ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

児島グラチャン開催直前サンケイスポーツ杯優勝戦

 児島グラチャン開催直前サンケイスポーツ杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇辻栄蔵が押し切り、今年2回目・児島5回目・通算77回目の優勝

 ちなみに児島次節SGグランドチャンピオン特設サイト)は来週22日から開催予定で、児島では2011年以来10年ぶりの開催です。
本物の強さ、胸に刻め。

浜名湖・芦屋の優勝戦


浜名湖体感型動物園iZooカップ優勝戦

 124/563の進入から1号艇藤岡俊介が12トップスタートの速攻を決めて、前走地徳山サンケイスポーツ杯争奪戦に続く今年2回目・浜名湖初・通算20回目の優勝

芦屋PayPay銀行賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇服部達哉が11トップスタートの速攻を決めて、昨年3月丸亀香川県中部広域競艇事業組合51周年記念以来となる通算2回目の優勝

びわこ・鳴門・丸亀の優勝戦


びわこサンケイスポ―ツ杯争奪さざなみ賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇是澤孝宏(滋賀支部)が3号艇土屋智則の捲りをこらえきって先頭に立ち、びわこでは2010年4月デビュー初V以来となる2回目・2019年8月福岡日刊スポーツ杯争奪戦以来となる通算7回目の優勝

鳴門徳島県産酒造米「吟のさと」使用純米酒「きらい」杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇林美憲(今節選手代表)が押し切り、今年3回目・鳴門14回目・通算67回目の優勝

丸亀巧者集合!報知グリーンカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇田頭実が4号艇今井貴士のカド捲りを受け止めて押し切り、今年3回目・丸亀4回目・通算75回目の優勝
 今井貴士が2M差しで2着を取りきって福岡支部ワンツー。

常滑・津・大村の優勝戦


G3マスターズリーグ第2戦常滑レジェンドカップ優勝戦

 12346/5の進入から1号艇江本真治(74期3711)46歳が3号艇石渡鉄兵(74期3716)46歳の捲り差しを締めて振り切り、同期対決に競り勝った江本真治は常滑初・2013年9月江戸川BP習志野開設7周年記念以来となる通算6回目の優勝

津レディオキューブFM三重カップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇山田哲也が1号艇春園功太(三重支部)を差し切って先頭に立ち、今年3回目・津では今年2月の前回日本トーターカップに続く5回目・通算44回目の優勝
 尚、2連単570円・3連単213は1520円。

大村富士通フロンテック杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から05トップスタートの1号艇濱本優一が2号艇吉田一郎(長崎支部)の振り込み差しと3号艇北村征嗣の捲り差しを振り切って先頭に。
 しかし、濱本優一は2周2Mターンマークにぶつかりそうになって避けようとするもターンマークに接触してターン流れ、2M内先行で単独2番手に立っていた吉田一郎が濱本優一を差し切って逆転先頭に立ち4月の前回当地スポーツ報知杯に続く今年2回目・大村16回目・通算48回目の優勝
 尚、2連単680円・3連単213は1820円ですが、123のままなら3連単480円でした。
 ちなみに吉田一郎の1M振り込み差しは振り込んで外の差し場を塞いだ後に立て直して差すという結果オーライな展開です。

開設68周年記念競走G1福岡チャンピオンカップ

 開設68周年記念競走G1福岡チャンピオンカップ優勝戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から1号艇前田将太(福岡支部)が押し切り、福岡7回目・通算25回目にしてG1初優勝
歓喜の瞬間いざ頂点へ。


G3オールレディース江戸川女王決定戦KIRIN CUP優勝戦

 1号艇竹井奈美が押し切り、今年2回目・江戸川初・通算9回目の優勝
 2号艇小野生奈が1M差し順走で2着に入り福岡支部ワンツー。
江戸川女王決定戦キリンカップ


下関楽天銀行杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇島村隆幸が10トップスタートの速攻を決めて、今年4回目・下関2回目・通算19回目の優勝

金子萌がデビュー初優勝を真夏日の桐生で飾った萌の夏


桐生MBP津幡開設8周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2コースがスタート凹むも1号艇金子萌が壁無しスリットをものともせずに押し切り、静岡支部54期3156金子良昭息子である静岡支部113期4793金子萌(かねこはじめ)は13度目の優出にしてデビュー初優勝

三国日本財団会長賞九頭龍賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇萩原秀人(福井支部)が3号艇山本隆幸の捲りを受け止めて押し切り、今年5回目・三国では先月の前回GW三国ボートフェスタに続く19回目・通算58回目の優勝

ボートレース多摩川開設67周年記念バースデイカップにZoom in

 1954年6月9日に府中競艇場として開設したボートレース多摩川の開設記念であるボートレース多摩川バースデイカップ優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇今泉友吾(東京支部112期4759)が押し切り、ずーみんことY.Imaizumiは多摩川初・昨年3月おおた水辺にぎわい競走以来となる通算6回目にして同期同支部4758富樫麗加との結婚後初優勝

 ちなみに東京都府中市にある多摩川の主催は青梅市と東京都四市競艇事業組合で、場がある府中市は平和島を主催している事は有名な話。
月別アーカイブ
記事検索
Categories
MyblogList
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
バナソニック


にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ