ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

下関・芦屋の優勝戦


下関楽天銀行杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇寺田祥(山口支部)が押し切り、5月の前回当地モーヴィ下関オープン1周年記念モーヴィ下関杯に続く今年5回目・下関8回目・通算52回目の優勝
 2号艇安河内将が1M差し順走からの2周1M差しで5号艇江夏満に競り勝ち「祥」と「将」のショウワンツー。

芦屋ルーキーシリーズ第12戦スカパー!JLCカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇木田峰由行が捲り差しを決めて1号艇上田龍星を差し切り先頭に立つも、上田龍星が2M差し返しを決めて逆転先頭に立ち今年3回目・芦屋初・通算6回目の優勝

平和島・若松の優勝戦


平和島サントリーカップ優勝戦

 平和島有観客開催初節の優勝戦は枠なり2vs4の進入から3号艇荒井翔伍(東京支部)の3カド捲りを1号艇福島勇樹(今節選手代表)が張り飛ばして東京支部コンビが共倒れになり、02トップスタートの4号艇鈴木勝博が2号艇馬袋義則を叩き切っての捲り差しを決めつつ6号艇佐藤悠の捲り差しを内でこらえきり、鈴木勝博は平和島4回目・昨年8月戸田日本財団会長賞以来となる通算21回目の優勝
 尚、2連単46は2220円・3連単465は8630円。

若松中間市行橋市競艇組合施行51周年記念競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入からコンマ11〜14の範囲でほぼ横一線のスタートになりましたが、13スタートの2号艇西山貴浩(福岡支部)が12スタートの1号艇松井繁相手に強捲り仕掛けて捲りきり、前走地大村スポーツニッポン杯(完全V)に続く今年3回目・若松6回目・通算38回目の優勝
 4号艇林美憲が1M差して2着に入り、2連単5330円・3連単243は36580円。

浜名湖優勝戦は松村香織さんご結婚おめでとう記念競走


浜名湖日本モーターボート選手会会長杯優勝戦

 小林習之アナウンサーが実況した優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇笠原亮(静岡支部)が押し切り、今年3回目・浜名湖8回目・通算59回目の優勝
 5月に第2子を出産したオシリーナこと秋山莉奈の夫として有名な5号艇後藤翔之が1M狭い艇間を捲り差して2着。

 ちなみに優勝戦は冠協賛競走「松村香織さんご結婚おめでとう記念競走」で、「元SKE48で現在フリーで活躍中の松村香織さんのご結婚を祝福するため協賛しました。通称「かおたんず」と呼ばれるファンみんなでお祝いします。結婚してもみんなのアイドル!かおたん結婚おめでとう!!
 と、先月結婚を発表した元SKE48にして現BS11住之江ボートレース中継アシスタントMCのかおたんこと松村香織の結婚祝い競走でした。
松村香織さんご結婚おめでとう記念競走松村香織さんご結婚おめでとう記念競走出走表



蒲郡BOATBoyCUP優勝戦

 展示の132456から本番124/356の進入になり1号艇上村純一が09トップスタートも、13スタートの3号艇杉山正樹(愛知支部)が伸びの違いで一気のカド捲りを決めて先頭に立ち蒲郡5回目・通算33回目の優勝

 5号艇黒柳浩孝(愛知支部)が捲り差し狙いで2号艇岩瀬裕亮(愛知支部)を叩こうとするも振り込んでしまい、両者立て直したものの4号艇田中豪が小回り差しで岩瀬裕亮に舳先ねじ込み2番手に。
 しかし田中豪が2Mで岩瀬裕亮を張りながら回って懐がら空きになった隙を突いて6号艇鈴木裕隆(愛知支部)の差しと黒柳浩孝の2番差しが入り、愛知支部Wひろたか併走状態から2周1M内の黒柳浩孝がすんなり先行したのに対し外の鈴木裕隆は引き波を超えられず、愛知支部Wひろたかによる2着争いは黒柳浩孝に軍配が上がり愛知支部ワンツースリーは2連単2630円・3連単16460円。
 尚、岩瀬裕亮が4着争いで田中豪に競り勝ち、4人優出した愛知支部が上位独占。

びわこ滋賀レイクスターズ杯優勝戦

 びわこ有観客開催再開初節の優勝戦は枠なり2vs4の進入から2号艇田頭実が3号艇山田哲也の捲り差しを張りながらの差しを決めて先頭に立ちますが、2周1Mで田頭実がバタついた展開を突いて山田哲也の差しが届き、山田哲也は2周2M内先行で逆転先頭に立ち今年2回目・びわこ初・通算38回目の優勝
 尚、2連単2030円・3連単231は5730円。

 ちなみに優勝戦1号艇稗田聖也が同じく1号艇で1着になった4日目11Rで珍しい事故がありました。
 まず、優勝戦5号艇で4日目11Rも5号艇だった島村隆幸が2M最後方から外握った際にターン流れてピットに接触して選手責任エンスト失格(しかし減点を跳ね返して優出)。
 その際、島村隆幸は展示ピットに係留していた4日目12R1号艇江口晃生のボートを破損させてしまい、江口晃生は責任外欠場になり前売分266万2200円の返還になりました。
 びわこはスタンド側にピットがある故の事故でしたが11Rでは更に出来事があり、2周2Mで4号艇広次修(2着)と2号艇佐藤大佑(3着)が激しい2着争いを演じた事により、両者は23条指導事項違反で賞典除外になってしまいました。

住之江キング決定戦は大阪、小坂、日向坂の小坂尚哉が日向坂改名後の初V

 住之江キング決定戦優勝戦はスロー水域が深くなった134/256の進入から1号艇小坂尚哉(大阪出身9月生まれ兵庫支部)が07トップスタートの速攻で深インを克服し、住之江2回目・2018年11月戸田ポッカサッポロカップ以来となる通算17回目の優勝

 ちなみに小坂菜緒(大阪出身9月生まれ)が4枚のシングル表題曲全てでセンターを担当する日向坂46は前身のけやき坂46(ひらがなけやき)から2019年2月に改名。
 小坂なお哉の優勝は2018年11月以来なので、ひらがなけやきから小坂菜緒を表題曲センターに固定した日向坂に改名後の初Vになります。
大阪・小坂・けやき坂の小坂菜緒

戸田・津・丸亀・宮島・徳山の優勝戦


戸田スマホマクール杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から09トップスタートの1号艇服部達哉が3号艇牧宏次のマクールを張り飛ばした展開を突いて6号艇中澤和志(埼玉支部)が鋭い捲り差しを決めて先頭に立ち、今年2回目・戸田15回目・通算67回目の優勝
 小回り残した2号艇谷野錬志が服部達哉を差し切って2着に入り2連単3830円・3連単621は13920円。

津DMM.com杯争奪!バッチこいカップバッチこい優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇齊藤仁が押し切り、津2回目・昨年6月児島発刊55周年記念大阪スポーツ杯以来となる通算45回目の優勝

丸亀ヴィーナスシリーズブルーナイターエンジェルCUP優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇佐々木裕美が押し切り、丸亀初・昨年11月G3西部記者クラブ杯争奪徳山オールレディース以来となる通算9回目の優勝

宮島富士通フロンテックカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から14トップスタートの5号艇市橋卓士が絞り捲りを決めて先頭に立つも、「なんということでしょうか。」絞り過ぎて4号艇末永由楽を転覆させた件で妨害失格適用。
 これにより2番手に残していた1号艇北川幸典(今節選手代表)が先頭に繰り上がり、宮島9回目・全場制覇を達成した2018年7月尼崎UCCカップ以来となる通算73回目の優勝
 人気薄の6号艇山崎裕司(広島支部)が1M捲り差しからの2M差しで2着に入る広島支部ワンツーで2連単4850円・3連単163は17990円のヒモ荒れ万舟。

徳山九州スポーツ杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇吉村正明(山口支部)が押し切り、今年3回目・徳山11回目・通算40回目の優勝
 2号艇森永隆(山口支部)が1M差し順走から2M5号艇松山将吾を行かせて捌き2着に入り山口支部ワンツー。
 更に3号艇原田篤志(今節選手代表)がHS内に潜り込み2周1M松山将吾を張り飛ばして3着に入り山口支部ワンツースリー。

G2全国ボートレース甲子園は佐賀県代表峰竜太が優勝で今年V10

 全国47都道府県の代表が出場するG2全国ボートレース甲子園特設サイト)は、三国で第2回大会を開催。
 
 その決勝戦優勝戦は枠なり3vs3の進入から06トップスタートの3号艇峰竜太(佐賀県代表)が捲り差しを決めて1号艇吉川元浩(兵庫県代表)を差し切り、峰竜太は吉川元浩の2M差し返しを締めて振り切り今年10回目・三国2回目・通算73回目の優勝

 尚、第3回全国ボートレース甲子園の開催場は丸亀になります。
\今年は/三国で甲子園!!

唐津と鳴門のサッポロビールカップ


唐津サッポロビールカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から3号艇長溝一生(佐賀支部)が捲りきった展開に乗って4号艇古賀繁輝(今節選手代表)が捲り差しを決めて先頭に立ち、5月の前回当地か・らっキーバトルに続く今年2回目・唐津14回目・通算39回目の優勝
 尚、佐賀支部ワンツーの2連単は5480円・3連単436は53950円。

鳴門サッポロビールカップ競走優勝戦

 枠なり5vs1の進入から1号艇中越博紀が押し切り、今年2回目・鳴門2回目・通算16回目の優勝
サッポロビール


多摩川サンケイスポーツ賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇角谷健吾(東京支部)が19トップスタートの速攻を決めて、多摩川14回目・通算70回目の優勝
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ