ここまで「4.1.1」着と、10R1回走りの着順次第で優出もある94期18歳4296番岡崎恭「裕」、その10Rを3コース10トップスタートから一気に捲って1着となり、デビュー初優出達成。明日は4カドだ。
94期からは稲田浩二古賀繁輝に続き、早くも3人目の優出者だ。
W中村裕(特に中村裕将は1号艇)も優出してるので、裕のワンツースリーフィニッシュが見られるかどうかが見物だ。江戸川でなかったらまず6コースになるであろう岡崎恭裕だが、事実上進入固定の江戸川なだけに、中村有裕より内に入れるのが有利だ。

江戸川トピックス
今節、ドラマ「87%−私の5年生存率−」のロケが江戸川競艇場で行われた。2月2日放送予定とのこと。

マクドナルト競艇】
マクドナルドを食べて思いついた鳴門競艇、今日はその初日、主な選手として関東地区から池上裕次蜷川哲平が出走で、池上裕次は5R4コースつけまいで1着10R3コースからの1M捲り差しでBSイン西原明生との併走から2M先マイで1着、蜷川哲平は7R5カドつけ捲りで1着12R、インから6番目スタートも伸び返して先マイ逃げ切り1着と共に連勝発進。

山室さん優出漏れ
山室展弘さんが優出できなかった桐生一般戦、その優勝戦作間章が3コースから内2艇の凹みも利して一気に捲って優勝した。前節では師匠の石渡鉄兵優勝しており、師弟コンビで桐生連続優勝。

【19回目にして最後の平和島相模湖賞
売上低迷の中、年間25日の開催では収支を保つのも難しく平成16年度を最後に撤退(pdfファイル)する相模湖モーターボート競走組合(pdfファイル)から名前をとった相模湖賞、このレース名も相模湖組合が撤退するので今回で最後だろう。しかし今節主催は府中市。あれ?
その平和島選抜はダッシュ3艇のスタートが早く、カド岡瀬正人が内を一気に潰すも、5号艇伊藤雄二6号艇淺田千亜希も続き、2周正面までは3艇併走状態。2周BS岡瀬が抜け出し、やっと隊列がばらけて決着がついた。岡瀬、前半6R転覆の借りを返した。

唐津記念2日目
今日は6R1回走り2号艇2コースでチルト-0.5度の矢後剛、5号艇3コース濱野谷憲吾に捲られて鼎任靴泙辰拭L雜紊舛磴鵑魴った濱野谷はイン山崎義明も差して、結局捲り差し圧勝。矢後ちゃんは5着。

【唐津での植木節
植木通彦が前半8Rで6号艇1コースから逃げ切り1着、なのに後半12Rでは枠番通りの1コースから行ったが、3コース熊谷直樹の01スタートからの絞り捲りに恐れおののいたのか1M手前で振り込んで失速してしまう。その振込詐欺はどこかで見た光景だ。その熊谷は、1Mターン流れて3着止まり。勝ったのは熊谷の直外から捲り差した山本浩次だ。

競艇トピックス
2004年優秀選手が発表された。感想は、田中信一郎が無冠だ。

【競馬】
今日のG3TCK女王杯、2番人気レマーズガール1着となりTCK女王杯連覇となったのだが、◎の5番人気オルレアンが2着に入って複勝260円の配当。複勝1点買いで参加した電話投票の残高を増やしてくれた。