ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

【江戸川は】多摩川予選最終日【順延】

江戸川競艇強風高波浪の為に中止!優勝戦は総理杯初日と同じ22日になりました。当日は併用発売です。
とりあえず、江戸川中止で書くことが一つ減りました。

ということで川は川でも、プール水面の多摩川競艇場を本日のメインディッシュで。多摩川一般戦の予選最終日4日目です。

6R6号艇の松元保徳は最内から臨むも、深イン&1号艇2コース篠原正知の凹みもあって2号艇3コース宮本裕之にあっさり捲られてしまう。しかし、踏ん張り中井俊祐との2着争いに持ち込み、3周2M先マイで2着に入った。

7R6号艇の高橋勲は最内から臨むも、2号艇5カド横井健太のつけ捲りを張り飛ばしに行った分、4号艇大外濱田隆浩の捲り差しを許してしまい2着

9R1号艇の阿波勝哉は指定席の大外からトップSTから捲って1着

11R1号艇の高橋勲は最内から臨み、3号艇4カド、優出へ1着勝負だった松元保徳の捲り差しを許さず1着優出成功、逆に松元保徳は2着で惜しくも優出漏れ尼崎選手権で余計なことをしてくれた北川敏弘がここでも3着で、3連単4000円台配当を演出。

12R6号艇の阿波勝哉は、ポールポシジョンの6号艇で勿論大外からトップSTで捲りきって1着と本日連勝。今、最も1号艇が似合わない男は明日1号艇で優出だ。

大村JLC杯争奪戦初日
他にもいくつか初日の場がありますけど、その中から大村を。注目はA2ながら地元エースの中嶋誠一郎
前半3Rは6号艇大外トップスタートからのひと捲りで1着、地元代表として出場した12R発祥地選抜はイン戦で、ナイスミドル・山田豊の2コース差しを振り切り1着、と連勝発進。
ちなみに差し届かなかったナイスミドルは2Mターン流れ3&4号艇の福井勢に並ばれ、2周1Mで福井勢に行き場を塞がれ4着に敗れた。

中嶋の他には濱田和弘が前半4R6号艇3コースから捲って1着、後半11Rではイン戦で1着と、どちらもトップスタートで連勝。

常滑中日スポーツ杯争奪ドラゴン大賞2日目
ドラゴン大賞ということで今節大注目のブラックドラゴンこと黒崎竜也、今日は9R1回走りで、3コーストップスタートから捲りを決めて1着と、これで3戦2勝3着1回(しかし3着はdream戦なので点増し、しかも6号艇)と着実にポイント加算中。しかもこのレースにおいて、それまで3連勝だった生方厚成が6号艇5コースから5着に敗れたので、ライバルをひとり負かしたことになる。

この場を借りてお知らせ
今更ながら日曜のエントリーに写真を追加。戸田グランプリ表彰式の写真でございます。
SO505iのi-shotモードで撮影した超低画質で正直スマソカッタ。

良2さんのエントリーを見て加筆。「選手持ちプロペラの基準等の変更について」な発表と共に、スタート罰則規定の改悪がなされましたが、それにつきましては17日のエントリー「競艇各種規定改正〜競艇は何処へ行く〜」がわかりやすいのでお薦め。

ダイオライト記念とANGRA LIVE

アンカツ表彰式船橋競馬場で生観戦した船橋G2ダイオライト記念は、パーソナルラッシュが先行策から◎タイムパラドックスと○ヒシアトラスの追撃を封じ、復活勝ちを収めた。
スローペースに泣いたタイパラはゴール寸前ヒシアトラスを交わし何とか2着。
馬券はアネモネSの教訓を生かし3連単BOX的中。

ちなみに写真は表彰式でのアンミキならぬアンミツの弟、安藤勝己騎手です。

夜はブラジルの至宝ANGRA来日公演を見にSHIBUYA-AXへ。前座はNIGHTWISHだ。

18時半に始まったLIVEは、前座のNIGHTWISH(音圧高めの北欧メタルサウンドにオペラティックな女性Voが乗る)が80分演奏し、約30分の休憩を挟んで20時20分頃から、ANGRAのLIVEが始まった。90分位で終わるだろうとたかをくくってたら、130分の長丁場で足が棒になった。
両方合わせたら18:30〜22:30の4時間!

アングラというバンド名だが、実際はBURRN!今月号で発表された人気投票でアルバム部門「TEMPLE OF SHADOWS」&楽曲部門「SPREAD YOUR FIRE」で1位を獲得した、実にオーバーグラウンドなバンドだ。

LIVEのサプライズは、アンコールその1で「CARRY ON」演奏後、メンバー一旦引っ込んだ後にアンコールその2「NOVA ERA」を演奏し、それで終わらずダイムバッグ・ダレル追悼メドレーを演奏したことだ。
ANGRAのギターの片割れ、紀子様ことキコ・ルーレイロ様は流麗なギタープレイが持ち味だが、ANGRAとPANTERAは接点が無さそうなだけに驚いた。

後は順当な選曲(続きを読むにネタばれ有り)。

帰りに入り口前でVRAINなる日本のインディーズバンドのCDを貰った。無料でCDとは得した気分だ。
ANGRA&NIGHTWISH JAPAN TOUR

江戸川日本モーターボート選手会会長賞
競艇BBライブ中継映像で見た8Rはオール女子戦。前節の初日8Rは名人戦だったが、今節は女子戦だった。江戸川初日8Rで2節続けて企画レース!

レースは、三号艇三松直美54.7kgが19トップスタートから捲りを打つも流れ、1号艇大瀧明日香が難なく逃げ切り1着、4カド差しの地元渡辺千草が2着。
3着は東京在住さいたま支部中西裕子が危なっかしい未熟タ−ンながらもなんとか守りきった。

11R江戸川選抜は1M仕掛けた3号艇飯島昌弘と張った1M橋本久和が喧嘩する展開となり、そこを2号艇水口由紀が差し込んで1着となった。
他では今坂勝広の弟、今坂晃広初日連勝

近畿の優勝戦2発
びわこ優勝戦は4カド白石健が13トップスタートから一気に捲りを決めて優勝
伊藤誠二は2着、服部幸男先生は3着。

住之江サザンカップ優勝戦は、大嶋一也がイン戦決めて優勝。2着は2号艇2コース北川幸典
尚、安藤美姫フィギュアスケート世界選手権出場中だが、三号艇渡三紀艇は1M為す術無く6着に大敗した。続きを読む

福岡企業杯G3JAL CUP 優勝戦

今日は牛角で焼肉付き高校野球ドラフト会議の為帰宅が遅くなりましたので、福岡企業杯G3JAL CUP優勝戦の更新が遅れました事をお詫びします。

その福岡JAL CUP、結果今垣光太郎が2号艇ながらイン奪取で5節連続優勝の快挙を達成、早くも来年の平和島総理杯出場権獲得です。笹川賞ファン投票も1位ですし正に今年はここまでガキさんの年です。
2着は4号艇ながら2コースの日高逸子、惜しくも大村企業杯G1JAL女子王座に次ぐJAL企業杯連覇を逃しました。
1号艇ながら3コースで27スタートと、例によって1艇遅れた秋山直之は3周2M、入倉数広(ヘタクソ)に突進されて転覆失格です。この結果、秋山は前節常滑企業杯G3INAX杯争奪とこなめ大賞に続いて優勝戦1号艇で連続転覆失格です。
入倉は何故か妨害失格にならず、3連単5千円台の配当に貢献しています。

で、一言。
「今後もJAL企業杯は必ず女子選手呼べ

鳴門渦の女王決定戦
白うず枠番の阿波国代表新田芳美が、白うず枠番通りのイン戦から08トップSTで押し切り、1Mで決着を付けて白渦の女王に輝いた。2着はBS、2コースから1M水洗差しでキャビったものの持ち堪えた海野ゆかりと大外差しの山川美由紀の争いとなり、2Mでうんのが抜け出した。
尚、もう一人の阿波国代表淺田千亜希は5着。

芦屋スポニチ金杯弥生賞
金杯と弥生賞だなんて、まるで正月と3月が同時にやって来たようなレース名ですが、そのdreamレースは、イン関忠志が08トップSTを決めましたが、3コース川原正明を張りにいった分、2コース亀本勇樹の差しを許し、亀本が1着となりました。
亀にやられたセキチューですが、2周1Mで角谷健吾に競り勝ち、2着に入りました。セキチューに負けた角谷は更に2周2M川原に進路を塞がれ、5着に沈んでいます。これによって3着には伊藤雄二が入りました。

5Rで、加藤峻二が5コース差しで1着を獲得。A2で無ければ笹川賞に投票してた選手の一人なだけに、かえすがえすも2004.5.1〜2004.10.31の集計期間における不調が悔やまれます。

船橋競馬G2ダイオライト記念予想

タイムパラドックス
ヒシアトラス

ついでに16日から始まる常滑中日スポーツ杯争奪ドラゴン大賞の優勝者も予想。
黒崎竜也で間違いない。

【笹川賞も】福岡G3JAL CUP準優勝戦【発表】

好メンバー集結で連日大いに盛り上がる福岡企業杯G3JAL CUPもいよいよ準優。
準優10R常滑SG笹川賞ファン投票1位に選ばれた今垣光太郎が1号艇で当然イン戦、と思いきや2号艇、笹川賞ファン投票選出順位26位(票数は23位)のグレイトマザー日高逸子がイン盗り。
その日高がイン06トップSTを決めて日高の奇策嵌ったか?と思われたがワースト機を見事に立て直した今垣光太郎が足の完調を裏付ける2コース差しで1着。ガキさん、これで5節連続優勝にリーチが懸かった。
尚、4号艇、田口節子は5着に敗れたものの、実力も人気もうなぎ昇りで笹川賞ファン投票37位でSG初出場決定。恐らく妹田口裕美子(YUCCO)の在籍する中ノ森BANDも大喜びだろう。

準優11Rは枠なり3vs3から1号艇、笹川賞ファン投票29位(票数は27位)の秋山直之が22の6番手STながら、2号艇、笹川賞優先出走権所有ながらファン投票32位と冴えなかった辻栄蔵が捲りに行くところを強引に張り飛ばし、逃げの体勢を固めて押し切り1着。2番手は2周2Mで辻ちゃんが吉永泰弘を逆転するも、3周1Mで再び吉永に再逆転され、人気薄の吉永が2着となった。

笹川賞出場者が0人で一番メンバーが地味な準優12Rは福岡4人が内枠に固まって、1号艇、予選オール2連対の吉田弘文がイン戦堂々と押し切り、独走態勢を固め圧勝。と見せかけ、2周2Mいきなり振り込み失速という振り込み詐欺(動画)をやらかし、3番手に後退。2番手にいた5号艇、岡山の岸本隆と3番手にいた6号艇、広島の入倉数広が繰り上がって大波乱決着となった。この情けない吉田弘文の失速後退には真紀子夫人もお怒りだろう。

どっちが優勝戦か分からない?若松優勝戦
7日節で行われたシリーズもやっと優勝戦。昨日6日目の準優が3つ共波乱となった為に実にしょぼいメンバーだが、そんな中5号艇さいたまの鈴木博が5カドから07鋭発トップStを決めて捲り圧勝で優勝
優出メンバー中唯一人の初日12R記者選抜メンバーとしての意地を見せた。

準優1号艇3人が揃い踏みで優勝戦よりメンバーが圧倒的にいい11R、実力は同じ兵庫支部の笹川賞ファン投票第8位(優先出走権所有者除くと1位)の人気先行選手松本勝也(記念0勝)より遥か上を行くのに人気は松本勝也の遥か下を行く昨年若松G1全日本覇者決定戦優勝にして準優10R1号艇3着敗退吉川元浩(笹川賞落選)。ここは2コースからイン村田孝雄が1艇大きく凹んだ事もあって、楽に2コース捲りで1着。2着には昨年若松SGオーシャンカップ優出にして、準優11R1号艇4着敗退村田修次、3着には準優12R1号艇最下位清水攻二

津優勝戦
笹川賞ファン投票45位で出場と、適用勝率1位なのに意外と順位が低かった博多のエース鳥飼眞が1号艇に入った優勝戦。その鳥飼がイン先マイから他5艇を寄せ付けず優勝
鳥和えずはこんなもんでしょう。

さりげなく好メンバーの多摩川選抜
多摩川一般戦初日のメインカード、多摩川選抜は、3vs3の枠なりから、ポールポシジョンの6号艇で臨んだチルト+3度の男阿波勝哉が真骨頂の04トップSTから大外一気捲りで先頭に立つ。BSイン残した高橋勲が迫って来るも、高橋勲は2Mでターンマークに激突・転覆で自爆!よって以降はアワカツ独走で1着笹川賞ファン投票39位でSG初出場決定の朗報に花を添えた。

笹川賞次点の鬱憤を晴らすびわこ一般戦3日目
笹川賞補欠1位伊藤誠二総理杯で笹川賞出場選手に勝って貰えば出場だが、不人気選手が優勝すると笹川賞アウトというまな板の鯉状態だ。
そんな伊藤誠二、本日は2走。8Rは3コースからの強捲りが見事に嵌って1着。2着はB2の為笹川賞に出られなかった総理杯出場者服部幸男先生。
続く11Rは4カド08トップSTからここも捲りで仕掛け捲りきったものの、内から石川吉鎬が差し伸びて来て差されてしまう。しかし、腕と足の違いで2周2M逆転を果たし1着。これで初日12R5着以外全て1着。
尚、同じ11Rに出てた笹川賞委員会推薦出場吉田徳夫は2コースから笹川賞の恨みとばかりに伊藤誠二の捲りに直撃され4着に敗れた。
ちなみに自分が入れた選手はこれを参照。

【(゚∀゚)さいたま】戸田天皇陛下復活【戸田グランプリ(゚∀゚)】

戸田天皇、インタビューされるWink☆Girls第1部:携帯から更新
第48回戸田グランプリ'05 2nd 臼村記念は、さいたまが誇る戸田天皇池上裕次第45回戸田グランプリ以来3年ぶりの記念優勝を達成した。2着には戸田皇太子山崎義明、3着には第47回戸田グランプリ優勝白水勝也が入った。
戸田天皇にして2ちゃんねるに自らスレを立てた伝説の男・池上裕次は散髪で心機一転、気合を入れ直しての参戦が実った。また、モーター13号機も2連対率こそ32.9%だが、前回使用者伊藤雄二が超抜と絶賛した好モーターだった。

ここで戸田天皇伝説の内の一つを紹介。
たくさんの投票ありがとうございました。特に2ちゃんの藻前らありがとう。プレゼントでさいたまさいたまバッチをプレゼントします。」

舟券は、1M125体勢(゚д゚)ウマー→2M123体勢( ゚д゚)ヤスー→2周2M皇太子が全速で逆転132(#゚Д゚)氏ね!と見事な転落の軌跡。

ちなみに天皇も皇太子も記念優勝は全て戸田(天皇=今日入れて6回 皇太子=2回)だ。

とりあえず携帯から速報更新。後で他場、競馬、dreamイベント等いろいろ追加。

第2部:PCから更新
帰宅したので書き足します。最初は競馬の話題です。

クリフィリ
G3夕刊フジ賞クリスタルCタイキシャトル産駒ディープサマーが優勝。2着にはDr.コパの所有馬、コパノフウジンが風水パワーで入った。3着には○アイルラヴァゲイン、4着にはキルトクール馬チアフルワールド、5着は重賞では用無しのエイシンヴァイデンが入った。
マイネルアルビオンは6着だった。3着ならワイド馬券も当たってPOGの損失もなしという嬉しい結果なんだけど、6着だとPOG的には救われても馬券的には救われないんだな。
昨日のペニーホイッスルみたいに勝たれるより全然ましだが。

G2報知杯フィリーズレビューは、◎ラインクラフトが◎の期待に応え頭差ながら1着。2着には○デアリングハートが入り、3着に伊藤雄二厩舎のエアメサイアが入った。ここまでの3頭が桜花賞優先出走権獲得。
キルトクールのディラデラノビアは無事完走し、3着と首差の4着だった。

馬券予想の正解はフィリーズレビューだけだったものの、キルトクール4キル0クル達成で先週(1キル2クル)の借りを返しました。

dreamな日記】
戸田競艇場では戸田G1キャンペーンガール・ウインク・ガールズの無料ミニライブ、秋葉原石丸電気駅前店では、SG表彰式でおなじみの競艇イメージガール・優木まおみ(4月3日に浜名湖競艇場でもトークライブ)のミニライブがあったが、それらを押し退け、13時からdreamミニライブ in ラクーアガーデンステージ ap SQUARE(無料)があったので参加。WINS後楽園で馬券も買えて2つの用件が1度で済ませられるというのもある。

dream05中島麻未が「人工雪みたい」と評した雪が降る中開催されたミニライブは、シングル「そよ風の調べ/STORY」から2曲共、そしてその2曲のみを披露。後半約15分間はトークだった。

そのトークでも触れられたが、先日ソロDVD「natural」を発売したdream08長谷部優ソロHPが開設された。16日には初のソロ写真集「YU & I 長谷部優」(1200円)も発売される。

トークの後握手会があったのだが、こちらはアルバム「777-another side story-」かDVD「dream Christmas Party 2004」を買わないと参加出来ないので不参加。

ということで、GLAYのライブでやたらと人がいた東京ドームを通り抜けて、WINS後楽園で馬券を買って、戸田競艇場へ。戸田には10R発売中に到着した。

しかしSGレーサー4人と、優勝戦よりもメンバーがいい10Rは人大杉で買えず。さすが関東一入場者の多い戸田競艇場だ(今節6日間総売上は65億8601万1900円)。

その10R、2-4&3-4の2連単折り返しで買う予定だったので、実際は2-1だったから買えずに助かりました。

表彰式を見て、成増行き無料バスで成増へ。その足で成増の名店、中華めん処 道頓堀道頓堀劇場と同じく、大阪道頓堀とは無関係)の特製つけめん大盛りを食べる。以前、成増駅前に移転する前に特製中華そばを食べたことがあるが、つけめんは初めてだ。
店内に行列が出来てて、15分は待たされた。
しかし出てきたつけめんは待つに相応しいレベルでごっつええねん。何よりも、つけだれでは無く、魚介系スープそのものの味で勝負してるので酸味が比較的少ないのがええねん。

【競艇編その2】

戸田グランプリ敗者戦のやっさん
dream06西田静香を見たので、9Rに出走した西田靖を。3コースから06トップスタートも、イン滝沢芳行が強引に先マイしたので1Mは捲り差しに切り替え。その分、2コース江口晃生を捲りきれず2番手だったが、2Mで差を詰め2周1M先マイで逆転勝利、前半6Rイン大きく遅れて絶好の2コース捲り展開も流れて自滅し、外の壁となってイン33ドカ遅れの太田和美の逃げ切りを許したばかりか、自身は流れて6着の憂さを晴らした。

どうでもいいこと=dream05中島麻未は今日もトークで活躍したが、戸田グランプリ優勝戦の中島友和は1Mキャビって自滅し最下位。

北陸艇王不在の三国G1北陸艇王決戦
イン野長瀬正孝の逃げに1M割って入ろうとした3コース新美恵一くんだったが、入れず後退。そのまま野長瀬が押し切り優勝。2着には1M内から切り込んでいった4コース室田泰史。野長瀬が北陸艇王になったのだが、ここ数年常に北陸艇王がこのレースに不在なので暫定北陸艇王の感は拭えない。
その北陸艇王今垣光太郎は明日福岡企業杯G3JAL CUP準優10R1号艇だ。10Rは他に2号艇日高逸子&4号艇田口節子がいる豪華版だ。

その他各地優勝戦
浜名湖静岡朝日テレビアーサーカップ石野貴之がイン戦をトップスタートで決めて優勝

蒲郡大賞典徳増秀樹がイン戦を鮮やかに決めて優勝
伊藤雄二の弟、伊藤啓三は6号艇大外6着。

dream02阿部絵里恵の出身県、岡山県は児島競艇場で開催された新鋭リーグ第1戦は兵庫県の山本隆幸がイン戦トップスタートから主導権握り圧勝で優勝。2着は同じく兵庫の吉田俊彦
尚、この優勝戦は6人中4人が関西(大阪2人兵庫2人)の選手だった。dreamも7人中4人が大阪だ。しかし競艇山本隆幸は兵庫だがdream09山本紗也加は石川だ。

下関一般戦先週握手した勝野竜司が前節尼崎選手権に続いてイン逃げ優勝。完全にプロペラ春の時代到来だ。

大村一般戦は、荘林幸輝がイン戦をトップスタートで決めて優勝。荘林、コレが何と今年4度目の優勝だ。素晴らしい。

戸田グランプリ準優で白ヘマ炸裂!

戸田グランプリもいよいよ準優勝戦。
10Rは、1号艇白水勝也が、捲りも差しも牽制しつつ1Mで大差をつける完璧な逃げを決めて1着。2着は1M握り、2Mも握り、の69期早熟の貴公子?一応G1レーサー野添貴裕。舟券は「野添だから」という理由で買わず。なんか野添は同期の平池仁志と雰囲気が似てるので手を出せない。

11Rはオール連対の戸田天皇池上裕次が逃げ切り1着。2着は1M差し3番手から、2M実に上手く差した中島友和

12Rは、2号艇の新・戸田天皇山崎義明が捲り先制で、人気の濱野谷憲吾最後方に沈める。ここで出たか、白ヘマが。濱野谷憲尚7着で兄弟そろってヘマノヤだ。
BSは、その山崎義明に対して展開捕らえて差した4号艇安田政彦が先行。安田のモーター46号機は2連対率25.6%のワースト機だが、実は前回使用者中嶋誠一郎超抜に仕上げ優勝した銘機なのだ!その中嶋誠一郎は日曜下関優勝戦2号艇。

びわこ開き記念びわこ一般戦
びわこ開きで、びわこ競艇も初日。その12R記者選抜は、枠なり進入から2号艇白石健が03のトップスタートを決めて差しきった。1号艇服部幸男先生は4カド折下寛法を牽制して大回りになった分しらけんに差されたものの、折下には先着して2着を死守。

三国北陸艇王決戦準優
10Rは、BS逃げの室田泰史と、2コース差し新美恵一くんの争いになったが、2M先マイした新美恵一くんが1着

12Rは、BS逃げの瓜生正義と、2コース差し窪田好弘の争いになったが、2M先マイした窪田が1着

唯一2-1決着にならなかった11Rは、イン野長瀬正孝が、2コース早差しの松井繁を引き波に嵌めて逃走成功。懐えぐった大外魚谷智之が2着。

福岡企業杯G3JAL CUP3日目
友人からメールがきて必見と言われた3Rで6号艇ながら人気に推された出畑孝典が5コース09トップスタートから捲っていき、突き抜けかけるも回る途中から挙動不審で5号艇6コース齋藤和政に捲り差された直後に、振り込み転覆。なんと2連単・3連単共に最低人気で3連単は12万舟決着だ。

6R日高逸子大村企業杯G1JAL女子王座を彷彿させる4カド受け捲りで1着を取って、その3つ後の9Rは、3号艇2コース川添英正が2コース差し狙うも01でF。イン00スタートで文字通り残した岸本隆が先頭不動かと思いきや、大外10スタートから1M全速外マイ、2M全速外マイで00スタートの太田克哉を抜き2番手に浮上していた秋山直之が3周2M懐を突いて岸本との差を詰める!終わってみれば岸本、辛勝だった。

3Rの転覆で10万舟を提供した出畑が欠場して5艇立てとなった10R、1M4コース大山博美が捲って、大外5コース吉永泰弘が捲り差し。吉永が突き抜け、BS先頭吉永、2番手大山の体勢。しかし、2M吉永に続いて回った大山に2M蜷川哲平がBS最内から突進!大山は蜷川の艇に乗られる格好となり、哀れ大山は転覆、突進した蜷川は妨害失格となった。

11Rで北陸の艇王今垣光太郎が4コース差しで1着になった後の12R、3号艇4カド吉田弘文が07鋭発から捲り圧勝。2着は1号艇2コースから26遅発も、冷静に遅れ差しでやってきた秋山直之、3着は2号艇3コース田口節子。勝った吉田弘文はこれで4戦3勝2着1回と地元代表にふさわしい成績で、元選手の真紀子夫人も喜んでるだろう。2着の秋山直之はこれで5戦オール2着、何というか実に秋山らしい成績だ。

競馬編

日曜競馬予想
G3夕刊フジ賞クリスタルCの◎はマイネルアルビオン。他人のPOG馬なので実は鼎任曚靴い、調教の状態・距離適性から◎で保険を掛けておく。○はアイルラヴァゲイン。Gの付かないレースには滅法強い鞍上はペニーをアネモネに回してこの馬で重賞取りを狙う。
そしてキルトクールチアフルワールド。木刀から石橋脩への乗り替わりは+なのか−なのか分からないが、この馬、ずっとペリエだったので、ペリエからの乗り替わりはマイナスだ。

G2報知杯フィリーズレビューの◎は、能力断然ラインクラフト。キルトクールは前走惨敗後怒りの連闘をしてきたディアデラノビアだ。無事完走できる事を祈る。

土曜競馬結果
アネモネSは不動の◎アンブロワーズが4角包まれる不利もあって、差し届かず3着に敗れ、不本意ながら泣く泣く○のペニーホイッスルが1着、後藤浩輝落馬負傷松岡正海に乗り替わった▲マイネコンテッサが2着に入り、キルトクールネヴァーピリオドは目出度く殿負け。ちなみに私、3連単BOX買ってませんから…切腹!

G3中山牝馬Sは○ウイングレット(ちなみにウイン・グレットでもウイング・レットでもなくWinglet)が1着、後藤浩輝から江田照男に乗り替わったメイショウオスカルが2着。キルトクールのヘヴンリーロマンスは10着敗退、しかし◎マイネヌーヴェルも差し届かず5着だった。

日記編
12時過ぎまで家にいて、葛西郵便局近くの麺屋 夢うさぎへつけめんを食べに行った。家から近いのに、営業時間の短さと自転車で微妙な距離(ちょっと面倒臭い)から余り行かないけど、ここはラーメンよりつけめんの方がいい。味は青葉大勝軒を合わせた感じ。

そのまま自転車でG1戸田グランプリ準優3つを買いに江戸川競艇場へ行き、買って直ぐに葛西駅へ自転車走らせて、電車に乗り換え中山競馬場へ。他人のPOG馬、○ペニーほいっスルが勝つ最悪の結果となったアネモネSと中山牝馬Sに参加。
キルトクール成功も馬券は冴えなかったので気分一新、帰宅して車を取りに行き、榮田将彦(2月7日生まれ)&片岡恵里夫妻桐生同時出場記念で、菖蒲町榮ラーメンを食べに行った。佐野ラーメン独特の青竹手打ちによる平打ち麺が最大の特長だ。「スープは熱々に限る」という人以外にはお薦め。
車は食後、越谷 ゆの華に向い入浴してから帰宅。

福岡企業杯G3JAL CUP2日目

今日も大フィーチャーの福岡企業杯G3JAL CUP6Rでは木下繁美が2コース捲りを決め1着、大外差した秋山直之が2周1M単独2番手に浮上して2着となった。競艇ヘビー級王者矢橋成介64.4kgは5コースから5着。

さて、本日一番の注目レース8Rは、ここ1回乗りの田口節子が5コースからイン松浦勝と3コース大神康司との狭い間を絶妙にくぐって、旋回技術の高さを証明する捲り差し(動画)を決めて今節初1着。昨日は2着2本だったので、これで3戦オール連対。

9Rは、3号艇3コース今垣光太郎が、先捲りでガキさんに抵抗する栗山茂光をあざ笑うかの様に捲り差しを決めて今節初1着と、ワースト機立て直しの気配。

10Rは、地元吉田弘文1着、2コース秋山直之が2周1M先行する斉藤廣をつけまいで逆転しまた2着。これで秋山は3戦オール2着だ。ちなみに11号機で2連勝だった大山博美は大外でお呼びがかからず5着。

11Rは、辻栄蔵がイン6番手スタートながら逃げ切り成功。前半5Rで冷静な捲り差しを決めて今節初1着を取った大村企業杯G1JAL女子王座覇者日高逸子は4号艇4コースカドから捲り先制狙うも、辻ちゃんに張り飛ばされて4着。

12Rは3号艇大外出畑孝典が捲り差しで、イン逃げを図る川添英正の2番手につけるが、2周1M先マイの川添の頭を押さえるつけまいで逆転の1着。川添は頭を押さえられた際にガキさんにも抜かれ3着に落ちた。
ガキさん、dream戦敗退も、今日は着をまとめてきました。

【若女集結!下関2日目
女子3人が男子3人に先着した2Rの後の3Rで3コースから差してイン逃げ図る若女井正の2番手、しかし2M差しで主導権を握り逆転勝ちとなった池田浩美、後半11Rでは5コースから差して一度は先頭に立つも2周2M鎌田義に先マイ逆転を許し2着。しかし2周1Mまでのカマギーとのデッドヒートは近い将来(早きゃ7月)のA1定着を感じさせる走りだった。

81期池田浩美の話題のついでに三国G1北陸艇王決戦9R1回走りの81期池田浩二、今日は2号艇だったが昨日までの大外ではなく枠なり2コースで1M握っていき3着だった。ちなみに勿論予選敗退(30位)だ。

G1第48回戸田グランプリ
7Rで連勝がストップした濱野谷憲吾だが、道中3番手も3周1M石塚久也に逆転を許し4着に落ちるという濱野谷らしくないレースだった。
後半11Rは2コース差しからBS先頭、2M野添貴裕に先に行かせて差し1着だったので、前半のヘマノヤぶりが実に痛い。

明日、濱野谷以外の準優1号艇は、御存知戸田天皇、散髪もすますた池上裕次第47回戸田グランプリ優勝白水勝也だ。

今日の山室さん
山室展弘さんが出走する浜名湖静岡朝日テレビアーサーカップ。昨日はゴンロクで全然ダメだった山室さんだったが、今日の前半4Rでは2号艇5カドから捲り差しで、1号艇2コース捲り水長照雄2着
後半9Rは4号艇4カドから捲り差して、今節初勝利

昨日と同じような進入傾向だが、今日は一転して好結果。

尼崎優勝戦
40代にして元気ハツラツ、第二次成長期突入の新美進司がインに座るも、1M手前で先マイ体勢からバランスを崩し舟が浮き、突然転覆。3号艇上平真二も巻き添えとなって転覆したので、新美進司は妨害失格となった。
差しで難を逃れた2号艇塩崎優司優勝、大外を回った明石正之が2着となった。


【競馬編】

キルトクール
アネモネSは、不動の◎がアンブロワーズ(能力が他馬と10枚位違う)でキルトクールが伊藤雄二厩舎のネヴァーピリオド。本当ならペニーホイッスルを自信のキルトクールと言いたいのだが、ペニーほいっスるは他人のPOG馬なので下手に切って来られた日には損失2倍なので泣く泣く押さえる。

G3中山牝馬Sの◎はコース巧者のマイネヌーヴェル、キルトクールは状態下降中のヘヴンリーロマンス

明日の濱野谷兄と松元父
JG2阪神スプリングジャンプに、東都のモンキージャンパー濱野谷憲尚が出走。また、関西からは松元茂樹厩舎が2頭出しで臨む。
片や弟が明日の準優1号艇、片や6日の日曜に息子優勝と競艇ファンには見逃せない一戦だ。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ