ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

吉田徳夫が吉田兄弟対決を制し3節連続優勝

1号艇吉田弘文と2号艇吉田徳夫吉田兄弟対決(注:弘文と徳夫は赤の他人)となった福岡地下鉄七隈線(2月3日開業)開業記念レースの優勝戦は、吉田弘文が36スタートでまさかのドカ遅れ。よって、吉田徳夫が楽に2コース捲りを打てる展開となって優勝、吉田兄弟対決を制し、見事3節連続優勝の偉業を達成した。2着には初日9Rに吉田徳夫の連勝記録を17で止めた東京の柳田英明が入った。スタートでヘタレた吉田弘文は追い上げて一応3着に入ってる。
ダンディーな紳士、愛知のノリオこと吉田徳夫今年に入って確率変動中((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル

津初日服部幸男先生と小川晃司12Rでワンツーフィニッシュとファンには(自分のこと)たまらない結果となった。この両者、前半で服部先生が8R2着、小川晃司が6R得意の大外捲り差しで1着と、ともに連対して好調だ。

平和島夕刊フジ杯2日目】今日の山崎智也8R12Rの2回走り。
8Rは6号艇2コースから差してBS2番手も2M突進でイン志道吉和を逆転し1着、12Rはイン戦で5号艇3コース貞兼淳二に捲られてあぼ〜ん。しかし完全に捲られたもののBS伸び返し2番手は確保し2着。完全優勝は消えましたがオール2連対継続中です。

蒲郡ウインターカップ4日目】愛知のスピードアクションヒーロー仲口博崇。今日は8R12Rの2回走りだが、8R12Rともにイン戦で8Rは6号艇からの前付けインで1着
12R、今度は枠なりインで3号艇市橋卓士の鋭発に捲り差されそうになるも、機力の違いで押し切り1着と本日も連勝。これで7連勝と順調に勝ちを量産中。

【ショボメンdreamの新鋭王座】当確の菊地孝平、落確の萩原秀人以外の4人は勝負駆けとなってしまった、点増しメリットたったの1点という前代未聞の龍神dream、レースは唯一の当確にして今節3人しかいない記念レーサーの菊地が格と機力の違いで貫禄十分の捲り差し。2着には菊地の直外から差した記念レーサー秋山直之が続き、3着にはイン粘った吉田健太郎が入った。で、この3人が準優進出。菊地は12R1号艇、秋山は12R3号艇だが吉田健太郎は予選14位、11R5号艇と辛うじて進出だ。

主催者も誤算だったでしょうが4日目にdream戦という制度、やっぱり良くありませんな。
主催者のフォローをするなら、この得点率は主催者が決めたことではない(宮島競艇フリークス掲示板参照)ということです。

【競馬】根岸Sキルトクールは、初ダートのアドマイヤマックス。自信の鴨です。

で、これから仕事。今日で深夜勤最終日。来週からはまた昼間の仕事に復帰なのです。

【平目】平尾崇典が4ヶ月ぶりのイン優勝を江戸川にもたらす【えんがわ】

優勝者当てクイズで投票した平尾崇典が1号艇に入った江戸川関東日刊紙競艇記者クラブ杯優勝戦、3号艇一宮稔弘が00タッチスタートと、全体的に早いスタートの中、05スタートから冷静に回った平尾が目出度く逃げ切って優勝。2着には玄馬徹、3着には一宮と入り堅い決着となった。平尾は通算25回、江戸川では初の優勝となった。

江戸川でのイン優勝は2004年9月28日日刊スポーツ杯以来約4ヶ月ぶり、1号艇優勝は同年10月6日ナイタイスポーツ杯(但しこの時は阿波勝哉なので1号艇6コース)以来3ヶ月21日ぶりと、久々に江戸川でポールポシジョンが優勝した。
前回のイン優勝は岡山の森秋光、今回も岡山の平尾と、岡山支部は江戸川で好成績。
クイズが的中したのであとは現金抽選に当選するかだ。

平尾といえば、2002年12月15日、勝野竜司が完全優勝した常滑優勝戦を見に行った時、帰りの名鉄で一緒の車両になった思い出がある。170cmオーバーの長身で平目顔だったので直ぐ分かった。同じ車両には林慎一もいたが、こちらは友人にいわれるまで分からなかった。

平和島夕刊フジ杯初日
山崎智也の出場で注目を集める、今日からの平和島。その山崎智也は9R12R平和島選抜の2回走り。
9Rは2コース捲りで1着、平和島選抜は3コースから26と最下位スタートも、2コース山来和人が1Mもたついてる間をすかさず捲り差して1着サスガですね。

蒲郡ウインターカップ3日目
2月某日に弟・仲口武志との仲口ブラザーズ対談を行う予定の仲口博崇。寡黙な弟と雄弁な兄で対談がどうなるのかが注目だが、昨日まで3戦全勝。
今日は7R12Rの2回走りだが、7R&12Rともに3コースからのレースで、7Rは捲り差しを狙うも内2艇に挟まれ、1M展開無く3番手も2M差しで2番手浮上。2周1M先マイで堤栄一郎を逆転し1着
12R、今度はすんなり差して1着と本日連勝。これで5連勝と順調に勝ちを量産中。いやあ、一般戦の仲口は本当に強い。

宮島G1新鋭王座決定戦3日目
龍神dreamトライアル「黄龍」菊地孝平橋口真樹萩原秀人の内枠3人がトライアル突破
龍神dreamトライアル「水龍」は、吉田健太郎が2コースからのツケマイで1着。2着には2M差し→2周1M先マイで追い上げた秋山直之、3着には秋山に抜かれた赤岩善生。赤岩、優勝候補もモーター出ず苦戦。

以上6人が明日の龍神dreamに駒を進める。
で、この4日目にdream戦、
吉田健太郎19位 橋口まき19位 菊地6位 秋山12位 萩原41位 赤岩12位
という、菊地以外は低たらくな予選順位ではかなり盛り下がるのだが。しかも各着順1点増しにしかならないのではdreamの意味がない。
4日目にやるならdream出場者は準優無条件出場にするべきだ!と強く言いたい。

今年最初の競馬G1川崎記念

今年最初のG1川崎記念は、捲った◎タイムパラドックスと先行したキルトクール2号シーキングザダイヤが直線叩き合い、首差タイムパラドックスが競り勝った。3着には▲ウツミジョーダンが入り、ワイドは的中。
キルトクール1号ダイワエルシエーロは目論見通り6着に鼎世、当日キルトクールしたシーキングザダいやが来てしまったので回収率78.2%orz

川崎記念、今回は入場・売上共好調で入場10533人、売上10億9614万9300円と入場1万、売上10億の壁を突破することに成功した。川崎の昼間開催としては久々の1万人突破で、現地の実際の体感目測入場者数も明らかに去年より多かった。この原因は史上初めてジャパンカップダート勝ち馬が出走したというのは一因だと思う。クラシックホースのダイワエルシエーロも集客に貢献したと思うが、クラシックホースは過去にイシノサンデーが出走済みなので史上初ではない。
レース回顧は地方競馬に行こう!さんが詳しいのです。

【競馬ニュース】G3根岸S出走予定で1番人気確実だったスパイキュール(牡5・10戦7勝、うちダート7戦7勝)が故障の為、同レースを回避。無事に出走してればキルトクールする予定だっただけに鴨が1頭消えて残念だ。

舟券川崎競馬場行く前に、例によって江戸川競艇場へ。江戸川6&7Rと宮島新鋭11&12Rを買いました。宮島11Rしか当たりませんでしたが、本線&結構ついたので+になりました。吉田健太郎さんありがとうございました。

回顧江戸川編=今日の平目】舟券買った6Rは今節横断幕掲出中の東健介が逃げ切り1着。2着には、1Mうまく差した6Rメンバー中唯一のA1三好一が入った。三好は枠番が5号艇だったので軽視したのが舟券の敗因。

平目顔の平尾崇典7R11Rに出走したのだが、舟券買った7Rで3着に鼎如⊇券買わなかった11Rで1着というのはどういうことやねん。
そんな平尾も明日の優勝戦1号艇。何げにインが勝てない江戸川優勝戦、平尾は果たして鬼門を破れるか!?鬼門を破れば自分に10万円チャンスだから是非鬼門を破って欲しい。

回顧宮島編】今日唯一的中した11R龍門トライアル「白虎」は1236/54の進入から、1号艇湯川浩司が逃げて1着。2着には3コースから1M全速外マイ、2Mも全速外マイで三井所尊春を振り切った吉田健太郎、3着はミーショ。

12R龍門トライアル「玄武」は1623/54の進入から、5号艇須藤博倫がカド捲りを決めて1着。2着には2コース差しの菊地孝平、3着には2周1M吉島祥之をつけまいで逆転した森永淳

以上6人と昨日の6人が明日の龍神dreamトライアルに進むのだが、「黄龍」「水龍」の振り分けが完全抽選制の為に非常にわかりずらい。

10Rで珍事。枠なり3vs3で内が遅く外が早いスタート、4カド捲りで先頭に立った荻野裕介が2周BS直線で先頭走って転覆。 慌ててよけた吉田宗弘が、結果うまくよけるのに成功して繰り上がってた。

川崎日記】川崎記念が終わって表彰式を見た後、徹夜明けで3時間程しか寝てなかったのでチッタグループのサウナレックスイン川崎の3時間1050円コースに入浴してきた。系列企業LA CITTADELLAのすぐそばにあるサウナなのだが、チッタの近くにはちょっと歩くものの南町の特殊な風呂もある。まあ、それをいったら競馬場のそばは特殊な風呂だらけだが。ちなみにその手の風呂に行く現金が財布に入ってることはまずなかったりする。

サウナを19時半頃に出て、夜食の為に蒲田で途中下車した。目的地は熟成鶏醤油ラーメン上弦の月だ。昨年の川崎記念の時(2月4日)も上弦の月に行ってたりする。3回目なのだが、前回より50円値上がりしてた。それでもラーメン500円、缶ビール200円は安いが。今日食って、以前食べたときより桜エビなどの和だしの味が表に出てると思った。

下関レディースチャレンジ最終日】G1川崎記念日ということで俄然注目の堀之内紀代子。昨日の準優12R4着に敗れて優出ならなかったので、今日は6R11Rの2回走り。完全枠なり着順で6Rが1号艇1コース1着、11Rが6号艇6コース6着と分かり易い結果だった。尚、11Rでの高橋淳美vs秋葉弘美レディース日記チャレンジは、高橋淳美が2着、秋葉弘美が4着と高橋淳美に軍配。

ついでに優勝戦は1号艇横西奏恵の逃げを2号艇日高逸子が差して、日高逸子が優勝したのだが、この1.2着コンビ、初日シーボー特選と同じ着順だ。3着には四角差しの四角顔、角ひとみ

おつまみ対決!鳥と魚】しぶき杯を争って豪華メンバーによる激戦が繰り広げられた6日間、若松優勝戦は枠なり3vs3から、1号艇「兵庫のTOPレーサー」こと魚谷智之が逃げ切ったかに見えたが、4カド差した「とり貝」こと鳥飼眞がBS差し伸び、2M先マイで1着となり、しぶき杯を獲得した。2着は魚谷。3着は3周BSにて「鳥のケンタ」こと烏野賢太との激しい3着争いを制した「カツの竜田揚げ」こと勝野竜司が入った。と、非常にお腹が鳴る決着となった。

【( ・e・)ガキさん一家】今垣武志光太郎親子は、武志が上記の若松12R2号艇、光太郎が大村12R2号艇と、親子揃って12R2号艇となった。しかし、着順は武志6着、光太郎3着、と親子揃って冴えない結果。

下の時間は携帯から打った速報版の時間です。で、本編完成夜中の3時35分。下ネタ調べてたら時間が掛かってしもうた。

DRAGON GATE

今日が初日の宮島新鋭王座決定戦、初2日の龍門トライアルの上位3人が3日目の龍神dreamトライアルに出場し、その上位3人が4日目にやっと行われる龍神dreamに出場するという、前代未聞のdreamシステムが売りだ。
龍神dreamが開催される4日目の28日にはdream08長谷部優、初のソロDVDが発売される。
11R龍門トライアル「青龍」は3vs3の枠なり進入から、超抜モーター吉田俊彦が捲り差して1着。2着には吉田に続いた秋山直之が入った。3着は橋口真樹ちゃん。

今節、モーター抽選でも枠順抽選でもツキのない赤岩善生が5号艇に入ってしまい波乱の要素が漂う12R龍門トライアル「朱雀」、枠なり4vs2の進入から3号艇笠原亮が1M振り込み、内2艇萩原秀人中村有裕の新婚コンビにとって外からの絶好の壁になる中、赤岩は冷静に外を回って3着確保。龍神dreamトライアルに駒を進める事に成功した。
逆に4号艇作間章は笠原の振り込みを直に受けた形で気の毒。

今日のヒラメ】今日から新鋭と併用の江戸川3日目、ヒラメ顔の平尾崇典5R3号艇1回走り。4号艇河上哲也に捲られて1Mで終了。河上には初日5Rの借りを返された格好だ。 平尾は結局2周1M追い上げ、枠番と同じ3着だった。捲った河上は1号艇富永正人を捕らえられず2着だった。

若松しぶき杯争奪戦準優10R烏野賢太が逃げて、勝野竜司が2着に入る堅い決着
1つ飛んで12Rは1M差した魚谷智之と捲った大澤普司がBS併走から、2M魚谷が抜け出し1着。大澤は2周1M鳥飼眞にも抜かれ3番手に後退、更には窪田好弘にまで抜かれそうになったが、これは何とか振り切った。

【(・e・)ガキさん一家】問題の11R。内2人がA1、真ん中がA2、外3人がB1という布陣で、進入は123/465。
で、4号艇の今垣武志が11トップスタートから捲って内を潰して1着。2着には直外の6号艇斉藤廣が入って、2連単41400円、3連単277560円の若松史上2位となる大穴舟券となった。
大穴の主役となった今垣武志、息子の光太郎大村初日6R(2連単6-1で440円、3連単6-1-2で860円)&12R(2連単1-2で470円、3連単1-2-5で2030円)と連勝で親子揃って好調だ。

山室さん先頭走って転覆ボートピア川崎開設記念に出場中の山室展弘さん、12Rdream戦で5号艇5コースから差しを決めて先頭を走っていたが、2Mで2号艇小畑実成に乗っかられたようで、バランスを崩し?転覆。ごちゃついた展開で詳細はよく見えず。これで山室さんは帰郷してしまった。小畑は不良航法取られたから小畑に原因があるのだろう。
1月29.30日は常滑競艇場での笹川賞ファン投票で、そこで常滑のファンにアピールして笹川賞投票喚起の目論見、挫折。

明日の競馬】今日は深夜勤。明日は解放なので、今年最初のG1川崎記念を見に行ける。
タイムパラドックス鉄板なメンバーであるが、その鉄板◎の相手にはモエレトレジャーウツミジョーダンを狙ってみたい。
オークスダイワエルシエーロが出走してるが、初ダートなのでキルトクールしてみる。続きを読む

【Double】戸田は白井英治、住之江は尾形栄治が優勝【Age】

 4日間シリーズの最終日を迎えた戸田一般競走戸田選抜メンバーの内4人が駒を進めた優勝戦は予選1位の1号艇白井英治がインから押し切り優勝ざんす。白井英治の師匠・3号艇今村豊は1M振り込んで失速、6着大敗と対照的な結果ざんす。2着には4号艇橋本久和、3着には5号艇太田和美と、選抜メンバーが1〜3着を占めたざんす。

【SG住之江選手権

 SGファンファーレ(動画)が鳴り響く中、盛大に始まった優勝戦。1号艇にはオール2連対の尾形栄治が入り、きっちり逃げ切り住之江初・通算3回目の優勝を飾って表彰式で黄金のヘルメットを被る、わけがなく黄金のヘルメットは被らず150万円を獲得して帰っていった。

【静岡のイケメンが初優勝】

 1月16日に浜名湖競艇場トークショー&握手会を行った静岡支部次代のスター原豊土が、多摩川内外タイムス賞優勝戦で2号艇4カドから捲って嬉しい初優勝。次回のトークショー&握手会が注目される。
優勝戦で6号艇ながら3コースに入ってスローの進入を深くして結果的に原豊土の初優勝に貢献した桑原淳一(39期)、息子の桑原将光(95期)は戸田5Rにおいて新人なので1号艇6コース(結果は5着)進入だった。

【濱村♂】

その原豊土の地元、浜名湖の豪華な静岡第一テレビ ファイティングアタックも今日が優勝戦ドリメンの内、4人が優出したが1号艇に入った濱村芳宏が逃げ切って優勝した。激しかったのは2着争いで競艇王CC準優を彷彿させる渡邉英児松井繁のコンビが3周正面まで競り合い、3周1Mで先マイした松井繁が単独2番手に上がり、やっと決着がつく。
その松井、6号艇4カド受けからスタート38と凹むもスリット後伸び返し、1周1M好スタートを決めてきた外2艇を張り飛ばして濱村の逃げを結果的にアシストして、2連単280円&3連単850円の低配当1番人気舟券に貢献してる。

江戸川関東日刊紙競艇記者クラブ杯2日目

 優勝者に予想してる平尾崇典、最大の関門というべき6号艇を引いた5R、1M〜BS5番手も2M3番手浮上。そして2周2M遂に2番手に上がり、この難関を2着で乗り切った。
後半11Rは一転して1号艇。圧倒的な支持に応えて逃げ切り1着。優出に向けて着実に得点獲得中。

長岡、モイチ駆け成功

【モイチタン(;´Д`)】マジで佐賀県ではモテモテ上瀧和則がポールポシジョンに入った唐津全日本王者決定戦多摩川ではモテモテ長岡茂一がモイチ勝負に出て3コースまで入ってきた。作戦がズバリはまり、3コースから強捲りで捲りきり、2001年尼崎近松賞以来4年ぶり13度目の記念優勝
ここでモイチを代弁して一言。「来年の平和島総理杯出場権はいらないから今年の多摩川総理杯出場権が欲しい」

江戸川日記】今日は江戸川関東日刊紙競艇記者クラブ杯初日だったので、中山競馬場行く前に江戸川競艇場に行ってきた。
江戸川は5R発売中に到着。2号艇平尾崇典が1枚も2枚も抜けてるメンバー構成。勿論不動の◎だ。
実際のレースも平尾の独壇場で、1号艇河上哲也が凹んだこともあって楽捲りで軽く1着。これを見て優勝者当てクイズは平尾に投票した。
6Rは5号艇「金龍ラーメン大好き?」金子龍介を軸に1号艇2号艇に流したら◎が
10Rは5号艇「X1佐々木和伸を軸に1号艇2号艇に流したら◎が
11R江戸川選抜は◎「現場主義者」玄馬徹が逃げ切り1着。2着はBS金龍優勢も2M、ここでは枠不利と見て無印にした平尾に進路を塞がれ、その隙に一宮稔弘が2番手に浮上した。体勢を立て直した金龍が3着に入った。
江戸川選抜メンバーながら、堤昇6着2本、しかもうち1回はイン戦でのものなので、優出は早くも絶望だ。途中帰郷しないかが注目だ。

レースの話題から離れて、今日江戸川で新鋭王座のポスター見たら、ポスターのモデルが松井繁だという事に今更気付いたのだった。新鋭でも広島支部でもドラゴンでもないのに何故松井?

船堀→八幡→勝田台→東中山】新年から代替わりした丸長@勝田台に行ってみたい、てことで競艇場を6R展示終了後、6&10&11Rの前売を買って、優勝者当てクイズ投票して出た。
勝田台に着いたのが14:20分。代替わりして元丸長@八王子(閉店=その臨時休業の多さから幻の店と呼ばれた、結局休みすぎて閉店)店主が父の先代勝田台店主に替わって店を仕切る事になった。店には先代もいた。しかしメニューからチャーハンと餃子が消えた!メニューはつけめんとラーメンのみ。つけめんにはA(辛口)B(普通)こいくち(激辛)があり、注文したのはB。ビジュアルはリンク参照ですが、八王子丸長と大体同じ。味は、以前が中太麺だったのが平打ち麺になり、つけだれの辛みの出し方が以前は唐辛子だったのが胡椒にかわっていた。スープ割りをしたら魚介系の味が表に出ていた。以前の味はいわゆる丸長系の味だったが、唐辛子から胡椒に変わったことで、独自の味になった。
問題は、自分は「ラーメンに胡椒を入れない派」ということだ。だから胡椒の少ないBは口に合ったが、Aとこいくちは多分口に合わないと思う。

店を出たのが14:40。中山11Rに間に合う14:40発の快速は既に出てしまった。14:52発の特急に乗ったのだが、特急は東中山通過なので場内馬券は間に合わない。しょうがないので中山11Rは残高700円の電話投票で購入。結局競馬場には15:36頃に着いた。おかげで入場は無料だったが。

競馬結果】東西重賞、間に合わなかったので電話投票の東のアメリカジョッキーズクラブカップは不動の◎、単勝1.7倍のクラフトワークの職人芸が炸裂し、ここでは力が違うとばかりに外から見事に差しきった。口座残高も少しだけ増えた。

場内馬券に間に合った西の平安Sはここメイチ勝負の◎ジンクライシスが直線外から差したものの3着。3着争いに競り勝って馬券に絡んだっていうじゃない〜、だけどG1フェブラリーS除外確実になってしまいました残念!メイチ勝負失敗斬り!
3年連続2着がかかってた○クーリンガーホーマンベルウィンと5着同着。
ちなみに勝ったのは直線内から伸びた△ヒシアトラス。2着は△ブラックコンドル

わらび やまとの湯】温泉に入りたい&佐賀県佐賀郡大和町の人気者上瀧&福岡県山門郡大和町やまと競艇学校に敬意を表して?初めての「わらび やまとの湯」へ。このエントリーの暫定版UPして、家を出たのが20:30近くで着いたのは21:30過ぎだった。裏道にあったので迷子になってしまった。所在は蕨市だが、戸田市からも近い。泉質はナトリウム-炭酸水素塩温泉(低張性・弱アルカリ性・低温泉)で、黒色の湯が特徴。蒲田周辺の温泉に近い泉質だった。帰宅したのは翌1:30過ぎだ。

【WU爺】相模湖モーターボート競走組合営第10回第2日目にして最後の第19回相模湖賞優勝戦、1号艇伊藤雄二は同期の4号艇井上恵一につけまいを貰ってしまい勝てず。2Mで2番手を取りきり2着に入るのが精一杯だった。
一方、競馬の伊藤雄二調教師はネヴァーピリオド京都10R若菜賞を制した。1着から5着まで全て首差の接戦だった。

石田政吾ドカ凹み】高松宮記念以来の実戦となった石田政吾が休養明け即優出も、外3艇が0台スタートの中1艇41のドカ遅れスタート。1M遅れ差しも4着に終わった。本格的に出遅れやらかしたらそれはそれで面白いのだが。ちなみに優勝は石田政吾の凹みを利して捲り差したバンドマンの坂東満

津G3中日カップ優勝戦】1号艇の三角哲男が堂々のイン戦で見事大晦日の戸田ゴールドカップ以来の優勝。2着は差した松元保徳
ちなみに今日の小倉12R和布刈特別で松元保徳の叔父、松元省一調教師の◎クワイエットデイを買ったら2着だった。

三国睦月第3戦優勝戦】3号艇ながらインに入った西田靖がイン逃げを決めて大晦日の江戸川京葉賞以来の優勝
情けないのは2号艇立間充宏で、2番手を走ってたのだが2周2M、逆転を狙って先マイするも西田靖に振り切られた上にターン流れて永井源に差されて3番手後退、更には3周2M「ヒロシです…ヅラが蒸れるです…」の後藤浩に先マイされて遂に舟券から消えてしまう。ああ情けないタツマッチ。

NARUTOJLCカップ】BS先頭を走ってた昨年の「新鋭チャンプ蜷川哲平が2番手の宮地秀折を意識し過ぎたか2M振り込み失速、最後尾に。まさに振り込み詐欺だ。その隙に差した奥平拓也が宮地に並び、2周1M先マイを決めて優勝

いやあ、今日はモイチを始めやけに東京支部の活躍が目立ちましたねぇ。

倉谷和信のナニワ金融道「金返せ!」編

わいは倉谷和信やで〜、4R、2コース差しで1着やねん〜って、言うじゃな〜い。
でもあんた、10R2周2Mキャビテーションによるエンスト失格ですから残念!
責任失格不良航法-12点途中帰郷斬り!
ちなみに拙者、10R外れましたから…切腹!

【戸田舟券日記】戸田競艇場へ行ったのだが、運賃差(神田-川口210円、神田-戸田公園290円)に目がくらんで川口駅で降りたら、送迎バスが出た直後。よって、本来は夕飯の予定だったまる玉@川口西口本店(昨日行けなかったまる玉@両国の本店)で昼飯にしたら丁度いい感じで次の送迎バスの時間になった。そのバスの発車が13:50なので、今日の自信のレースは断念。着いたのは、その自信の8R発走時間だった。

戸田公園大橋から観戦した8Rは251346の進入となって◎2号艇今村豊がイン進入からすんなり逃げて予定通り1着。2着には勝率で今村豊に次ぐ6号艇深井利寿が入った。買ってれば2連単的中(2-6で410円)で間違いない。橋から見て面白かったのは「嵐のマッチョマン高橋二朗が1Mエンストして、自分の目の前で必死にエンジン再始動してる様子には藁った。ちなみに間に合って完走した。

舟券は9Rから。特A級の白井英治、A級でエンジン◎の草場康幸、エレベーターA級の加藤高史による実質3艇立てのレース。3連単BOX買って下さいといわんばかりのレースだ。実際、そのBOXと保険の白井(本物)-草場2連単折り返しを購入。
レースは123/645の進入から白井(本物)があっさりカド捲りを決めて1着。2着にもすんなり草場が入った。3着は、最初「足はあるが腕はない」3点選手平井紀之だったが、2M順当に加藤高史が浮上。足は平井の方が勝ってたので着差は少なかったが、加藤が3着を取りきって舟券的中(2連単6-4で420円、3連単6-4-2で720円)。
6号艇ながら4カドからきっちり捲りを決めるあたり、流石は白井(本物)、埼玉の白井(偽〉とはえらい違いだ。

冒頭の10Rはスタ展134/526だったのに、本番で倉谷が前付けして314/526の進入になって2コース進入になった◎橋本久和の起こしの勘が狂った上に、4号艇○廣瀬将亨が03の超抜スタート決めて絞ったもんだから内2艇脂肪。で、そのまま捲りきって1着。2着には大外で全くの人気薄その1藤岡俊介が展開ずっぽしの差しで突っ込んできたので舟券は大波乱(2連単4-6で14590円、3連単4-6-5で45800円)。
で、冒頭の倉谷エンスト。2周2M振り込みエンストした際に人気薄その2柴田大輔に接触して巻き添えに。幸い柴田は完走できた。

11RはB級ながら初日連勝の2号艇河野武士からいったら、3コース岡本猛にあっさり捲られた上に1号艇藤田治義の引き波を貰って6着6着。舟券は1Mで圏外に去った。

今村豊本日2度目の登場となる12Rスタ展で枠なりだったので、◎は今村豊より内の重成一人から。重成が期待通り捲って1着、今村豊も上手く捲り差して2着と2連単810円は的中したが、3着に買ってない松尾基成が入ったため3連単は不的中。松尾は4Rのイン戦で倉谷に差されたのを嫌って評価を下げてしまった。

【サタデーナイトにフライデー】帰りは成増行き送迎バスに乗って成増へ行った。方南町へ行きたかったのだが、成増へ出るとオール地下鉄ルートなので270円で行けるのだ。目的は初食の濃厚つけ汁ソバ専門店、FRIDAYだ。この店、FRIDAYという名前なのに金曜日が定休日だ。それなのになぜFRIDAY?となるのだが、由来は、この店の昼の店名である地雷源定休日の金曜日に試験的に今の濃厚つけ汁ソバを出していたからだ。
幅広平打ち麺に胡椒と唐辛子の味が効いた濃厚白湯つけダレ。いわゆる大勝軒系のつけ麺とは違って甘みは少ない。
昼の我流旨味ソバ地雷源も未食なので営業時間的に敷居が高いが行ってみたい1店だ。

注目の東西3歳戦】西の若駒Sは単勝1.1倍の圧倒的本命、ディープインパクトが2.00.8の好タイムで後方から直線だけで5馬身ちぎる圧勝。クラシック路線に深い衝撃を与えた。人気先行型だった全兄のブラックタイド以上の器なのは間違いない。
東の菜の花賞は1番人気単勝1.2倍のペニーほいっスるエイシンテンダーが負かした。ペニーほいっスるはPOGで持たれてるので助かった。

【うまたせしました競馬予想】明日の東西メイン予想、東のアメリカジョッキーズクラブカップクラフトワークの職人芸、西の平安Sはメイチのジンクライシスと3年連続2着がかかるクーリンガー。穴馬は同厩舎2頭出しは人気薄を狙えってことでトーセンブライトで。同厩舎で人気の1頭ピットファイターと同枠というのも味噌です。
こっから下は他場の競艇。

レディースチャレンジ浜名湖のオール女子戦同様、なんだかな…なレース名の下関レディースチャレンジ、その初日メインシーボー特選は5カド横西奏恵が捲り差しで先頭に立って、イン残した日高逸子が2番手を走りこのまま決まると見せかけて、3周1M、日高が横西を刺した!日高有利の状態でBS併走から日高が先マイで見事逆転勝利レディースの道は修羅の道なり。覚悟を決めて臨まないと刺されるなり。

若松しぶき杯争奪戦】しぶきを得た魚ってことで注目のTOPレーサー魚谷智之は本日10R1回乗りで西島義則さんと激突。3コースから捲り差しを決め、BS西島さんと併走も2M先マイから徐々に差を開いていき1着となった。順調に3戦オール連対中。

あしたのジョー】結局あしたの唐津全日本王者決定戦は順当に佐賀県王者でものごっついマンパワーの上瀧和則が1号艇。東京都代表の濱野谷憲吾長岡茂一も5&6号艇で優出。展開的には準優10Rを捲りで制した山一鉄也が捨て身の捲りを打ったら面白そうだ。
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ