ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

【勝平橋から観戦】平和島SG優勝戦は吉川ワンツー

 4年ぶりの平和島開催になったSG鳳凰賞競走特設サイト)は準優3つ共1号艇が優出を逃す大荒れになりましたが、波高15cm追い風8mで迎えた優勝戦は予選4位だった1号艇吉川元浩が枠なり3vs3のインから難なく押し切り、平和島2回目・SGV4となる通算87回目の優勝にして鳳凰賞連覇。
 2号艇坂口周が1M差し順走で2番手、3号艇吉川昭男が1M捲り差し届かず3番手だったものの、吉川昭男がHS内に切り返して2周1M内潜り込む好旋回を見せ、外握った坂口周のターンがやや膨れた事もあって逆転を果たし吉川ワンツー達成。

 ちなみに画像は平和島競艇場と大井競馬場を結ぶ勝平橋から観戦した優勝戦とウイニングラン、無観客開催ながらポスターと開催日程が掲示されていたボートレース平和島正門です。
 行きは大森駅からビッグファン平和島行きの京急バス、帰りは勝平橋を渡って大井競馬場から品川駅まで都営バスに乗って移動しました。
SG優勝戦の1周1M勝平橋のファンにも顔見せした吉川元浩ウイニングラン

ボートレース平和島正門


桐生みどり市発足14周年記念市議会議長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇村岡賢人が1号艇萩原秀人を差し切って先頭に立ち、2017年10月ルーキーシリーズ第8戦瀬戸の若鷲決定戦以来となる通算2回目の優勝

三国坂井市制14周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から10トップスタートの1号艇石田政吾(福井支部)が3号艇長野壮志郎の捲りを受け止めきって押し切り、今年2回目・通算82回目の優勝

下関西京波者結成10周年記念優勝戦

 内枠3人を山口支部が占めた一戦は枠なり3vs3の進入から1号艇吉村正明が01トップスタートの際どい速攻を決め、下関8回目・通算38回目の優勝
 2号艇森野正弘が1M差し順走で2着、3号艇谷村一哉が1M捲り差して3着に入り山口支部上位独占。

【前節は弟の暢嵩】児島で上條兄弟が2節連続優勝【今節は兄の嘉嗣】


児島テレポイント倶楽部杯優勝戦

 枠なり1vs5の進入から1号艇上條嘉嗣(102期4514)が裸単騎をものともしない02トップスタートの速攻を決めて、2017年10月常滑日本モーターボート選手会会長賞争奪戦以来となる通算2回目の優勝

 ちなみに今月12日の児島前節備南競艇事業組合44周年記念競走では弟上條暢嵩(110期4719)が優勝しており、上條兄弟で児島連続V達成。


鳴門ALSOK徳島杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇峰竜太が押し切り、今年5回目・鳴門初・通算68回目の優勝

 ちなみに峰竜太にとって鳴門が22場目の優勝場になり、全場制覇へ向けて残るは蒲郡と津の2場になりました。

津DMM.com杯争奪!バッチこいカップ

 津で開催された「松本バッチのボートでバッチこい」のタイトル戦を締めくくるDMM.com杯争奪!バッチこいカップバッチこい優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇新田雄史(三重支部)が4号艇上村宏太の攻めをブロックしつつ5号艇萬正嗣の捲り差しを振り切り、1月の前回当地伊勢新聞社新春レースに続く今年2回目・津では3連続Vとなる9回目・通算28回目の優勝にして2日目6R6号艇2着以外全て1着の準完全V。
 デビュー初優出の上村宏太が2M萬正嗣を差し切って2着に入り2連単670円・3連単4240円。

福岡県内2場の優勝戦


芦屋G3企業杯アサヒビールカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇篠崎仁志(福岡支部)が1Mを先行するも追い風8m波高8cmの水面で艇が暴れてターン流れてしまい、2号艇上野真之介が差しを決めて先頭に立ち前走地尼崎BTS京丹後開設4周年記念競走に続く今年2回目・芦屋2回目・通算15回目の優勝
 尚、2連単850円・3連単214は4770円。

うねり王福岡決戦!ニッカン・コム杯最終日

 1362/45の進入から16トップスタートの6号艇長岡茂一が捲りを決めて先頭に立ち、福岡3回目・2016年6月多摩川関東・近畿・九州地区対抗戦マクール杯以来となる通算92回目の優勝
 尚、2連単64は15820円・3連単643は93690円。

1日遅れの江戸川日刊ゲンダイ杯優勝戦


江戸川日刊ゲンダイ杯優勝戦

 かつて東京支部長を務めた事もある62期3340池田雷太が節間3戦全勝で江戸川3回目・2001年3月芦屋弥生賞競走以来となる通算8回目の優勝と完全優勝が懸かった一戦は追い風6m波高10cmで安定板着用の3周戦で迎えましたが、池田雷太はコンマ26で痛恨のスタート遅れを喫してしまい2号艇武富智亮に捲られた間に5号艇野添貴裕と6号艇荒井翔伍(東京支部)に差し切られる苦しい展開に。
 それでも池田雷太はBS内に切り返して艇を伸ばし2M先行を狙いますが野添貴裕には届かず、野添貴裕は江戸川初・通算43回目の優勝
 荒井翔伍が2M池田雷太を行かせて捌き、2周1Mでは武富智亮を行かせて捌ききって2着に入り2連単4660円。
 19年ぶりのVならなかった池田雷太は3周2Mの差しで武富智亮との3着争いに競り勝ち3連単17700円。

 ちなみに4日間開催の今節は初日が9R以降中止打切、3日目が7R以降中止打切、昨日が中止順延でした。

戸田東京スポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇大久保信一郎が捲り差しを決めて1号艇宮田政勝を差し切り、戸田初・昨年3月唐津マンスリーBOATRACE杯以来となる通算14回目の優勝
 尚、2連単1280円・3連単312は4640円。

尼崎スポーツニッポン杯争奪伊丹市施行66周年記念競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇向所浩二(兵庫支部)が11トップスタートの速攻を決めて、尼崎10回目・2018年10月下関明治維新150年記念G3企業杯長府製作所杯以来となる通算50回目の優勝

宮島ルーキーシリーズ第6戦スカパー!JLC杯優勝戦

 枠なり2vs4の進入から1号艇豊田健士郎(115期4856)が押し切り、今年3回目・宮島初・通算5回目の優勝
 5号艇仲谷颯仁(115期4848)が1M2番差しで2着に入り115期ワンツー。

江戸川中止順延により本日の優勝戦は愛知県の2場


常滑ワークシステムサービスカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から「センターの3コーうわぁ!際どい!食い込んでしまったかもあるがぁ!先行するんですが只今のスタート判定中です。」という山田智彦アナウンサーの実況通り3号艇有賀達也がスタート踏み込んで捲るものの判定の結果+01のフライング返還欠場。
 そして、その有賀達也を捲り差しで捕らえて差し切った4号艇片橋幸貴が自力で先頭に立ち、常滑初・昨年1月びわこ日刊スポーツ新聞社杯争奪荒法師賞以来となる通算3回目の優勝
 尚、2連単42が8620円・3連単421が11440円と返還ありでも高配当でした。

蒲郡G3オールレディース夜の女王決定戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇松本晶恵が押し切り、蒲郡初・通算18回目の優勝

浜名湖B級名人大集合最終日は10R以降中止打切で優勝者なし


唐津トータリゼータエンジニアリング杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇鳥飼眞が3号艇市川哲也の捲りをこらえきって先頭に立ち、唐津3回目・通算45回目の優勝

浜名湖B級名人大集合Daiichi-TVファイティングカップ優勝戦

 BATTLE OF B級浜名湖第2弾として企画されたB級名人大集合は強風高波浪のため、追い風7m波高5cmの9R終了後中止打ち切りになり、今節は優勝者なしになりました。
B級名人大集合優勝戦出場選手
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ