ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

【桃太郎】児島G2レディースオールスター

 3回目にして児島では初開催となるG2レディースオールスター優勝戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から1号艇寺田千恵(今節選手代表)が19トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・通算66回目の優勝
 5号艇田口節子(岡山支部)が1M捲り差しから2周1M外握って2着争いに競り勝ち岡山支部ワンツー。
寺田桃太郎千恵と田口かっぱ節子と樋口吉備団子由加里寺田桃太郎千恵と仲間たち


G3企業杯フォルクスワーゲン戸田公園カップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇市橋卓士が押し切り、戸田2回目・通算36回目の優勝

本日は3場で優勝戦


エディウィン鳴門開設7周年記念競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇林美憲(今節選手代表)が押し切り、鳴門11回目・通算59回目の優勝
 4号艇田村隆信(徳島支部)が1M差して2着に入り徳島支部ワンツー。

桐生日本モーターボート選手会会長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇松本勝也が押し切り、昨年3月尼崎BTSMBP京丹後開設2周年記念競走以来となる通算41回目の優勝

丸亀スカパー!JLC杯争奪ルーキーシリーズ第4戦京極若武者決戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇近江翔吾(香川支部107期4643)が押し切り、丸亀3回目・昨年6月福岡日刊スポーツ杯争奪戦以来となる通算6回目の優勝

瀬戸内宮島の岩田杯はひな祭りから始まって今日が最終日


宮島岩田杯優勝戦

 優勝賞金200万円を懸けた伝統の一戦岩田杯は枠なり3vs3の進入から1号艇山口剛(広島支部)が押し切り、1月の前回当地G3企業杯やまだ屋「桐葉菓」杯に続く今年2回目・宮島14回目・通算41回目の優勝
 6号艇白石健が1M外握って2着に入り2連単2350円、5号艇岡村仁が3着争いを制して3連単11860円。

びわこBOATBoyCUP優勝戦

 14/2/356の進入から1号艇守田俊介(滋賀支部)が07トップスタートの速攻を決めて、前走地児島ていちゃんカップに続く今年3回目・びわこ24回目・通算95回目の優勝
 三つ巴の2着争いから最終3周2Mで6号艇秦英悟が先行2艇を差し切って2着、3周2Mを先に回った5号艇角谷健吾が3着になり、本日の優勝戦は2場共に1-6-5決着。
 ですが、こちらは2連単1280円・3連単6720円と万舟にならず。

芦屋BTS勝山オープン25周年記念優勝はオールスター出場の西山貴浩

 芦屋ボートレースチケットショップ勝山オープン25周年記念優勝戦は13/4256の進入から2・3コースが凹んで2号艇高野哲史が絞りに行くも12トップスタートの1号艇西山貴浩(福岡支部)が難なく先マイして高野哲史の捲り差しを寄せ付けずに押し切り、今年2回目・芦屋2回目・通算32回目の優勝

 ちなみに西山貴浩は5月に福岡で開催されるSGボートレースオールスターファン投票で3年ぶり3度目の当選を果たしました。

本日は3場で優勝戦


多摩川マクール杯静波まつり杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇石川真二が03トップスタートの速攻を決めて、今年3回目・多摩川8回目・通算81回目の優勝

三国やよい第1戦優勝戦

 123/465の進入から1号艇西川昌希が18トップスタートも大きくターン流れてズブズブに差されてしまい、6号艇武田光史(今節選手代表)が捲り差しを決めて先頭に立ち、三国10回目・通算38回目の優勝
 尚、2連単64は26870円・3連単641は39650円。

住之江ボートピア梅田開設12周年記念デイリースポーツ旗争奪ホワイトベア競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から捲る3号艇池永太と内で粘る1号艇鶴本崇文(大阪支部)と差す2号艇吉村正明の三つ巴になり、1M出口で鶴本崇文が吉村正明を締めた後外を牽制する動きに出た隙を突いて2M手前で吉村正明が鶴本崇文に突進!
 これにより鶴本崇文は大きく後退し、吉村正明のターンもやや流れた結果池永太が差しを決めて先頭に立ち住之江2回目・通算29回目の優勝
 尚、2連単4520円・3連単324は20360円でした。

蒲郡マクール杯争奪戦

 蒲郡マクール杯争奪戦優勝戦は1246/35の進入から1号艇重野哲之が09トップスタートの速攻を決めて、蒲郡4回目・通算55回目の優勝

薄暮だョ!浜名湖にB級名人大集合


浜名湖薄暮だョ!B級名人大集合マクール杯優勝戦

 132/456の進入から09トップスタートの4号艇山崎昭生59歳がカドマクールを決めて先頭に立ち、2014年3月グランプリファイナル戦津商工会議所杯争奪津市長賞以来となる通算54回目の優勝
 尚、2連単45は2640円・3連単451は10760円でした。
ビフォーアフター


平和島オラレ上越開設7周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇深川真二が11トップスタートの速攻を決めて、前走地蒲郡愛知バス杯争奪ABCツアーカップに続く今年3回目・平和島V6・通算90回目の優勝

常滑ボートピア川崎開設記念競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇小宮淳史が押し切り、常滑初・2008年5月児島日本モーターボート選手会会長杯以来となる通算3回目の優勝
 5号艇井上大輔が1M捲り差して2着に入り岡山支部ワンツー。

尼崎スポーツニッポン杯争奪伊丹市施行65周年記念競走優勝戦

 兵庫支部3人が優出した一戦は枠なり3vs3の進入から1号艇吉川元浩(兵庫支部)が2号艇吉田俊彦(兵庫支部)の差しを振り切り、尼崎24回目・通算82回目の優勝
 吉田俊彦が2M差して2着に入り兵庫支部ワンツーも、6号艇向所浩二(兵庫支部)は1周1M差しを狙った際に引き波に引っ掛かって振り込み選手責任転覆。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ