ラリーズクラブ

BOATRACEとBOATRACE江戸川略してBOEDOを無断で勝手に応援するブログ。

酉年に鳥買い

福岡の人はトリのレースで鳥を買いということで鳥飼眞が1号艇となった新春開運特選レース優勝戦、その鳥飼を捲りに行こうとした5号艇金子龍介を2号艇藤丸光一がブロック。よって鳥飼余裕の逃げ。藤丸も悠々2着確保で同門ワンツー。大舞台の1号艇で弱い印象のある鳥飼だが、藤丸の絶妙なアシストもあって楽に逃げることができた。
先に行われた9Rでは、この2人の師匠29期2417番小畑建策引退レースとなり、最後のレースで3コース捲りを決めて有終の美を飾り通算1889勝目で締め括った。乙津かれ様でした。

【摂津河内和泉】実質2艇立ての摂河泉優勝戦、1号艇大和国在住大阪支部の太田和美が2節連続住之江優勝なるかが注目の一戦、和美ちゃんがあっさり逃げ、2号艇G1王者松井繁があっさり差し、1Mにして2強が他4艇を大きく引き離して和美ちゃんが2節連続優勝。2連単は1番人気ながら配当は240円と意外な高配当。120円でもおかしくない銀行レースだと思うが。3連単は逆に3番人気ながら950円と低配当だ。

球団同様地味な広島】 何か恐ろしく地味なメンバーになってしまった広島ダービー優勝戦、華があるのは西島義則位だ。そのペリカンさん、6号艇という苦しい枠順だが、2コースに入り26スタートからの差しで2着準優勝。優勝したのは4コースから捲り差した前本泰和

かどまつ敏生多摩川かどまつ賞優勝戦は、さあ行こう優勝戦のかけ声の下、1号艇山田竜一が他艇を寄せ付けないドラゴンターンを決めて日本一の静水面を気持ちよさそうに回り優勝

BP呉徳山開設12周年記念】艇王植木通彦出走で注目で集めるこの開催、前半6号艇3コースの8RではF艇が出る展開ながら冷静に回り、2周1M富田章を抜いて1着。後半1号艇の12Rは26の遅いスタートながら伸び返し、捲りに来た3コース水長照雄を牽制しつつの先マイ成功で1着と本日連勝。

【明日の東京さいたま優勝戦】東京ダービー濱野谷憲吾が1号艇、角谷健吾が2号艇とケンゴが2人並ぶ形となった。3号艇には矢後剛が入ってる。矢後ちゃんに注目してみたい。 同日、濱野谷憲尚中山新春ジャンプS8枠12番で出走だ。

新支部長の平石和男が1号艇となって支部長就任に花を添えるか注目のさいたま選手権、平石以外の準優1号艇が消えて準優2号艇が全員優出したちょっと意外なメンバーとなった。中でもエンジン2連対率56.9%の4号艇伊藤雄二調教師が最後にその馬力を引き出せるか見物だ。

【〒137-8799→〒135-8799→〒174-8799(今日の行動√)】19:30まで仕事してから志村三丁目の中華屋暫 弐番館でちょっとした板橋新年会を20:40過ぎに開催した。酒及び鶏やメンマなどのつまみは良かったけど、締めの麺類の様な物と、前菜のチャーハンは一寸頂けなかった。な感じなので今日は深夜の更新です。

江戸川鉄兵が新春金盃優勝

新春金盃優勝戦に出場した、予選1位ながら抽選に外れて2号艇となった江戸川鉄兵こと石渡鉄兵は16の抜けたトップスタートから27スタートのイン山谷央を悠々捲り5着に沈め、前評判通り優勝した。2着には鉄兵の軌跡をなぞるように1M回った福島勇樹が入った。ちなみに優勝者当てクイズで石渡鉄兵と書いても競争率が高いから10万円はまず当たらない。

ところで、2003京葉賞の優勝賞金は350万で準優制、2004新春金盃は準優無しの4日制で優勝賞金150万。それが今年度は逆になって2004京葉賞の優勝賞金が135万で準優無し、今日の新春金盃が優勝賞金340万の準優制だ。
江戸川競艇といえば長らく「京葉賞>新春金盃」という格が定着してて、特に2000年度京葉賞は2000.12.29〜2001.1.4の年またぎ開催で途中元旦を休止にしての6日間開催だったのだから、この格の逆転は結構寂しかったりする。

今日もう1つの優勝戦、群馬ダービー優勝戦は、枠順抽選に外れて3号艇となるも、3コースからつけまいを決めた山崎智也がイン江口晃生を5着に沈めて、公開プロポーズ後初にして通算41回目の優勝。2着は京葉賞からの2節連続優出となった生方厚成が、秋山直之を捲り江口晃生を差す形の捲り差しで入線。

【今日唯一の初日】今日からの大村日本財団会長杯に出場している山室展弘さんは、前半6Rが4号艇4コースから捲り差し狙うもイン「国際女優」の岸恵子に若干抵抗され展開向かずに2着、3号艇で出場した後半12R発祥地選抜がこれまた捲り差し狙うも2コース中嶋誠一郎が壁になって3番手も2周1M先マイで逆転2着と、今日は2着2本。発祥地選抜、勝ったのはイン田頭実。田頭は4R1着で今日連勝。田頭は12月29日にFを切ったばかりだが、今日のスタートは共に09とお構いなしだ。

95期やまとチャンプ快挙ならず】摂河泉準優12R5号艇で出場した95期岡村仁はデビュー2ヶ月での初優出を狙ったが、大外では展開無く6着となった。

【お知らせ】今日のエントリーから文中のリンクをちょっといじって、別窓で開く設定にした。

金敗で完杯

昨日の予想が蓋を開けたら大外れ。東西5頭中1頭しか3連対できずに新春馬券は結局やられてしまった。
日刊スポーツ賞中山金杯は、7枠13番金原ドラゴンが12着、6枠11番メジロ万鳥が9着、そして両馬に挟まれた7枠12番クラフトワークが1着となって予想大外れ。
スポーツニッポン賞京都金杯は、最低人気行け隼が14着、宝シャーディーが7着とここも惨敗。唯一ハット鳥ックが1着となるも、単勝160円、複勝120円では回収率大幅マイナス。この分は果たしてガーネットSの◎ナムラビッグタイム.で取り返せるか?

【ハットリトック】静岡新聞社・静岡放送New Year's Cup優勝戦に4号艇で優出した今日が誕生日の服部幸男先生(34歳・B2)は3コースからつけまいを狙うも、2コース伊達正利に抵抗され、イン金子良昭を脅かすには至らず、2Mで横澤剛治を捌いて2着に上がるのがやっとだったが、とりあえず新年最初のレースを準優勝で締めた。B2(勝率7.26出走19回)ながら総理杯出場決定済み。今年前半はこの総理杯でしか記念で先生の姿を拝めないのは残念だね。

【蒲郡連続V】蒲郡の主、赤岩善生が予選道中コース取れずに苦戦しながらも最終的に優勝戦1号艇を獲得に成功。こうなるとイン戦信頼度艇界屈指の男なだけに、02トップスタートから他艇を全く寄せ付けずに圧勝。中日スポーツ杯争奪2005新春特別覇者に決定したと共に、前節2004Xマス&FINALナイターに続く蒲郡連続優勝も果たした。昨日優勝仲口博崇も出来なかった同一競艇場2節連続斡旋連続優勝を達成したのだから素晴らしい。赤岩もB1(勝率7.95出走63回)の為、今年前半は新鋭王座と総理杯以外の記念ではお目にかかれない。

丸亀よりも尼崎に近いNARUTO競艇
関西からのバス利用を推奨する鳴門競艇場、その正月開催第33回松竹杯優勝戦は、内2艇の烏野賢太田村隆信の両SGレーサーが揃ってFで主催者大打撃。この日の売上は1億7146万1100円、この日の返還額は7949万5800円、足すと2億5095万6900円。つまり1日の総売上の31.7%が返還となってしまいまさに主催者大打撃。しかしレースは思わぬ熱戦となり、生き残ったSGレーサー、3号艇濱村芳宏が3周2M先マイ成功で前を走ってた一宮稔弘を抜くことに成功し大逆転優勝。決まり手が恵まれではなく抜きなのはそういう理由。尚、烏野賢太は2/22〜5/23までのお休みとなり、総理杯も笹川賞も出走できない。

【唐獅子のジョー】第45回佐賀県選手権優勝戦、注目は1号艇で臨んだ昨日の準優11Rで94期古賀繁輝に大外一気で捲られ、3周2Mで辛うじて3着に入り何とか優出した上瀧和則。今日はそのリヴェンジで5号艇2コースから01スタートで一気に捲りを決めて優勝。2号艇4コースとなった古賀もカドから07スタートを決めたが、1Mでイン02ッスタートの三井所尊春に接触する不運もあり、5着と敗れた。しかしデビュー1年未満で早くも2度目の優出とは素晴らしい。

江戸川金盃石渡鉄兵準優11Rで08トップスタートから軽々イン逃げを決めて1着。しかし優勝者当てクイズで自分が予想した村田修次準優10Rで4カドから39の遅いスタートで内3艇にスタート先行され、1Mも展開無く、結局いいところ無しで4着に敗れた。かくして優勝者当てクイズ外れ決定。

干支とお宝に拘る東西金杯予想

日刊スポーツ賞中山金杯は、金原ドラゴンメジロ万鳥の1点。
スポーツニッポン賞京都金杯は、行け隼宝シャーディーハット鳥ックの3点。上記の馬は連勝式の他に単複も買う。明日は平日なので電話投票で参戦。

JRA2005年のキャッチフレーズがBIG TIME.に決定。ということで9日中山11RガーネットSの◎は、初ダートでもナムラビッグタイム。今年は同馬をずっと追いかけ続けてみる。

ここから先は今日の競艇の話。
【永遠の大スターによる華麗なマイ】さいたま選手権2日目、走る人間国宝加藤峻二御大は10R5号艇1回走りで登場。2コース秋田犬太郎もとい、秋田健太郎が差し抜ける中、1M捲り差しで2番手へ。2M、2周1M先マイで2着をがっちりキープして、追い上げを狙った後藤浩の追撃を封じ、3戦オール連対キープの2着

【4Rから8Rまで2周戦】今日も2周戦が多かった江戸川新春金盃3日目、昨日8Rで露骨に波を嫌がって大きく離れた殿だった初日江戸川選抜覇者長岡茂一、その際に私傷病を患ったとのことで何と帰郷!
今日も波を恐れずに走る江戸川鉄兵こと石渡鉄兵7R1回走りで4カド捲りを決めて1着。優勝者当てクイズで自分が予想した村田修次(しかし昨日10R2周BS2番手から落水)も8R1回走りで2コース捲りを決めて汚名返上の1着。明日の準優は石渡鉄兵が予選1位で11R1号艇、村田修次が10R4号艇だ。

【新春10万舟事件】多摩川新春特別かどまつ賞2日目9Rは、2号艇長田光子43歳が捲りを決めてしまい1着となり、2連単最低人気2-5で29580円、3連単119番人気2-5-4で190610円の超大穴舟券が出た。これは多摩川史上2位

【銘柄株の優勝戦】前節の7戦6勝2着1回に続いて節間10戦7勝2着3回とオール連対で文句なしの優勝戦1号艇となった常滑競艇仲口博崇が、1Mターンマークでターンマークと新美恵一原田幸哉が接触するのを尻目に悠々逃げ切り優勝。モーター9号機&ボート66号艇と共に過ごした前検含めて常滑滞在13日間を目出度く優勝で締めくくった仲口博崇であった。

徳山日刊スポーツ杯争奪お正月特選レース優勝戦は、準優以外パーフェクトだった今村豊が4号艇3コースから捲り差しを決め、当地5連続となる優勝。ちなみにもうひとつの地元下関では3連続優勝継続中。

戸田競艇さいたま選手権開会式

 さいたま選手権初日に行ってきた。南関東4場新春開催で唯一選手紹介があるので朝一から行ってきた。江戸川新春金盃も買いたかったので、先に早朝前売りで5R11Rを買った。それでも道が空いてて9時には戸田競艇場に着いた。開門は9時半なので、それまでの間に1R2005初夢レースを買っておいた。これで開会式に専念できる。9:45に選手紹介が始まった(司会は荻原なお子)。新春開催ということで、干支順に選手が登場。しかし年男は酉年だけにトリに登場。
 選手紹介で一番目立ってたのは鈴木賢一独身)。着ぐるみの頭を被って登場して場内を沸かせた。他の選手2人に競艇の垂れ幕を持たせてスピーチ。締めは金色のカラーボールを股間から取り出し投げる下なオチと徹底して受けを狙った。選手紹介の後、新支部長平石和男の挨拶と濱崎直矢による選手宣誓。

 その後第2部埼玉支部表彰式に移り、無事故賞加藤峻二御大・大城戸学鈴木昭男尼崎前検の為欠席)、敢闘賞(SGG1優出者)加藤峻二・池上裕次後藤浩西村勝須藤博倫中澤和志(欠席)、功労賞山崎義明、新人賞石塚久也の表彰ときて、最後に最優秀の平石和男。平石は欠席選手の代理も務めたのでほぼずっと表彰されてた。この表彰者インタビューで面白かったのは大城戸で、無事故の秘訣を聞かれて「スタート逝かないことです」。

 第3部はウインビー選抜出場者インタビュー。平石和男が2コース苦手&エンジンバラしたと言うのを受けて、西村勝が14562/3といい加減に展開予想。で、勝算はと聞かれたら「3着くらい」とこれまたいい加減に答えた。池上裕次は自らのロン毛が似合わないのをネタにしていた。
開会式が全部終了した時には1Rの展示が終了してた。予め買っておいて正解だった、が当たらなければ意味がない(続く)

【BACHプラザ】

 内にB級がいた1R、前支部長諏訪馨の逃げは中村裕将に叩かれると見て、馨買わずに中村から行ったら馨の。当たらなかった。
 1R〜5R(御大1着)まで1つも当たらず、6R橘菊太郎初春公演浅草大勝館出演記念に臨んだ。ここまで全て4が連対してたので、1-4&4-1の2連単買ったら、佐川正道が捲って、飯島昌弘が残すという実にいい展開で決まり、やっと片目。2連単3410円でやっと救われた。
 その後8R11R(御大連勝)が的中(しかし安目)して、12Rウインビー選抜。結局枠なり進入となり、平石が2コースつけまいという意外な展開でイン池上は鼎澄舟券も鼎澄そこを3コース須藤が差して3-2決着、波乱の高配当となった。

 小ネタを1つ。関東地区選手権のポスターが場内至る所に貼られていたが、そのポスターのデザインが前年覇者中澤和志の勇姿を見つめる東京在住埼玉支部の山崎善庸なのだ。山崎善庸は新規A2なので勿論G1には出られず、関東地区選手権中は、桐生一般戦に出場だ。
G1関東地区選手権イメージキャラクター山崎善庸


【江戸川の舟券】

 波高30cm、風速南西10mで目まぐるしく着順が入れ替わった2周戦の5Rは的中、波高25cm、風速南西7mで2周戦の11Rは江戸川鉄兵4Rに続き連勝も田中雅文64素磴錣困不的中

平和島第34回東京ダービー多摩川新春特別かどまつ賞

 今年の第34回東京ダービー(優勝賞金340万円、ちなみに大井第50回東京ダービーの優勝賞金は5000万円)1Rニューイヤー特別と、戸田1R2005初夢レース同様、1Rに好メンバーを入れて朝一からの集客作戦だ。レースは一枠一瀬明が逃げて5コース吉田宗弘が差すという展開で決着
12R新春特別選抜は、3コース矢後剛が捲るという意外な展開。矢後ちゃんが捲りきってイン西田靖2着逃げ粘りかと思いきや、内から差した濱野谷憲吾がBSぐいぐい伸びて2M先マイし、先頭でゴール。続いて矢後ちゃん→西田靖と入った。

 かどまつ賞の12R多摩川選抜は、4号艇大外単騎ガマシ野澤大二が絞って一気に捲り1着。その際に直内の高橋勲を転覆させて不良航法-7点のオマケつき。2着はイン小回りで残した三角哲男を実質最終チャンスの2Mで山田竜一が差して逆転。逆転された三角、9RでF艇渡邉睦広の2番手を走っていて、普通に回れば繰り上がり1着なのに、渡邉のFに気付かなかったのか2Mで全速やって振込転覆のオマヌをやらかしてた。

金盃で乾盃

午前中カテゴリを再分類してみた。午後、江戸川新春金盃に行ってきた。今年からラリーズクラブポイント加算が14:30までになるので、入場無料タイムに行った場合は加算されないので注意。
には6R発走時間に到着した。今日明日は「おしるこサービス」で、本来先着順で整理券配布なのだが、ラリーズクラブ会員には既に整理券配布済なのでおしるこ悠々Get。
レースは、間に合わなかった6Rは江戸川選抜組唯一の2回走り飯山泰が難なく逃げて1着
7Rから舟券を買ったが、加藤 高史が捲り差して浦田信義浦田信輔とは赤の他人)がイン残してという逆目決着で幾らつくかと思いきや、「4-1 620円」取りガミです。
8Rは、イン山本英志逃げ切り勝ちも、相手のカド受け飯田加一とカド森下勇が喧嘩して揃って飛ぶ嫌な展開。ずっぽり空いた差し場を人気薄青木孝司が差して2着に入ってしまい、不的中。尚、3周1M茂垣達也60舛転覆、中川でもがく。
9R山崎聖司が04スタートから絞り捲る展開で一気に捲ったが、直内4号艇塚田修二もその内で捲る様な展開になり、結果内の塚田が山崎を捲り差す形に。1Mはかなりゴチャつき、人気の鈴木茂正はその際に起きたモーター不調で大差の殿負け。舟券は「夫婦揃ってうねりなら強い」柾田敏行からいったが、3着だったので不的中
10Rは前半4Rで大外から3周2M逆転1着と、元気な1号艇大西源喜が元気良すぎてフライング。舟券は全額返還。勝ったのは2号艇01タッチスタートの入澤友治。大西がFしてなくても差しきってただけに、1-2持ってて2-1持ってなかった自分は実はFで救われてる。
ちなみにこのレースの返還金は4209万6000円(参照元はpdfファイル)。何と10R総売上の89.3%が返還となった。1日トータルでも、今日の総売上が3億7170万7000円で、この返還が無ければ4億突破だっただけに痛い。明日は埼玉選手権選手紹介あり)と東京ダービー新春特別かどまつ賞が開幕するから、今日以上の売上は望めないだけに殊更痛い。
江戸川選抜は長岡茂一が逃げ切り1着。2着は差しの山来和人と外マイの石渡鉄兵の争いも、1周2M石渡鉄兵が差して2着を取りきった。舟券は村田修次から行ってたが、1M差し抜けられず4着止まりで不的中。

【ヘビー級開催】今日の江戸川、60祖兇僚杜無藾手が出走表(リンク先はpdf)を見たら3人もいた。64田中雅文を筆頭に、60井坂友則、8Rで転覆もがいた60遡亞醒L蕕3人。5758舛覆彪變無蕕澄

【他の初日競艇】群馬ダービーdream戦は、イン江口晃生がスタート32と大きく凹み、2コース中里英夫が絶好の捲り展開からきっちり捲って圧勝。1周2M橋本久和転覆があったりして、2着争いは混戦も実質ラスト周回の2周1M山崎智也が浮上して2着に入った。
摂河泉、大阪支部だけのdream戦は内3艇と外3艇で現在の実力差がはっきりした一戦で、事実G1王者松井繁がイン圧勝。2着争いは1M差し2号艇倉谷和信と1M外マイ3号艇太田和美の争いとなったが、2周1Mスピードの違いで和美ちゃんが2着争いを制した。大阪支部限定dream戦といえばdreamは大阪支部が4人。2人足りない。
広島ダービー、その12R初夢特選は、123/564の進入となり、256が喧嘩する間に、イン山下和彦がすんなり逃げ切り。2着争いは大外差しの海野ゆかりとカド受け差し西島義則の争いとなるも、終始リードしたうんのゆかりがペリカンさんの追撃を振り切った。
福岡新春開運特選レースdreamレースは、地元と兵庫勢で争われ、4号艇2コースの井上恵一がトップSTからの早差しで1着。2号艇4コースの鎌田義がこれまた差しで2着。イン戦苦手の鳥飼眞はここでもターンが膨れ1M一旦消え2Mでは最後方に沈むも、2周1M無理先マイ&突進から2周2M全速マイで何とか3着には入った。

【2005最初の優勝戦】下関正月特選岡本慎治が2号艇も前付け成功でインに入り優勝。コース取られた1号艇白井英治が1M差しも大外から最内差した岡山の岡瀬正人が併走と苦しい展開。2Mも差した白井英司が何とか捌いて2着。
枠順抽選に外れ3号艇ながら、格断然の艇王植木通彦が優出した北九州選手権は枠番を利して貞兼淳二が逃げ切るかに見せかけて、何と2M自爆して転覆。大外から外マイ2番手で2M上手く回った梶原正が繰り上がって優勝。繰り上がり2着の植木は2コース差しから1M3番手も、梶原とは殆ど差が無く、2M膨れ気味に回らなければ優勝の目もあった。ちなみに3連単6-3-2は36000円の万舟。

【大晦日視聴率戦】大晦日の視聴率が発表された。紅白は前半30.8%、後半39.3%、Dynamite!!が20.1%、男祭りが前半18.3%(Dynamite!!と重複した後半は10.8%と惨敗)だった。各番組の瞬間最大視聴率はまだ不明。ひとつ言えるのはDynamite!!が実質男祭りにダブルスコアで視聴率に大差を付けたということは、試合レベルよりも試合の分かり易さが視聴率に出たと言うことか。3R判定のヒョードルvsノゲイラ戦より133秒殺のホイスvs曙戦が視聴率が高かった辺りがいい例だ。

春はまけぼの

新年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。ということで、新年第一弾エントリー。

Dynamyte!!での負けぼのっぷりは何というか期待通りのタップ(1R2分13秒リストロック)で楽しめた。男祭りのメインにしてTV放映時間が重なったヒョードルvsノゲイラはハイレベルではあったが、「小が大を制す」を分かり易く表現した曙vsホイス・グレイシーのエンタテインメント性は昨年のボブ・サップvs曙並みに楽しめた。ホイス・グレイシーにとっても、前年の試合、ホイス・グレイシーvs吉田秀彦の膠着凡戦の汚名を返上した格好だ。

【アン・ジョーの10年越しの因縁】グレイシー一族とは深い因縁があるアン・ジョー司令長官はグレイシー一族のハイアン・グレイシー戦に臨んだが、10年前同様の敗戦(1R8分33秒腕ひしぎ逆十字固め)をしてしまった。
安生を負かしたハイアン・グレイシーを負かしたケンドー・カシンって実はもの凄く強いのか?Dynamite!!での中西学封印戦が実現しなかったのは非常に残念だ。

【柔道ルーキーの明暗】今回の大晦日格闘祭では2人の大物柔道家が総合格闘技デビューを飾ったが、試合内容では明暗がはっきり分かれた。
Dynamite!!に出場した秋山成勲は、同郷の清原和博がセコンドで見守るなか、元ボクシング世界チャンピオンフランソワ・ボタ相手に秒殺の圧勝(1R1分54秒腕ひしぎ逆十字固め)だった。見ていて非常に爽快感のある試合だった。
男祭りに出場した瀧本誠は、大相撲元幕内十二枚目戦闘竜相手に膠着塩試合を展開し、勝ち(判定3-0)はしたものの、先に膠着塩試合と書いたように、つまらなくリモコンを他局に押させる試合であった。
柔道時代の実績は金メダルの瀧本の方が上なのだが、総合で立場が逆転するのだから柔道の実力と総合の実力は別物で有ることのいい実例といえる。
柔道出身といえば、吉田秀彦も今日の試合に昨年に続いて総合格闘家としての限界を感じさせただけに、秋山にかかる期待は大きい。

【レスリング金の明暗】その吉田秀彦を判定(3-0)とはいえ負かしたレスリングシドニー金メダル&アテネ銅メダルルーロン・ガードナーに対し、藤田和之ワンパンチ失神KO負け(1R67秒)を喫したレスリングアテネ金メダルカラム・イブラヒムと、同じレスリング金メダリストでもはっきり明暗が分かれた。

【シウバ初黒星】今回の男祭りで曙ばりの無駄なあがきに挑もうとした桜庭和志、しかし怪我の為欠場したことで対シウバ4度目の敗戦を見ずに済んだ。逆にヴァンダレイ・シウバは200%確実に勝てる桜庭から、一転してヘビー級のマーク・ハントに相手が変更になったのは気の毒だった。今日の試合も体格差で負けた(判定1-2)という感じだった。今の桜庭評で分かるように、自分は「4度目の正直」派ではなく、「3度あることは4度ある」派だ。


ナリタトップロードな日記】 成田への道は世界への道、つーことで日本一の国際都市、成田市の象徴である成田山へ初詣に行ってきた。生まれてこのかた一度も乗ったことがないスカイライナーに乗りたかったので、本当は車で行った方が全然速いのだが、そんなわけで上野経由で。1個手前の仲御徒町で降りて食べた新年初ラーメンは麺屋武蔵 武骨@仲御徒町だ。食べたのはイカスミ入りの武骨ら〜麺黒。スカイライナーで到着した成田山はやっぱり人が多い。流石2004年全国初詣ランク2位だ。1位明治神宮との立地の差を考えたら驚異的な参拝者数だ。帰りは普通の京成電車から船橋・西船橋経由で帰ってきた。スカイライナーは速いけど通常の京成は遅い。次回成田山のビッグイベントは2月3日節分会日本相撲協会からは朝青龍千代大海ら、NHK大河ドラマからは滝沢秀明松平健上戸彩ら、と超豪華布陣での節分会だ。2月3日は平日だが、また多くの参拝者が来るのだろう。

【きょうの仲口】関東で競艇の開催が無い今日、仲口博崇6Rで5号艇スロー4コースという遠いコースが響いて、逃げる久田武を捕らえきれず2着となり、遂に連勝ストップ。続く10Rではイン戦もターン膨れ気味で「ロケットモンキー石川真二の捲り差しの前にまた2着。年明けたら2着2本になってしまった。

【祝5周年】2000.1.1にMovin' onでデビューしたdreamが遂にデビュー5周年。5年ってあっという間だな、と。まるで昨日の様だ。ちなみに昨日は聖飢魔解散5周年。つまり、聖飢魔恐鮖兇陵眛にdreamがデビューという因縁が!続きを読む
利用者数
バナー
競艇中継はJLC
JLCスマート
BOATRACE江戸川
勝舟情報メルマガ
オトナのアソビにビッグウェーブ「ボートピア習志野」
月別アーカイブ
記事検索
Categories
逆アクセスランキング
MyblogList
Last.fm

last.fm関連記事
バナソニック
キルトクールPeople





  • ライブドアブログ