ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

本日は5場で優勝戦


若松東龍軒カップ優勝戦

 152/346の進入から1号艇中村亮太が押し切り、若松2回目・昨年12月常滑ボートレースチケットショップミニボートピア栄開設2周年記念競走以来となる通算24回目の優勝

オラレ田布施開設2周年記念G3徳山マスターズリーグ第9戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇渡邊伸太郎51歳が14トップスタートの速攻を決めて、徳山3回目・昨年7月福岡G3マスターズリーグ第4戦週刊大衆杯以来となる通算28回目の優勝

尼崎夕刊フジオレンジカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇岡田憲行が11トップスタートの速攻を決めて、今年4回目・尼崎初・通算22回目の優勝

常滑ボートレースチケットショップミニボートピア栄開設3周年記念競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から17トップスタートの4号艇古賀繁輝がカド捲りを決めて先頭に立ち、今年2回目・常滑初・通算36回目の優勝
 尚、2連単45は9880円・3連単456は39420円でした。

戸田G3オールレディースサンケイスポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇金田幸子が押し切り、戸田初・2015年4月日刊スポーツ杯争奪徳山ヴィーナスシリーズ第1戦以来となる通算13回目の優勝

三国レディースVSルーキーズバトル


三国ボートレースレディースVSルーキーズバトル優勝戦

 予選は男女3人ずつで団体ポイントを競い、準優は男女別に争って優勝戦は予選同様男女3人ずつで競う第1回ボートレースレディースVSルーキーズバトル(特設サイト)。

 そして123/465の進入から1号艇上條暢嵩(110期4719)が11トップスタートの速攻を決めて、10月の前回当地G3企業杯スズキ・カープラザカップに続く今年2回目・三国2回目・通算5回目の優勝
 2号艇今井美亜(福井支部)が差し順走で2着。

 ちなみに第2回は江戸川で2月11日から開催予定です。

浜名湖中日スポーツ2018ファイナルカップ優勝戦

 3号艇西田靖がインに入った312/456の進入から西田靖が16トップスタートも1号艇村越篤が差しを決めて先頭に立ち、村越篤は今年3回目・浜名湖では今年6月の前回日本モーターボート選手会会長杯に続く3回目・通算12回目の優勝

丸亀マクール杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から09トップスタートの1号艇松尾昂明が5号艇重成一人の捲り差しを辛くも振り切って先頭に立ち、松尾昂明は2Mでも重成一人の差しを振り切って先頭を守りきり今年2回目・丸亀初・通算10回目の優勝

宮島BOATBoyカップ

 宮島BOATBoyカップ優勝戦は123/465の進入から1号艇古結宏が押し切り、今年2回目・宮島2回目・通算20回目の優勝

【カラーツ像】G1唐津ダイヤモンドカップ

 G1唐津ダイヤモンドカップ優勝戦特設サイト)は枠なり3vs3の進入から1号艇山田康二(佐賀支部)が押し切り、今年2回目・唐津3回目・通算18回目の優勝にしてG1初V。
緊張ではない。固まっているだけだ。


下関地域情報新聞ほっぷ杯優勝戦

 地域情報新聞ほっぷのタイトル戦は12/3465の進入から4号艇角谷健吾が差しを決めて先頭に立つも1号艇市川哲也が2M差し返しに成功して逆転先頭に立ち、今年4回目・下関7回目・通算95回目の優勝

鳴門アペックス杯競走優勝戦

 枠なり5vs1の進入から1号艇原田幸哉が14トップスタートの速攻を決めて、今年V6・鳴門2回目・通算81回目の優勝

津・住之江の優勝戦


津中日スポーツ高虎杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇西山貴浩が03トップスタートの速攻を決めて、今年8回目・津2回目・通算30回目の優勝

住之江泉佐野市制70周年BTSりんくう開設6周年記念競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇赤坂俊輔が押し切り、住之江2回目・昨年11月丸亀スカパー!JLC杯以来となる通算31回目の優勝

江戸川・平和島・びわこ・尼崎・芦屋の優勝戦


江戸川ジャパンネット銀行賞優勝戦

 1号艇谷村一哉が押し切り、今年5回目・江戸川2回目・通算35回目の優勝

平和島ボートピア横浜開設11周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から14トップスタートの1号艇川北浩貴を2号艇守田俊介が差し切り、今年8回目・平和島V6・通算92回目の優勝
 川北浩貴が2着に入って滋賀支部ワンツー。

びわこルーキーシリーズ第22戦スカパー!JLC杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から5号艇吉田凌太朗が捲りを決めて先頭に立ち、今年2回目・びわこ初・通算3回目の優勝
 尚、2連単56は10740円・3連単564は55090円でした。

尼崎日刊スポーツ杯争奪伊丹選手権競走優勝戦

 枠なり4vs2の進入から1号艇高橋正男(兵庫支部)が11トップスタートの速攻を決めて、今年2回目・尼崎初・通算5回目の優勝

芦屋BTS金峰オープン14周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇松田大志郎(福岡支部)が05トップスタートの速攻を決めて通算500回目の1着ゴールを飾り、今年7回目・芦屋では今年9月の前回RKBラジオ杯芦屋巧者決定戦に続く7回目・通算18回目の優勝

林美憲がINAX杯争奪とこなめ大賞優勝で全場制覇達成【リクシル】


INAX杯争奪とこなめ大賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から09トップスタートの1号艇林美憲が壁無しスリットになったものの押し切り、今年4回目・常滑初・通算58回目の優勝
 そして林美憲は今回の常滑初Vにより、史上25人目の全24場制覇達成者になりました。

大村ヴィーナスシリーズ第11戦蛭子能収杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇遠藤エミが14トップスタートの速攻を決めて、今年V6・大村では昨年12月の前回G1クイーンズクライマックスに続くV3・通算25回目の優勝
 尚、4号艇津田裕絵が1周1M差しを狙うも振り込み選手責任転覆。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
競艇電投会員即時募集中
既に会員の方はテレボート
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
勝ち組.net
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック




アクセスランキング
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ