ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

児島瀬戸の女王決定戦は直前追加の大山千広が優勝

 児島G3オールレディース瀬戸の女王決定戦優勝戦は12346/5の進入から1号艇大山千広(116期4885)が11トップスタートの速攻を決めて、2節前の津ハッピィアワーティアラヴィーナスシリーズ第9戦に続く今年3回目・児島初・通算4回目の優勝

 ところで、瀬戸の女王決定戦は当初大山千広の母61期3317大山博美が出場予定でしたが10月末に斡旋辞退しており、娘の大山千広が急遽追加斡旋。
 そして大山博美の斡旋辞退はなんと引退のためで、10月1日の蒲郡G3オールレディース夜の女王決定戦が最後のレースになりました。
 尚、大山千広は先月通算V3を達成しており、22歳の若さにして母の通算優勝回数2回(最後の優勝は2001年4月桐生上毛新聞社杯白滝姫賞G3女子リーグ第1戦)を早くも超えました。

 ちなみに優出6号艇だった日高逸子が今節出場前に書いたブログで、大山博美が引退した事と理由(股関節手術のため)について書いてあります。
瀬戸の女王決定戦お知らせ

江戸川麺処ろく亭カップ優勝戦は6艇完走


江戸川麺処ろく亭カップ優勝戦

 波高10cm向かい風5mで安定板使用も3周戦で行われた優勝戦は10トップスタートの1号艇杢野誓良が2号艇川北浩貴の差しを振り切って先頭に立ち、2Mでも川北浩貴の差しを振り切って先頭を死守して江戸川初・2015年2月浜名湖浜松商工会議所会頭杯以来となる通算12回目の優勝

 ちなみに麺処ろく亭は江戸川本場の道路を挟んだ向かいにローソンと並んで出店しています。
 メニューはそば・うどん・横浜家系ラーメンの3本柱です。
 営業時間はモーニングレースの発売開始よりも早い7:30から、ラストオーダーはナイターレースの終了時刻よりも遅い21:30です。
麺処ろく亭麺処ろく亭の冷かけそば


びわこAGE30選抜中日スポーツ杯優勝戦

 東京支部4人が優出した一戦は枠なり3vs3の進入から08トップスタートの4号艇内堀学31歳がカド捲りを決めて先頭に立ち、びわこ2回目・2015年1月江戸川新春金盃以来となる通算4回目の優勝
 狭い艇間を捲り差した5号艇福来剛37歳が2着に入り東京支部ワンツー。
 尚、2周1Mの3番手争いで外から先行しようとする2号艇吉田宗弘37歳に対し1号艇久田敏之37歳が突進して吉田宗弘が転覆、更に3号艇村田敦35歳が転覆艇に乗り上げて転覆し、久田敏之は妨害失格を適用されました。

住之江デイリースポーツ杯争奪2018サザンカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇深谷知博が押し切り、9月の前回当地日刊スポーツ杯争奪ブルースターカップに続く今年7回目・住之江2回目・通算22回目の優勝

【#ボート映え】G1徳山クラウン争奪戦【CROWN BEYOND】

 開設65周年記念競走G1徳山クラウン争奪戦優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇太田和美が押し切り、今年5回目・G1V17となる通算77回目の優勝
#ボート映え未来とつながるか。CROWN BEYOND


常滑市長杯〜男女W優勝シリーズ〜最終日

 11R男子優勝戦は125/346の進入から1号艇仲口博崇(愛知支部)が押し切り、前走地平和島BOATBoyカップに続く今年2回目・常滑17回目・通算77回目の優勝
 ということで69期3554仲口博崇と69期3557太田和美が同じ日に通算V77フィーバー達成。

 12R女子優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇香川素子が04トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・常滑2回目・通算16回目の優勝

 ちなみに今節2日目の3日文化の日に紗倉まなが来場しました。

若松開設66周年記念競走読売新聞社杯G1全日本覇者決定戦

 若松開設66周年記念競走読売新聞社杯G1全日本覇者決定戦優勝戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から1号艇田村隆信が3号艇瓜生正義(今節選手代表)に捲られるも踏ん張ってBS舳先を掛け同体に持ち込み、2M内先行で抜け出した田村隆信は若松5回目・昨年6月宮島西日本スポーツ杯以来となる通算54回目の優勝にしてG1V11。

 ちなみに田村隆信はかつて「探偵!ナイトスクープ」で番組に出演した少年から「モンキーターンが一番上手いのは田村隆信」と称賛されましたが、その数原魁少年が兵庫支部123期5060としてデビューします。
イチバァーン

戸田本命バトル祭マンスリーBOATRACE杯優勝戦

 内枠4人がA1選手になった戸田本命バトル祭マンスリーBOATRACE杯優勝戦は節間8戦全勝の1号艇渡邊雄一郎に完全Vが懸かる一戦でしたが、枠なり3vs3の進入から07トップスタートの3号艇河村了が捲りを決めて先頭に立ち今年2回目・戸田初・通算13回目の優勝
 2号艇平本真之が1M差しからの2M外全速戦で2着に入り愛知支部ワンツー。
 渡邊雄一郎は2周2Mの差しで4号艇林美憲に追いついて逆転3着に入り2連単3070円・3連単6250円。
 ちなみに3連単324だと134.8倍の万舟になるところでした。

本日は5場で優勝戦


芦屋BTS宮崎オープン4周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入からスタート飛び出した2号艇星栄爾が捲りに行き、捲られた1号艇秋元哲は責任外転覆を喫し、転覆艇に乗り上げた4号艇徳増秀樹が失速。
 そしてレースを壊した星栄爾はそのまま先頭に立ちますが判定の結果+01のフライング返還欠場になり、差して2番手航走の3号艇藤丸光一(今節選手代表)が先頭に繰り上がり2016年9月若松ビッグベアーズカップ以来となる通算62回目にして意外にも芦屋初優勝
 尚、2連単35は惜しくも万舟届かずの9870円でしたが、3連単356は丁度3万円でした。

宮島西日本スポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇北野輝季が1号艇前本泰和(広島支部)に強捲りを浴びせて捲りきり、2016年10月の当地中国新聞販売センター杯以来となる通算4回目・宮島2回目の優勝
 尚、2連単35は17430円・3連単351は41260円でした。

鳴門蛭子能収杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇石塚久也が押し切り、今年4回目・デビュー初V水面の鳴門では2回目・通算15回目の優勝

三国しもつき第1戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇高橋正男が捲り差しで1号艇長岡良也を捕え、サバンナ高橋正男は2M内から長岡良也を張り飛ばして先頭抜け出し三国初・2015年12月びわこBINAPO杯以来となる通算4回目の優勝
 尚、2連単45は6150円・3連単451は17730円でした。

桐生日刊スポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇金田諭が押し切り、今年3回目・桐生2回目・通算34回目の優勝

福岡ルーキーシリーズ2018年度第16戦

 福岡ルーキーシリーズ第20戦スカパー!JLC杯優勝戦は枠なりオールスロー進入から1号艇新開航(福岡支部118期4932)が押し切り、1月の芦屋スポニチ金杯新春特選に続く今年2回目・通算2回目の優勝
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック




アクセスランキング
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ