ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

尼崎市長杯争奪尼崎城築城400年記念競走

 尼崎市長杯争奪尼崎城築城400年記念競走優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇笠原亮が押し切り、前走地G1戸田プリムローズに続く今年4回目・尼崎初・通算53回目の優勝

ナイターSG初日だった今日の愛知県は昼に常滑で優勝戦

 常滑創業97年誠進社杯優勝戦は枠なり3vs3の進入から05トップスタートの4号艇江崎一雄がカド捲りを決めて先頭に立ち、今年2回目・常滑初・通算3回目の優勝

 ちなみに今夜から同じ愛知県の蒲郡ではボートレースダービーSG全日本選手権特設サイト)が始まりました。
 全日本選手権のナイター開催は2010年の桐生開催以来8年ぶり2度目となります。

桐生・若松の優勝戦


桐生太田双葉カントリークラブカップ ドラ・ショップ開設5周年記念優勝戦

 枠なり2vs4の進入から11トップスタートの3号艇宮地元輝が3カド捲りを決めて先頭に立ち、今年2回目・桐生では昨年9月の前回ナイターレース施行20周年記念に続く2回目・通算11回目の優勝

若松夜王シリーズ第2戦わかわくらんどオープン2周年記念スピード王決定戦スピード王優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇小坂尚哉が07トップスタートの速攻を決めて今年3回目・若松2回目・通算15回目の優勝
 6号艇高橋正男が1M遅れ差しからの2M先行→2周1Mの差しで2着争いに競り勝ち兵庫支部ワンツー。

G2江戸川634杯MB大賞優勝者は鶴本崇文

 「東京支部vs全国選抜!」と銘打たれたG2江戸川634杯モーターボート大賞特設サイト)。

 優勝戦は前走地G1戸田プリムローズでG1初優出を果たして勢いに乗る1号艇鶴本崇文が押し切り、江戸川初・2016年12月芦屋ボートピア金峰オープン12周年記念以来となる通算8回目の優勝
優勝小切手を持つ鶴本崇文鶴本崇文から喜びのあいさつ


戸田加藤峻二杯東京中日スポーツ杯優勝戦

 登録番号4300番台以降の選手による開催の優勝戦は12/4356の進入から4号艇内堀学が3カド捲りを決めた展開に乗って3号艇西山貴浩が捲り差しを決め、2M内先行で抜け出した西山貴浩は今年7回目・戸田初・通算29回目の優勝

丸亀琴参バスカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇安達裕樹がコンマ33でスタート後手を踏むも伸び返して押し切り、前走地津PR第3戦アラウンド33選手権に続く今年2回目・丸亀初・通算33回目の優勝にして今回も33尽くし。

唐津住信SBIネット銀行賞優勝戦

 枠なり2vs4の進入から1号艇佐藤翼が06トップスタートの速攻を決めて今年3回目・唐津初・通算10回目の優勝

【みまもりた今年V6】鳴門オラレ美馬開設9周年記念競走


鳴門ボートレースチケットショップオラレ美馬開設9周年記念競走優勝戦

 1235/46の進入から1号艇都築正治が2・3コースの攻めを蹴散らした展開を突いて5号艇守田俊介が差しを決めて先頭に立ち今年V6・鳴門2回目・通算90回目の優勝
 尚、予選1位だった4号艇・大阪府出身岡田憲行は5カド進入も2・3コースが張られた展開に玉突き式に飛ばされて展開なく6着に敗れ、もりたGoと明暗がわかれました。

津ハッピィアワーティアラヴィーナスシリーズ第9戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇守屋美穂が03トップスタートも2号艇大山千広の差しが届き、2M内先行した大山千広が守屋美穂の差し返しを振り切って先頭に立ち今年2回目・津初・通算3回目の優勝

G1高松宮記念特別競走

 住之江の名物開催G1高松宮記念特別競走優勝戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から1号艇濱野谷憲吾が押し切り、前走地平和島マクール杯”ほぼ”オール女子戦に続く今年5回目・住之江3回目・G1V21となる通算83回目の優勝

びわこ東スポグループプレゼンツヘビー級王決定戦

 ヘビー級王決定戦ファイナルは枠なり3vs3の進入から1号艇岩崎正哉54.4kgが04トップスタートの速攻を決めて、今年4回目・びわこ4回目・通算53回目の優勝

宮島報知エキサイトカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇渡邉英児が押し切り、前走地児島BOATBoyCUPに続く今年3回目・宮島3回目・通算53回目の優勝

心機一転のリスタートを切った112期チャンプ馬場剛がデビュー初優勝

 多摩川関東日刊紙ボートレース記者クラブ杯優勝戦は枠なり2vs4の進入から1号艇馬場剛(東京支部)が05トップスタートの速攻を決めて、112期やまとチャンプ4769馬場剛26歳は11度目の優出にしてデビュー初優勝
 2号艇小野達哉が3周1Mで4号艇馬場貴也を捲りきって2着争いに競り勝ち馬場ワンツーを阻止。

 ちなみに馬場剛は2015年に元SDN48で現フリーアナウンサーの近藤さや香と結婚して子供も授かるも昨年に離婚、子供も母が育てる事になり馬場剛は身一つでの再出発に。
 そして離婚が公になった翌日の今年3月7日に当時A2だった馬場剛は下関4日目11R1号艇で期2本目のフライングをコンマ+06で切ってしまい即日帰郷。
 X1とF2が響いてしまったか馬場剛は現在B1に降格してしまいましたが、低迷を脱して遂にデビュー初優勝を飾りました。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック




アクセスランキング
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ