ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

徳山・大村の優勝戦


オラレ徳山開設11周年記念九州スポーツ杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から4号艇柳生泰二(山口支部)が捲り差しを決めて先頭に立つも、1号艇中辻崇人が2M2号艇大野芳顕を行かせての差し返しで柳生泰二に並び、中辻崇人は2周1M内先行で単独先頭に立ち徳山初・昨年10月唐津オータムモーニングバトル私のイケメン選手権以来となる通算55回目の優勝

大村新東通信カップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇芝田浩治が押し切り、今年3回目・通算67回目の優勝

常滑・尼崎の優勝戦


常滑4Kソリューションカップ優勝戦

 向かい風6m波高5cmで安定板使用になった優勝戦は126/345の進入から09トップスタートの1号艇佐々木康幸が2号艇吉川昭男の差しを辛うじて振り切り2Mを先行するも、2M内をくるっと回った吉川昭男がHS佐々木康幸と同体に持ち込み、吉川昭男は佐々木康幸を張り飛ばしながら2周1Mを先行。
 しかし1M2番差しで3番手だった3号艇三井所尊春が2周1M吉川昭男を差し切って逆転先頭に立ち、三井所尊春は今年4回目・常滑4回目・通算47回目の優勝
 尚、2連単2530円・3連単326は12180円。

尼崎日刊スポーツ創刊70周年記念センタープール杯争奪ニッカングローリー賞競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇森定晃史が強烈なスタート速攻で先頭に立ち、判定の結果00タッチスタートで生き残った森定晃史は前走地三国越前がに解禁!!カニ坊競走に続く今年2回目・尼崎初・通算11回目の優勝

白井英治が今年2度目のパーフェクトVを戸田G3スカパーBC杯で達成


戸田G3企業杯スカパー・ブロードキャスティング杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から節間9戦全勝の1号艇白井英治が押し切り、前走地若松サンケイスポーツ杯に続く今年8回目・戸田4回目・通算92回目にして今年2度目の完全優勝達成。

 ちなみに白井英治は今年8000万円以上稼いでおり来月住之江で開催されるSGグランプリ出場当確ですが、なぜ明日からの桐生SGチャレンジカップではなく戸田今節に出場してたかというと、今年6月多摩川SGグランドチャンピオン5日目10R準優勝戦でのフライングによるSG4節選出除外中のためです。

児島BOATBoyCUP優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇新田雄史が07トップスタートの速攻を決めて、前記のSGグラチャン準優Fで白井英治と共にSG選出除外中の新田雄史は今年3回目・児島初・通算25回目の優勝

若松ビッグベアーズカップ優勝戦

 枠なり2vs4の進入から1号艇山地正樹が15トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・若松2回目・通算29回目の優勝

津マンスリーBOATRACE杯優勝戦

 津マンスリーBOATRACE杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇倉谷和信が04トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・通算56回目の優勝

次節にM1グランプリを控える蒲郡G1は田村隆信が優勝でSGグランプリ当確

 蒲郡開設64周年記念競走G1オールジャパン竹島特別優勝戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から1号艇田村隆信が押し切り、今年3回目・蒲郡3回目・G1V13となる通算57回目の優勝を飾ると共に獲得賞金が7000万を突破して来月住之江で開催されるSGグランプリも出場当確に。

 ちなみに蒲郡次節は25日から始まるGP戦、蒲郡商工会議所会頭杯争奪三河湾グランプリです。
いざ、決戦ー。


ヴィーナスシリーズ第10戦三国プリンセスカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇今井美亜(福井支部)が押し切り、今年2回目・三国初・通算7回目の優勝

 ちなみに三国次節は22日から始まる賞レース、輝く!三国競艇大賞です。

芦屋BTS宮崎オープン5周年記念モーニングだよ!全員集合優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇松田竜馬(福岡支部)が4号艇高田明のカド捲りを張り飛ばしながらも流れずに押し切り、前走地鳴門蛭子能収杯競走で36度目の優出にしてやっとデビュー初Vを達成した松田竜馬は産みの苦しみを抜け出して前走地に続く今年2回目・通算2回目の優勝

 ちなみに今節選手代表は宮嵜隆太郎(みやざきりゅうたろう)でしたが、ボートレースチケットショップ宮崎のレース名とは関係なく選手会福岡支部長なので福岡県内3場の開催ではほぼ選手代表になります。

開設66周年記念競走G1福岡チャンピオンカップ

 開設66周年記念競走G1福岡チャンピオンカップ優勝戦特設サイト)は枠なり5vs1の進入から1号艇桐生順平が押し切り、今年4回目・福岡初・G1V10となる通算38回目の優勝
百花繚乱福岡競演

江戸川東京健康ランドまねきの湯カップ


江戸川東京健康ランドまねきの湯カップ優勝戦

 東京健康ランドまねきの湯のタイトル戦は得点率制4日間開催でしたが、3日目9R以降が強風高波浪で開催打ち切りになったため、優出メンバーは3日目8Rまでの得点率で決定。

 迎えた優勝戦は節間4戦全勝の1号艇濱崎誠に完全Vが懸かる一戦でしたが、5号艇折下寛法(今節選手代表)が捲りきった展開に乗って6号艇中村尊が捲り差しを決めて折下寛法を差し切り、優出メンバー唯一のA1レーサー中村尊は今年2回目・江戸川初・通算7回目の優勝
 1M内残した2号艇平見真彦が2M折下寛法の内に潜り込んで2番手に上がりますが、最終3周2Mで折下寛法が内に切り返して平見真彦を張り飛ばし、その展開に乗った4号艇中嶋誠一郎が4番手から2艇まとめて差し切り逆転2着。
 これにより2連単10310円・3連単645は40240円。
東京健康ランドまねきの湯


下関COME ON!FM CUP優勝戦

 152/346の進入から1号艇前本泰和が押し切り、今年5回目・下関7回目・通算112回目の優勝
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ