ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

唐津住信SBIネット銀行賞優勝戦

 唐津住信SBIネット銀行賞優勝戦は枠なり3vs3の進入から10トップスタートの1号艇小坂宗司が3号艇山崎郡の捲り差しを振り切って大阪支部同士による優勝争いを制し、昨年12月びわこ西日本スポーツ杯以来となる通算2回目の優勝

【BADBOYS is BOATBOYS】G1宮島チャンピオンカップ

 開設67周年記念G1宮島チャンピオンカップ優勝戦特設サイト)は枠なり4vs2の進入から1号艇前本泰和(広島支部)が12トップスタートの速攻を決めて、今年9回目・宮島25回目・G1V6となる通算128回目の優勝
 5号艇辻栄蔵(広島支部)が1M捲り差して2着に入り広島支部ワンツー。
てっぺん獲るんはこのワシじゃあっ!


蒲郡三遠ネオフェニックス杯争奪e-じゃんカードカップ優勝戦

 展示の124563から大きく変わった162/345の進入から1号艇廣瀬真也が03トップスタートも深インで伸びず、08スタートの3号艇本多宏和(愛知支部)が一気に伸びてカド捲りを決めて先頭に立ち前走地三国マクール杯に続く今年4回目・蒲郡初・通算17回目の優勝
 廣瀬真也が2M外握って2番手争い優位に運び、2周2Mで6号艇河村了(愛知支部)を行かせて捌き接戦抜け出し2連単1530円・3連単316は6760円。

大村BTS松浦開設5周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇赤坂俊輔(長崎支部)が押し切り、今年2回目・大村11回目・通算37回目の優勝

児島PayPay銀行賞優勝戦

 児島PayPay銀行賞優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇田中辰彦が3号艇林美憲の捲りを受け止めて押し切り、児島初・2019年9月戸田BACHプラザ杯以来となる通算3回目の優勝

鳴門商工会議所会頭杯競走優勝戦

 鳴門商工会議所会頭杯競走優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇吉田一郎が押し切り、今年3回目・通算49回目の優勝

住之江G1高松宮記念特別競走

 住之江の名物競走G1高松宮記念特別競走優勝戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から1号艇太田和美(大阪支部)が押し切り、今年3回目・住之江23回目・G1V20となる通算85回目の優勝
OPEN A NEW ERA


江戸川月兎ソースカップ優勝戦

 1号艇濱崎誠が押し切り、江戸川3回目・2019年3月多摩川巧者決定戦澤乃井カップ以来となる通算9回目の優勝をGet。

びわこ近江牛カップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇後藤翔之が捲り差しを決めて1号艇豊田健士郎を差し切り、びわこ初・昨年11月平和島府中市長杯以来となる通算18回目の優勝
 尚、2連単1870円・3連単314は5250円。

徳山スポーツニッポン杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇新良一規(山口支部46期2930)65歳が02トップスタートの速攻を決めて、徳山9回目・2018年6月蒲郡白熱の準優6R制!トランスワード杯争奪戦以来となる通算45回目の優勝

 ちなみに65歳1ヶ月での優勝は歴代3位の年長優勝記録で、60代の優勝は昨年3月福岡日刊ゲンダイ杯の43期2876鈴木幸夫当時62歳以来で、登録番号2000番台の優勝は昨年7月津PR第2戦熱いぜ!夏男大集合の48期2992今村豊以来。

浜名湖シーラックバリ勝男クン。カップ優勝戦

 浜名湖シーラックバリ勝男クン。カップ優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇一瀬明が押し切り、浜名湖3回目・2019年11月多摩川日本財団会長賞以来となる通算37回目の優勝

戸田・平和島・三国・若松・福岡の優勝戦


戸田マンスリーBOATRACE杯優勝戦

 123/465の進入から1号艇藤岡俊介が01トップスタート踏み込む速攻を決めて、今年3回目・通算21回目・昨年11月日刊大衆杯に続く出場となった戸田では3連続となる3回目の優勝

東京スポーツ賞平和島下剋上バトルA1級vsB級優勝戦

 内枠3人がA1、外枠3人がB級になった優勝戦は枠なり2vs4の進入から07トップスタートの1号艇永田啓二(福岡支部94期4288)が3号艇岡崎恭裕(福岡支部94期4296)の3カドつけまいを受け止めて押し切り、平和島初・昨年3月児島住信SBIネット銀行賞以来となる通算18回目の優勝
 岡崎恭裕が2M差して2番手争いに競り勝ち福岡支部94期ワンツー。

G3オールレディース三国レディースカップ優勝戦

 枠なり2vs4の進入から1号艇遠藤エミが押し切り、今年6回目・三国2回目・通算35回目の優勝
 尚、2周1M出口で5番手の4号艇西橋奈未(福井支部)が振り込み選手責任転覆。

若松唐十杯優勝戦

 からあげの店唐十のタイトル戦は156/234の進入から1号艇前沢丈史が押し切り、今年3回目・通算19回目・若松では2009年3月デビュー初V以来となる2回目の優勝

福岡ルーキーシリーズ第14戦スカパー!JLC杯優勝戦

 163/245の進入から3号艇澤田尚也(121期5017)が捲りきるも流れた展開に乗って2号艇高倉和士(今節選手代表111期4736)と4号艇野中一平(115期4850)の捲り差しが入り、先に捲り差して先頭に立った高倉和士が野中一平の追い上げを振り切って今年2回目・福岡初・通算4回目の優勝
 尚、2連単3060円・3連単243は10120円。
月別アーカイブ
記事検索
Categories
MyblogList
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
バナソニック


にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ

PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ