし中村有裕が2周1M差し返して再度先頭に立ち、中村有裕は宮地元輝の2周2M差し返しを振り切って激戦に競り勝ち尼崎2回目・2015年8月滋賀県知事杯争奪びわこカップ以来となる通算35回目の優勝

三国マクール杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇室田泰史(福井支部)が06トップスタートも2号艇大平誉史明の差しが届き、2M内先行した大平誉史明は室田泰史の外全速戦をこらえきって先頭に立ち昨年9月多摩川じぶん銀行賞以来となる通算39回目の優勝

4月26日につづき「つ・わかまつ」で優勝戦


津スポーツ報知ビクトリーカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇今垣光太郎が08トップスタートの速攻を決めて、前走地GW三国ボートフェスタに続く今年3回目・津では1995年4月以来となる2回目・通算101回目の優勝

若松ナッセ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇磯部誠が押し切り、今年4回目・若松初・通算11回目の優勝
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック


blogram投票ボタン



アクセスランキング
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ