ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

81期東海地区の池田浩が初優勝

笹川賞ファン中間発表3063票で第6位、81期3941池田浩二(愛知)の同期同地区、81期3932池田浩美(静岡)が住之江大阪スポーツ賞アクアクイーンカップにおいて、2コース差した際に捲り差しに来た5号艇垣内清美を弾き転覆させるというラフな乗艇ではあったものの、通算5度目の優出で初優勝を果たした。2着は垣内を運良くすり抜けて2M高橋淳美を抜いた濱村美鹿子

ちなみに池田浩美と80期3894池田明美(優勝0回)は双子(池田浩美のオフィシャルの写真は古いままだが、池田明美と大体同じ顔、つまりブー)。池田明美より半年デビューは後だが、初優勝は池田明美よりも早く達成した。SGレーサー池田浩二の域にはまだまだだが、池田浩二がFや転覆禍もあって今年まだ優勝してないので、今年の優勝回数なら今のところ池田浩二より多かったりする池田浩美だ。顔はともかく、実力は数年前の池田浩二ばりに急成長の池田浩美。よろしく!

常滑中部国際空港開港記念競走
その池田明美はTUBE国際空港セントレア開港記念競走に出走中。昨日6着2本と散々のスタートだったが、本日は1R1回走り。で、5カドながら6コース黒柳浩孝の09鋭発の前に何もできず、1M捌く腕も無くただ外をちんたら回って5着、4日間の短期決戦なので既に予選落ち確実。

【戸田アクアブーカップ】アクアブーカップ
アクアクイーンカップも終わりましたが、明日の戸田初日4Rは冠協賛競走、「AQUABOO杯握って全速旋回競走」(写真参照)です。レースオーナーの「てるきち」さん(AQUA BOO 初心者でも大丈夫!インターネットではじめるゼロからの競艇!EVERYDAY KYOTEI!管理人)は、5R9R出走の川俣昌史のファンであり、同選手が今節に斡旋されたというのがレースオーナーになったきっかけです。残念ながら川俣選手は4レースには出ませんが、「心は東京支部」の大阪人新地雅洋が出ますので注目します。

江戸川東京スポーツ杯
各レーサーが東京スポーツ杯を争って激しい攻防を展開しております今日の競走水面、第5レースでは大外北中元樹がF、しかし北中は1M2号艇金子順一に接触して煽られて失速、大勢に影響は無し。
問題は2Mで、その金子が2M、外から先マイしてた4号艇加藤雅之に接触して加藤が転覆、更に加藤に接触した金子に杉江浩明が突っ込んできて金子が沈没、杉江はエンストと大波乱の競走になった。

ちなみに1号艇松井賢治はイン逃げを決めて先頭を走っていた為、3号艇深澤勉は2M大外を回った為無事だった。

尚、3連勝式が不成立となった5Rの返還金は1339万1600円だった。

今日の東スポ
東スポ杯2日目&大スポ賞優勝戦を記念して今日も東スポ特集。
1面はフェブラリーSの馬柱と万引告白アイドルの実名と日テレの罪

見出しの詳細は芸能面なのだが、15日放送の「カミングダウト」番組内で、あびる優が「小学3年の時に集団窃盗を繰り返し、お店を潰したことがある」更にあびるは続け、「ちょっと前に…もの凄く前に。食べ物だったり、飲み物だったりというのを、集団で段ボールで運び出してたんですよね。いつも、そのお店の倉庫が開いているんですよ。1人じゃなくて5〜6人で運び出して。で、後は配布。友達とかにあげて。それを半年ぐらい続けてたんですよ。」 更に「店は成り立ってなかったんでしょうね。潰れちゃったんですよ」と笑って話した。放送終了後、日テレには抗議が相次ぎ、その数は約70件に上ったという。
誠に遺憾ですな。
ということで2ちゃんねる芸能板は祭となっており、今回の事件をまとめたサイトもある。
もう1つの1面記事、本紙渡辺薫の◎はメイショウボーラーだ。



競馬予想コーナー
【第1部:土曜重賞編】
クイーンCのキルトクールはライラプス。鞍上弱化が根拠。先行馬に差し志向の騎手ははっきりいって合わない。東スポ渡辺は「末脚で新境地」と勘違いした予想で◎を打っているが、ライラプスは瞬発力が皆無なので本来逃げ馬(しかしダッシュ力も皆無)で間違いない。

逆に重い印は7枠2頭パーフェクトマッチショウナンパントル。どちらも他人のPOG馬で、実は勝たれるととてもかなり非常に痛いのだが買わずに勝たれるよりは保険の意味で本線だ。来なかったら来なかったで嬉しいので構わない。
穴はPOGで持たれてないラドランファーマ

京都記念のキルトクールは、ヒシミラクル60繊ファストタテヤマメガスターダムの同期菊花賞1〜3着トリオ。中でも、メガスターダムは前走条件戦1着同着という体たらくにも拘わらず、大スポ本紙杉本博の◎だ。京都記念キルトクール1号に任命。
逆に◎は人気でも前年覇者シルクフェイマス。○は主戦に戻ったナリタセンチュリー

平場のキルトクールおすすめは東京9R早春賞に出走する伊藤雄二厩舎所属の良血駄馬イントゥザグルーヴ

【第2部:今年2度目の競馬G1フェブラリーS
フェブラリーSのキルトクールにはハードクリスタルサイレンスボーイピットファイターの駄馬3頭と、厩舎&騎手&馬主はダートG3勝馬レギュラーメンバーでおなじみのトリオ、しかし初芝で血統的にもダート疑問のヘヴンリーロマンス、実力上位も距離不適のタイムパラドックスを考えてますが、オッズを見て一番人気の有る馬がキルトクール1号になります。

メイショウボーラーの相手にはダート得意な森秀行厩舎の誇る良血馬シーキングザダイヤを筆頭に考えてます。パーソナルラッシュの巻き返しや、ボウラーのハナを叩いて単騎で行けた場合のユートピアの残り目、9歳馬もまだまだ元気な森軍団ノボトゥルーなんかもぁゃιぃ。
丼ことアドマイヤドンは、ズブくなってるのでヒモ候補。鯔(ぼら)が圧勝する展開なら食らいついて2着だと思う。

日曜にはダート1600mの3歳戦、ヒヤシンスSが有りますが、初ダートでもタイキシャトル産駒ディープサマーが不動の◎。芝では底を見せましたが、ダートならまず3着は外さないでしょう。当日のゲスト若槻千夏というのもポイント。夏といったらサマーでしょう。

東の東スポ杯、西の大スポ賞揃い踏み(明日まで)

A1が3人江戸川東京スポーツ杯
A1が尾形栄治石川真二橋口真樹の3人しかいないショボメンの江戸川東スポ杯。
しかも1番勝率が高いのはこの3人ではなく、7点台B2レーサー中野次郎(勝率7.79出走28回)。近況でも他を圧倒する勝率(7.51)を誇るこの中野がB2ながら今節の主役だ。

さあ、その4人+大庭元明江夏満の福岡2名が加わって行われた江戸川選抜は、逃げる1号艇SG住之江選手権覇者尾形と差す4号艇中野の東京支部対決となり、2M内側から先マイした中野が抜け出して1着になった。
2着には尾形が入り、3着は大庭か?と見せかけ真樹に抜かれ石川真二に抜かれで大庭か5着。全然名前を呼ばれなかった江夏が6着なので福岡のA2が下位独占。

今日の東スポ
折角の東スポ杯だから今日の東京スポーツの話題。
1面は堀江社長巨乳芸能プロ買収失敗livedoorが芸能プロサンズ野田義治社長)を買収しようとして未遂に終わったという記事。
最終面は小島涙の3冠初奪取 さあ3冠IWGP統一決戦だ昨日の全日本プロレス三冠ヘビー級選手権の記事。
勝った小島聡は20日の新日本両国大会においてIWGP王者天山広吉とのテンコジ対決で三冠&IWGP統一戦を行う。


大阪スポーツ賞アクアクイーンカップ(準優レース回顧無し)】
江戸川で東スポ杯なら、住之江では大スポ賞。
あの安藤大将こと安藤千夏(3月9日からの蒲郡大賞典で復帰予定)が第9回大会優勝という由緒正しいレースである。

アクア「クイーン」というより、アクア「ブー」の方が相応しいメンバーではあるものの、そういう意味では鵜飼菜穂子こそ予選落ちだったものの、明日の優勝戦1号艇に苗字の通り顔が5角形の角ひとみが入ったのはいいことだ。
全く関係ないけど、優勝戦3号艇濱村美鹿子の顔は、何度見ても田村亮子そっくりだと思う。


近畿四国九州3地区選手権dream戦
三国近畿地区dream戦は26とスタート凹んだ1号艇魚谷智之を直に先捲りで潰した2号艇松井繁(これも21と早くない)のターンは流れ、そこを4号艇3コース11スタートの太田和美が差し抜けて突き抜け1着になった。1M流れたが2M→2周1M追い上げて吉川元浩を抜いた松井繁が2着で、松井繁に潰された魚谷は6着。


鳴門四国地区dream戦は、イン濱村芳宏が逃げ切り体勢も、5コース捲り差しからBS伸びた木村光宏が追いつき、2M内から先制して単独トップに。1M行き場を無くした大外単騎ガマシの烏野賢太が転覆(責任外)してたので、2Mで勝負ありの1着


唐津九州地区戦dream戦は5号艇ながら2コース前付けの上瀧和則、それに抵抗して深インの白水勝也と進入から波乱の要素あり。結局1523/54の進入となり、上瀧は28と凹み白水は14トップスタートも深インの為伸びず、3コース田頭実の捲りが炸裂した。田頭はそのまま突き抜け1着、田頭に抵抗せず1M冷静に回った白水が2着、2周1M3番手争いに浮上した植木通彦深川真二に競り勝ち3着。尚、上瀧は田頭に捲られ、更に1M白水に行き場を塞がれ5着。

中澤兄さんが関東地区戦連覇でV2

中澤和志&荻原なお子中澤裕子でも中西裕子でもなく中澤和志が東北代表の意地を見せて関東地区選手権V2を連覇で達成!

4カド差しからBS秋山直之伊藤雄二と併走、3人の最内から2M先取りで優勝をもぎ取った。以下夜間に加筆。

で、追加。
【優勝戦詳細】
伊藤雄二逃げるがターン流れ、2コース差し秋山直之もバタつき気味。4カド中澤和志の差しが一番綺麗に決まり、BS3艇併走の最内を中澤がGET。一番有利な体勢からラップ3艇の更に内にいた濱野谷憲吾の突進をかわしつつ2M先取りで先頭に立って、内から2番目の秋山が2番手。最外のU爺は2MでBS3艇ラップの更に内にいたが濱野谷が壁になり後退、濱野谷に抜かれてしまう。
2周1M中澤の頭は不動の体勢となるも、秋山は濱野谷モンキーの追撃に手こずり苦しみ最後まで安心できない状態ながらも2着を守りきった。


以下優勝戦3連発。
東海地区選手権
坪井康晴が気迫の逃げでG1初優勝、2着2号艇徳増秀樹、3着3号艇仲口博崇で3連単800円の1番人気舟券で決まった。

坪井といえばノリオ、てことで吉田徳夫は敗者戦1Rでイン戦ながらB1原豊土の捲り差しを許し2着、とうとう節間0勝で終わってしまった。勝った原は「315565651」と、B級ながら節間2勝をあげた。


はましょうは広島、てらしょうは山口】
中国地区選手権、3941池田浩二の同期連番3942寺田祥がイン戦決めてG1初優勝。SGレーサー池田浩二(SG・G1合わせて2勝)に実績で一歩近づいた。次は笹川賞ファン投票で池田浩二に近づく番だ(中間発表池田イラネ6位、TERASHO50位)。
ちなみに2着は2・3号艇を絞って沈めた4カド09トップスタートの吉岡政浩

てらしょうの他にてらっちも出てる今節、寺田千恵こと立間千恵は2R2着8R3着で、今節「4525451523」で終わり、昨日5日目1R1着を取った。


しらけんが主役の桐生優勝戦
白石健が艇王彦坂郁雄ゆかりの地桐生競艇場で1号艇にどっかと座り、優勝、今節の主役にふさわしい結果を残した。
しらけんは前節丸亀に続く2節連続優勝。


日記編
この日の為に半年以上前から計画年休を入れてまして、江戸川競艇場(2月11日にオリジナル動画がリニューアル)で敗者戦と特別選抜戦の前売を買って(優勝戦以外不的中、優勝戦は秋山から行ってセーフ)から、品達を経由して戸田競艇場本場へ行ってきました。本場に着いたのは11R特別選抜発売中でした。

上の写真は表彰式での中澤和志&荻原なお子です。

日記】
品達では2回目となるせたが屋 雲を食べた。今回はおかわり麺付き。標準の平麺と違い細麺で、ピリ辛に炒めた挽肉がトッピングされている。触れ込みに、「味がかわります」と書いてあったが、確かに味がかわった。スープの量が少なく、最初の麺で結構スープが減るのでおかわり麺は1回までだと思う。雲は室内席満席だったものの直ぐに入れたが、昼飯時を過ぎていたにもかかわらず今日もなんつッ亭弐は30人以上並んでた。

伊藤雄二初優出記念&東北人中澤和志優勝記念ということで戸田から王子に出て、東北は秋田県角館町から進出した中華そば屋伊藤に行ってきた。豊島中央通り商店街内にあるのだが噂通り王子駅から遠かった。
味は、煮干しの味が非常に強く(見た目も煮干し粉が目立つ)、そこに硬茹での中細ストレート麺が絡む。肉そばを頼んだのだが、脂がたっぷりのったチャーシューがのっている。
スープも麺も量が少ないので、空腹時は大盛をお勧めする。
帰りは王子駅よりは距離の短い王子神谷駅まで歩いたけど、それでも10分は確実に歩く。

( ・(ェ)・)熊谷直樹フライングだクマー!(・(ェ)・ )

準優10Rは、伊藤雄二が逃げ切って1着となり、デビュー初記念優出を1号艇で達成成長放牧の成果が遂に出た。同じく初優出がかかってた石渡鉄兵は、捲り体勢から差しに切り替える中途半端なターンで流れる。2着には1M振り込んだ高山秀雄の内を巧く差した平石和男

準優11Rは3コース高橋勲の捲りを意識したイン中澤和志のターンは流れて、2コース秋山直之が2コース差しから一気にまで突き抜ける。山崎義明が2番差しで続いたが、2M中澤が抜いて何とか中澤が2着。

北海の白クマがポールポシジョンに入って注目の準優12Rはイン熊谷直樹は+03トップスタートから逃げ先マイを決め、先頭で1M回りきったところでFコールだクマー。
で、差した濱野谷憲吾が繰り上がって先頭となり、握った西村勝が2番手の展開。しかぁーし!2周1Mいきなり西村振り込んで転覆m9(^Д^)ヘマチャルプギャーーーッ!前節はピンロク、今節はピンか転覆!
で、山田竜一が繰り上がって2着昇格。


東海地区選手権準優
準優10R仲口博崇がイン逃げ成功で1着、地元の意地で4コースに入った6号艇高沖健太が差して2着に入り、地元優出成功を果たしました。

準優11Rは大外単騎ガマシの4号艇渡邉英児が単騎ガマシをフルに生かし絞り捲り。2号艇菊地孝平を絞って菊地をブロックした際に接触、これで菊地は大きな不利を受け、渡邉英児は不良航法を取られた。その渡邉英児は最後の1艇、インの徳増秀樹に張り飛ばされて1M鼎嚢圓辰拭E邉英児を張り飛ばした徳増だが、残してしっかり1着
2着は石田章央

準優12Rは1号艇坪井康晴が渾身の先マイ、1M全速逃げで他艇を圧倒、1Mで大差をつけ圧勝、予選1位にふさわしい走りを見せた。2着は差し順走の堤昇

東海地区戦は全部1号艇が1着だったりします。明日も坪井でしょう。個人的に坪井は吉田海苔オとなんか被る。


中国地区選手権準優〜伝説の大賀バトル
準優10Rは5コースから捲ってきた平尾崇典をイン山下和彦(広島)が張り飛ばしたことで出来た差し場を2コース玄馬徹が差し抜けて1着となった。2着はイン残した山下(広島)では無く、2M差して山下(広島)に並び2周1M牽制気味の先マイで山下(広島)にリヴェンジを果たした平尾。
因みに山下和彦(広島)の次回斡旋は2月23日からの平和島神奈川新聞社賞山下和彦(香川)の次回斡旋は2月22日からの浜名湖日刊スポーツウインターカップ

準優11Rはイン大賀広幸が鬼の04トップスタートからまさにOGRE(=)の走りでイン逃走圧勝。節分の前日が最終日だった前節桐生は準優勝だったが、大賀は鬼なので2月は大賀の月なのだ。あと、2着は超抜モーターを引いた吉岡政浩

準優12R笹川賞ファン投票中間発表6位、3941池田浩二の同期連番3942寺田祥(ファン投票中間発表50位)が2コース白井英治のアシストもあって関忠志の前付けを許さずインコースを確保。
その甲斐あって寺田祥はイン逃げ成功、1着となり、G詰ソ9度目にして初の優勝戦1号艇で遂に記念初優勝のチャンス。
2着は2コース差しの白井英治が続くと見せかけて、白井英治が1M回りきったところで艇がバタつき、その隙をチュウゴクdream覇者池本輝明に差し込まれてしまう。白井英治は結局4着まで落ちてしまった。

今節まさかの不調で予選落ちを喫して今日から1回走り希望の今村豊9Rで2コース捲りから今節初白星。今更な感じは非常に強いけどまあおめ。

【走れコータロー】今垣光太郎通算3度目の完全優勝【まかりとおる】

今垣光太郎の完全優勝に関心が集まった児島優勝戦、レースはインから21の4番手スタートながらスリット後の伸びが全く違う、まさにSG級の足。よって1M難なく先マイ、難なく逃げ切りで1Mにして他の5艇に大きく差を付け、文句なしの優勝で、自身3度目の完全優勝を前節からの12連勝目で決めた。尚、次回斡旋は22日からの徳山防長交通杯争奪戦

津東海地区選手権】準優完走当確だった三重の坂口周12Rで展示転覆、同レースを欠場帰郷した。当確だった坂口が消えたことで、地元三重勢は明日の準優で予選16〜18位に固まって入り準優6号艇を独占することとなった。
尚、坂口の次回斡旋も徳山防長交通杯争奪戦。

戸田関東地区選手権】準優完走当確だったさいたまの池上裕次8Rに於いて、大外発進から捲り差して1Mを2番手で回りきった後、挙動不審でバランスを崩し転覆加藤知弘を巻き込んだので妨害失格となった。池上と加藤は負傷の為帰郷。
尚、怪我の為出場は微妙も池上の次回斡旋も徳山防長交通杯争奪戦。

明日の準優、予選17位準優11R6号艇の吉田稔は転覆レースの8Rで1着だったのだが、前半の2R阿波勝哉相手に枠を主張、大外発進から4着だった。

その吉田稔と同率17位ながら1着数の差で18位扱いとなって準優12R6号艇となった新井敏司、辛くも関東地区選手権V6へ望みをつないだ。
尚、新井敏司の次回斡旋も徳山防長交通杯争奪戦。

【ロビーとボビー】今日はオランダの貴公子ROBBY VALENTINEをワッショイする日だけど、千葉ロッテのチョコレートは0個(´・ω・`)ショボーン

現実は国生さゆりの様にはいかないな、と。
ボビー

関東地区戦チャリティオークションin戸田

中西ハンマー大西英一のサイン入り自作DVD、15000円で競り負けました、持ち金17000円のラリーズクラブです!
8R外しても威勢良く行きます!

因みに写真はゲストの中西裕子でございます。
他に濱崎直矢と司会の荻原なお子がいたのです。この2人の写真は↓です。
荻原なお子&濱崎(直)

ついでに、西村勝の横断幕も。マチャルタソ(;´д`)ハァハァ…
関東地区戦3日目
8Rから参戦して逆パーフェクトを達成いたしました今日の関東地区戦、8Rはここまで絶不調長岡茂一のモイチターン捲りで外れ9Rは買わずも、切るつもりだった西村勝のマチャルターン鈴木茂正を逆転して2着に入ってるので予想は外れ、10Rは白ヘマの法則で濱野谷憲吾をヒモで買ったら、○石渡鉄兵の直捲りもらって残せず、ヒモどころかブービーで外れてしまい真下。
11Rは北海道の白クマ、チャリティオークションで鮭を出品して特価3000円で落札された熊谷直樹を切ったら、渾身の06トップスタートで2M中澤和志に先マイされながらも今日唯一のイン勝ちを決められて外れたクマー!

12Rは、◎伊藤雄二が2コース捲ったはいいんだけど〜、高橋勲高山秀雄と次々に差されて3着になるというのはどういうこと〜。

【競馬如月賞】
きさらぎ賞は◎コンゴウリキシオーが1着、キルトクール1号レジェンダロッサがブービー、キルトクール2号シンメイレグルスが殿という、正に最高の予想となりました。馬券?当たりは1着の単複と6-8ワイド210円のみorz
ディアブロ産駒の2着馬など火炎。

まあ、キルトクール成功なので良しなのです。
以下、どど〜んと加筆。

【銘柄選手の優勝戦】
丸亀香川県中部広域競艇事業組合36周年記念は順当に1号艇になった辻栄蔵のイン戦で順当勝ち、今年最初の出走を幸先良く優勝で締めた。
近隣の児島8Rで、今垣光太郎が3周1M、執念の抜きで西村秀樹を逆転し1着奪取。前節からの通算連勝を10と伸ばした。

福岡BoatBoyCup濱村芳宏が2M松村康太に先マイされたものの2周1M振り切って優勝

三国水仙花賞石田政吾が地元で復帰後初の優勝、2着には天才ゴルファー・「W杯優勝おめでとう興津藍ちゃん、3着にはサムライ占部彰二が入ってる。尚、BS2番手争いに加わってた村上功祐は2M転覆。

【ナイスミドルショット】
鳴門AM神戸カップ優勝戦では、4号艇2コースから野田貴博を差したナイスミドル山田豊優勝、差された野田、実はFだったりする。

鳴門は正月に続いてまたも優勝戦1号艇がF。ついでに今日は唐津優勝戦でも優勝戦1号艇(金子龍介)F

【中国地区】
中国地区戦3日目の最注目レース9Rは全然注目してなかった山口剛が大外から立間充宏を捲り差して勝ってしまった。3着争いは面白く、3艇がほぼ横一線でゴールに入り、僅かに山室展弘さんが先着です。差のない2艇、4着は寺田千恵、5着は島川光男

福岡支部が4人も優出した宮島ボートピア呉宮島開設2周年記念優勝戦は逃げた木下繁美ちゃんと、2周2M兵庫の廣瀬将亨を逆転した白水勝也による福岡ワンツーフィニッシュだったりする。

関東地区戦江戸川場外

ラリーズクラブDEスタンプラリー.jpgラリーズクラブDEスタンプラリーの葉書を写真に撮ってみたけど、i-SHOTはサイズが小さい&DoCoMoからの写真(Sサイズ)付き投稿だと全角100字までなのでこまったちゃん。

夜にはここから下に本題が付きます。

で、本題付きました。

【いつでも笑みを!尼崎えみちゃんねるビクトリーチャンネル杯優勝戦
スタートと1マークに愛を込める66期小松原恵美34歳に、出足強烈67期能仁政治34歳が野獣となって襲いかかる。野獣から焦って逃げるような先マイで流れた恵美ターンによって出来た差し場を野獣能仁すかさず差して挿しヌケ!ポールポシジョン恵美の走りが注目されたが同年齢の能仁が濃密な絡みもなくあっさり恵美に挿して優勝。能仁に挿された恵美は準優勝。

結局準優勝だったものの、ビクトリーチャンネル杯なだけあって、「快傑えみちゃんねる」「いつでも笑みを!」な上沼恵美子(競艇番組でお馴染み夢大作の義妹)、ならぬ小松原恵美が関西のTV女王らしい活躍を見せた一節だった。

関東地区選手権
お題に書いたように、今日は江戸川場外だったのです。
で、今日の関地区のお題は3R8Rです。

3Rは、F2で身動きとれず既に来期B級降格内定済み(新期4点台前半、しかも今節を最後に60日お休み)で「まずは無事故完走で」とベタ降りの松本浩貴が大外37の安全スタートから1M遅れマイで他5艇が回った後にただ回っただけなのに引き波に勝手に嵌って転覆。無事故の公約すら達成できずに後半9Rを欠場→帰郷、一足早い60日の春休みに入った。

8Rは、ここまで2連勝で人気を集めた西村勝が1M展開無く3番手、2M流れて4番手、2周1M山田竜一にあしらわれて5番手、2周2M転覆と周回毎に順位を下げて最後は落水というオチを付けてくれた。ヘマチャルは帰らず明日も出走。

【岡本信じるな中国地区選手権
8R2号艇3コースで出走した岡本慎治は、1M捲って流れて振り込んで転覆、そのまま帰郷した。

岡本が帰郷したため5艇で行われたチュウゴク決戦dreamは赤ヘル3コース池本輝明がイン「ミスター赤ヘル」山本浩次をツケマイで沈めて1着。2着争いは、山下和彦が広島ワンツーを目指すべく道中白井英治の全速ツケマイ攻撃を必死でこらえてたが、3周2M遂に白井(本物)の軍門に下ってしまう。サスガ白井(本物)だ。戸田10Rでイン凹んで捲られ5着白井(偽)とは全くモノが違う。

明日9Rに立間夫妻がそろい踏みするが、夫・立間充宏のコメント。「出てますよ。出足がいい。嫁さんがまくってきたら? ふっ飛ばします(笑)」
ついでに同じレースに出走する常に普通な山室展弘さんのコメント。「(2日目)後半はペラを戻した。手応えは普通。スタートは分からん。」


【池田イラネの東海地区選手権
11R2号艇3コースで出走した池田浩二は、33とスタート1艇大きく凹み外3艇に絞られて遅れマイから5号艇堤昇(4着)の引き波に嵌り転覆した。ちなみに明日も走る。

愛知のスーパースター、しかしdream漏れのヒロタカマンに、W新美に、そのW新美の片割れ新美進司&三重のスーパースター、ドラゴン森竜也の先週の記念優勝コンビに、後藤孝義伊藤誠二の今年津で優勝済みコンビと、カナ〜リ濃ゆい面子の12R、結果は14256/3の進入から仲口博崇がイントップスタート押し切って、2着2本続いた後の今節初1着。2着には234コースが喧嘩する中5コース差しを決めたW新美の片割れ新美恵一くんが入った。

ラーメン日記
江戸川場外で関東地区戦前売を購入した後、以前予告したすずらん@渋谷の平打つけそばを遂に食べた。いやあ、実に幅が広い。いままで食べた麺で一番幅が広い。で、食感がいい。つけだれは今回醤油にしたが、やっぱりつけそばには醤油が合う。

WINS渋谷すばるSを購入した後、以前予告した五行@乃木坂の焦がし醤油中華麺を遂に食べた。う〜ん、焦がしラードの味と生姜の味しかしない。焦がし味噌はタレとラードが調和して旨かったが、焦がし醤油はタレの味がラードに負けてる。やっぱり焦がしスープには味噌が合う。

競馬如月賞
キルトクール株式会社ぎゃんぶる室支配人就任記念競走である、きさらぎ賞のキルトクールはレジェンダロッサ。キャリア1戦ながら良血で人気になるが、出遅れた後スピードの違いで2番手に上がって最後は0.4秒ちぎった新馬の内容は一見派手だが、時計が1.37.4と非常に遅く、上がりも35.0とあまり速くない、それでいて出走馬中最速上がりとレースレベルが低かった。いきなり重賞では通用しないと見た。もう1頭、2戦2勝のシンメイレグルスもキルトクール。多分ダート馬でしょう。だけど、原則キルトクールは1頭だから、どっちも買わないけどどっちを優先キルトクールするかというとレジェンダロッサだ。

で、◎はコンゴウリキシオー、○はテイエムヒットベ。前者は前走小倉くすのき賞が0.8秒差の圧勝、後者は近況不振も全2勝が京都1800mで持ち時計(1.47.8)も1位と、今回が絶好の買い時。

【すばるS】◎ヒカリジルコニアが他の馬に関係なく最後の直線走路で故障発生して競走を中止、「左第1指関節脱臼」で予後不良になるという悲惨な結果で外れた上に、今日は競艇も全然当たらなかったのだ。ので、余り予想は好調ではありません。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ