ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

G3サッポロビールカップで黒井ラベル優勝


桐生G3企業杯サッポロビールカップ優勝戦ヱビス競走

 16/2/345の進入から1号艇黒井達矢が12トップスタートの速攻を決めて、前走地びわこサンケイスポーツ杯争奪さざなみ賞に続く今年3回目・桐生初・通算20回目の優勝にして昨年7月唐津サッポロビールカップに続くサッポロビールカップV2。
 ちなみに2016年7月には缶コーヒー等の清涼飲料水部門である戸田ポッカサッポロカップも制しています。
サッポロ黒ラベル


平和島サントリーカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇橋本年光が17トップスタートの速攻を決めて、平和島初・2016年2月戸田スポーツ報知ウインターカップ以来となる通算11回目の優勝

徳山住信SBIネット銀行賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇柳生泰二(山口支部)が押し切り、今年2回目・徳山3回目・通算12回目の優勝
 3号艇谷村一哉(山口支部)が1M捲り差しからの2M差しで2着に入り山口支部ワンツー。

住之江男女W優勝戦サンケイスポーツ旗争奪飛龍賞競走最終日

 11R優勝戦(男子)は12/3645の進入から6号艇山口達也が差しを決めて先頭に立つも、1M捲り差しからBS切り返してきた4号艇松田大志郎が迫り、山口達也メンバーは2M松田大志郎を外全速握って包みきるも流れてしまい、1号艇木場雄二郎が2艇を差し切って逆転先頭に立ち2013年10月オラレ徳山開設5周年記念競走以来となる通算3回目にして徳山以外での初優勝

 12R優勝戦(女子)は枠なり3vs3の進入から1号艇中谷朋子が押し切り、前走地津PR第1戦男女W優勝戦に続く今年5回目・住之江3回目・通算20回目の優勝

宮島・若松・大村の優勝戦


宮島楽天銀行賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇茅原悠紀が押し切り、今年3回目・デビュー初V水面の宮島では2回目・通算36回目の優勝にして初日12R楽天ドリーム戦4号艇2着以外全て1着の準完全V。

若松資さん杯優勝戦

 大雨により昨日6日目が中止になり3個準優制から得点率制に変更、更に今夜七夕も大雨の影響が残る濁った水面で開催した優勝戦は枠なり3vs3の進入から3号艇守田俊介が捲りを決めて先頭に立ち、守田俊すけさんは今年3回目・若松初・通算87回目の優勝

大村日刊スポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇下出卓矢が押し切り、前走地若松九州スポーツ杯に続く今年2回目・大村初・通算6回目の優勝

西スポ杯争奪芦屋カップ優勝戦

 今節は7月3日の4日目が台風で中止順延、更に7月6日の最終日が大雨で中止順延になりましたが、本日も大雨の影響による水位上昇と水質悪化により中止開催打ち切り、今節は優勝者なしになりました。
 以下が幻の優勝戦メンバーです。

1:毒島誠 2:齊藤仁 3:島川光男 4:山本隆幸 5:一宮稔弘 6:関口智久

鳴門サッポロビールカップ競走

 鳴門サッポロビールカップ競走優勝戦は枠なりオールスロー進入から1号艇西山貴浩が押し切り、前走地浜名湖G3企業杯SUZUKIスピードカップに続く今年4回目・鳴門初・通算26回目の優勝

浜名湖中日スポーツシルバーカップ


浜名湖男女W優勝戦中日スポーツシルバーカップ最終日

 11R優勝戦(男子)俺らの仲間いけや賢二祝40歳記念レースは枠なり3vs3の進入から1号艇井口佳典が押し切り、3月の前回当地SG総理大臣杯に続く今年3回目・浜名湖4回目・通算67回目の優勝
 尚、3連単123は390円。

 12R優勝戦(女子)は枠なり3vs3の進入から14トップスタートの1号艇海野ゆかりが2号艇長嶋万記(静岡支部)の差しを振り切って先頭に立ち、浜名湖初・通算55回目の優勝
 尚、3連単123は580円。

Wヤングは台風の影響でウエスタンヤングが1日遅い最終日

 下関G3ウエスタンヤング優勝戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から1号艇仲谷颯仁23歳が08トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・下関では昨年8月の前回巌流本舗杯に続く2回目・通算5回目の優勝
若さは武器だ。一瞬で決めろ。


戸田週刊大衆杯優勝戦

 123/465の進入から1号艇中島孝平が4号艇須藤博倫(今節選手代表)のカド捲りを張り飛ばしつつ6号艇永田秀二の捲り差しと2号艇山崎義明(埼玉支部)の差しも振り切って先頭に立ち、今年2回目・戸田初・通算52回目の優勝

びわこ近江牛カップ優勝戦

 156/234の進入から2号艇益田啓司がカド捲りを決めて先頭に立ち、今年2回目・びわこ2回目・通算23回目の優勝
 6号艇菊地孝平が1Mアウト変わりの外マイからの2M差しで2着、6号艇市橋卓士が1M差して3着に入り3連単264は15430円。

Wヤングは台風の影響でイースタンヤングが一足早く最終日

 津G3イースタンヤング優勝戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から4号艇秋元哲29歳がカド捲りを決めて先頭に立ち今年3回目・津初・通算15回目の優勝
 03トップスタートの3号艇佐藤翼29歳が捲り差して2着に入り埼玉支部29歳ワンツー。

 尚、下関G3ウエスタンヤングも本日最終日の予定でしたが台風接近により中止順延、イースタンヤングが一足早く最終日を迎える事になりました。
若さは武器だ。一瞬で決めろ。


蒲郡三遠ネオフェニックス杯争奪e-じゃんカードカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇古賀繁輝が1Mターンマークに当たりそうになりながらも軌道修正して差しを決め、4号艇徳増秀樹の2番差しと2M外全速戦を振り切り、古賀繁輝は昨年4月の前回当地蒲郡市長杯争奪蒲郡ムーンライトレース以来となる通算35回目・蒲郡2回目の優勝

常滑笠松ライディングスクール杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から02トップスタートの1号艇竹井奈美に対し2号艇川北浩貴の差しが届きますが、川北浩貴は1M2番差しの4号艇山田康二を2M握って包んだ際に流れてしまい、竹井奈美が差し返して2艇まとめて差し切り逆転先頭に立ち常滑初・2016年12月戸田G3オールレディース報知新聞社杯以来となる通算3回目の優勝
 尚、川北浩貴はHS山田康二を締めて切り返し狙うも竹井奈美に届かず、2周1M手前で山田康二に切り返しをやり返されて後退し、結果5着。

多摩川日刊ゲンダイ杯優勝戦


多摩川日刊ゲンダイ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇吉川元浩の差しと5号艇安河内将の捲り差しが入り、BS内側の安河内将が2M内から先行するも吉川元浩が差し返して単独先頭に立ち、吉川元浩は今年5回目・多摩川3回目・通算78回目の優勝

江戸川スポーツニッポン杯

 当初6月26日〜7月1日までの6日間開催でしたが、2日目の6月27日が強風高波浪で中止順延7月2日最終日予定になり、6月28日は2周戦で開催できたものの6月29日は強風高波浪で中止になり日程短縮。
 更に6月30日も中止になり、7月1日も中止になった時点で風速予報と潮回りから本日2日を待たずに開催打ち切りが決まりました。

 尚、投票機器の更新工事などを実施するため7月3日〜6日までは外向も含めて完全休館となります。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック


blogram投票ボタン



アクセスランキング
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ