ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

海の日記念若松SGオーシャンカップは準優も優勝戦も波乱

 準優1号艇1着なしという波乱の優出メンバーになった若松SGオーシャンカップ優勝戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から2号艇毒島誠が捲りを決めて先頭に立ち若松2回目・昨年11月下関SGチャレンジカップに続くSGV3にしてそれ以来となる通算44回目の優勝
 準優1号艇トリオで唯一優出した4号艇吉田拡郎が1M捲り差しから道中5号艇土屋智則との2着争いに競り勝ち群馬支部ワンツー阻止。
 ちなみに2連単3610円・3連単16480円でした。

浜名湖地区対抗第3戦!東海vs近畿サンケイスポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇湯川浩司(85期4044)が捲りきって先頭。
 しかし捲られた1号艇河合佑樹(静岡支部)がターンマークにぶつかって転覆した結果4艇が転覆艇に乗り上げてしまい3号艇桐本康臣(85期4043)と5号艇野中一平が転覆して河合佑樹は妨害失格を適用、更に航走を続けた4号艇藤田靖弘(静岡支部)もプロペラ・モーターが不調になりスピードが乗らず不完走失格になった結果、後続艇は6号艇重木輝彦のみがゴールして湯川浩司との2艇完走。
 そんなこんなで舟券は3連勝式が不成立になりましたが1艇完走単勝のみ成立という大惨事は免れて、湯川浩司は今年2回目・浜名湖4回目・通算49回目の優勝

児島ジャパンネット銀行賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から00タッチスタートの3号艇牧宏次(77期3800)が捲りきって先頭に立ち、スタート判定も生き残って児島初・昨年6月蒲郡スポーツ報知杯争奪ビクトリーカップ以来となる通算18回目の優勝
 5号艇佐藤大介(77期3813)が1M差して2着に入り77期ワンツーで2連単12380円・3連単351で51680円。

みやじマリンカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇上野真之介が09トップスタートの速攻を決めて、宮島初・昨年8月三国スカパー・ブロードキャスティング杯以来となる通算10回目の優勝
 そして結果的に今日の優勝戦で唯一の本命決着になりました。

芦屋ルーキーシリーズ2018年度第8戦

 芦屋ルーキーシリーズ第12戦スカパー!JLCカップ優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇岡村慶太(福岡支部104期4545)30歳が押し切り、先月の前回当地日本MB選手会会長杯に続く今年4回目・芦屋5回目・通算16回目の優勝

 ちなみに9月に浜名湖で開催されるG1ヤングダービーは開催年9月1日時点で30歳未満の選手が出場対象なので、2月8日で30歳になった岡村慶太はヤングダービーの出場権がありません。

びわこ滋賀レイクスターズ杯はオオムラGPレーサーがびわこ初V


びわこ滋賀レイクスターズ杯優勝戦

 プロバスケットボールチーム滋賀レイクスターズのタイトル戦は枠なり3vs3の進入から08トップスタートの1号艇山口裕二が4号艇宮地元輝のカド捲りをこらえきって先頭に立ち、2日目12Rで通算1000勝を達成したオオムラGPレーサー山口裕二は今年3回目・びわこ初・通算14回目の優勝

鳴門男女W優勝戦湯上がり爽快!徳島の地ビール「あらたえエール杯」競走最終日

 11R男子優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇山田祐也(徳島支部)が08トップスタートの速攻を決めて鳴門3回目・通算6回目の優勝
 3号艇西野雄貴(徳島支部)が1M差して2着に入り、4号艇林美憲(今節選手代表)が1M2番差しから道中の3着争いに競り勝ち徳島支部ワンツースリーで3連単770円。

 12R女子優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇岩崎芳美(徳島支部)が12トップスタートも1Mターンミスで流れてしまい2号艇新田芳美(徳島支部)の差しが届きますが、W芳美併走の間隙を縫って4号艇香川素子の2番差しと6号艇片岡恵里の遅れ差しが届き、2M内先行した片岡恵里が香川素子を振り切って単独先頭。
 2周1M岩崎芳美が外握って先頭に並ぶも2周2M差しを狙った岩崎芳美は内突いてきた香川素子に飛ばされて3番手に下がり、再び単独先頭になった片岡恵里は鳴門初・2015年1月ヴィーナスシリーズ第10戦サンケイスポーツ旗争奪尼崎選手権競走以来となる通算5回目の優勝
 尚、2連単64は16260円・3連単641は75760円。

江戸川関東地区VS東海地区・東京中日スポーツ杯優勝戦

 江戸川の2個準優制6日間開催関東地区VS東海地区東京中日スポーツ杯は中日スポーツのお膝元愛知支部から3人、埼玉支部2人、東京支部1人優出。

 優勝戦は1号艇杉山裕也(愛知支部)が08トップスタートの速攻を決めて、江戸川初・通算15回目の優勝
 ドラゴンズブルーの4号艇中里昌志(埼玉支部)が1M捲り差して2着。

下関アサヒビールカップ優勝戦

 1235/46の進入から1号艇角谷健吾が07トップスタートの速攻を決めて今年4回目・下関3回目・通算64回目の優勝

ヴィーナスシリーズ第5戦尼崎プリンセスカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇竹井奈美が押し切り、前走地常滑笠松ライディングスクール杯に続く今年2回目・尼崎初・通算4回目の優勝

津と唐津で86期が優勝


津日本モーターボート選手会会長賞優勝戦

 4号艇西島義則がインに入った4123/5/6の進入から16トップスタートの1号艇滝沢芳行が捲った展開に乗って2号艇山本修一(86期4069)が捲り差しを決めて先頭に立ち、山本修一は津3回目・2014年8月下関日本財団会長杯スマイルカップレースお盆特選以来となる通算18回目の優勝

唐津日刊スポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇東本勝利(86期4066)が押し切り、今年2回目・唐津初・通算26回目の優勝

大村BTS長崎時津開設11周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇松尾昂明が差しを決めて先頭に立つも、1M差し続く6号艇大上卓人に2M突進されて最下位になり、展開突いた1号艇村上遼(長崎支部)がまとめて差し切って逆転先頭に立ち今年2回目・大村2回目・通算3回目の優勝

福岡3日間開催カメリアライン杯優勝戦

 福岡カメリアライン杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇山田哲也が20トップスタートの速攻を決めて、今年5回目・福岡2回目・通算32回目の優勝

 ちなみに今節は6日に降った大雨の影響で7日の前検日に選手が集まらず、初日の8日が中止になり当初の4日間開催から3日間開催になりました。
カメリアライン杯初日中止のお知らせ

来年度のG1ヤングダービーを開催する三国のG2MB大賞

 G2三国モーターボート大賞-企業杯優出者バトル-優勝戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から1号艇赤岩善生が押し切り、今年7回目・三国6回目・通算91回目の優勝

 ちなみに三国では来年9月にG1ヤングダービーを開催。
 三国にとっては2015年7月のSGオーシャンカップ以来となる全国発売競走開催です。
2019年度SG競走・プレミアムG1競走開催地


多摩川G3マスターズリーグ第3戦マンスリーBOATRACE杯優勝戦

 東京支部が内枠4人を占めた一戦ですが枠なり3vs3の進入から5号艇服部幸男47歳が捲り差しを決めて先頭に立ち、多摩川4回目・通算94回目の優勝
 尚、3連単532は35670円。

 ちなみに多摩川では来年6月にSGグランドチャンピオンを開催。
 多摩川にとっては2009年3月のSG総理大臣杯以来となるSG開催で、プレミアムG1を含めても2012年3月のG1女子王座決定戦以来となる全国発売競走開催。

蒲郡テレビ愛知杯争奪たなばた特別競走優勝戦

 来年8月にG1女子王座決定戦を開催する蒲郡の優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇大峯豊が押し切り、今年5回目・蒲郡3回目・通算35回目の優勝

常滑中日スポーツ杯争奪ドラゴン大賞優勝戦

 来年7月にSGオーシャンカップを開催する常滑の優勝戦は枠なり3vs3の進入から5号艇嶋義信が捲りを決めて先頭に立ち、香川支部103期4529嶋義信は8度目の優出にしてデビュー初優勝
 尚、3連単512は24970円。

丸亀サッポロビールカップ2018優勝戦

 123/564の進入から1号艇坂口周が押し切り、今年2回目・丸亀3回目・通算52回目の優勝

 ちなみに丸亀では来年7月にG3ウエスタンヤングを開催します。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック


blogram投票ボタン



アクセスランキング
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ