蒲郡第5回愛・地球博(あいち・きゅうはく)協賛競走優勝戦に前走常滑初夢競走に続く2節連続優勝がかかった、愛知のつぼイノリオならぬ愛知の吉田徳夫
勿論1号艇から逃げて、BS追撃してきた5カド重野哲之を2M振り切った上に3着に沈めて、見事9戦全勝で完全優勝達成。前節から数えると17連勝中という凄まじさだ。ひまひまデータによると、2節連続完全優勝は1985年3月5日の黒明良光選手会会長以来の快挙とのこと。

【トリプル裕】江戸川優勝戦でワンツースリーを期待した中村「裕」将岡崎恭「裕」中村有「裕」だが、2号艇今泉和則の捲りの前にその期待はあっさり崩れた。トリプル裕の結果は、中村将が2着・岡崎が3着・中村有が6着。

荘林幸輝生誕50周年記念イヤー】新井敏司(G1で18勝もSG0)と共にSG無冠の帝王として名高い荘林幸輝(SG優出19回も優勝0、
G1は8勝)が今日の宮島JLC杯優勝戦で1号艇から逃げ切り優勝
なんと前走芦屋福岡県内選手権に続く連続優勝。生誕50周年記念(1955年5月24日生まれ)の年にSG戦線復帰なるか注目だ。

その荘林が前回優勝した芦屋競艇場も今日が優勝戦。オール2連対で予選1位ながら昨日の準優で優勝戦1号艇興津藍に4カドから捲られて2着(イン残しでなく捲られ鼎生2周1M逆転)に敗れ4号艇に甘んじた出畑孝典が4カドから12のぶっちぎりトップスタートで捲り圧勝。準優でつまずきながらも艇番を入れ替えた興津藍に借りを返す形で日本財団会長杯争奪に成功した。2着には出畑の捲りに便乗した西村真吾ならぬ本部真吾が入った。

【今日の矢後ちゃん】矢後剛唐津周年記念3日目の今日は2回とも大外発進。3Rは4号艇大外からチルト0度で06トップスタートから捲り差しを決めて今節初白星
後半10Rは3号艇大外からチルト+0.5度で差しを狙うも2連対率23.8%の低勝率機では差し抜けられず3着争いに加わるのがやっと。それでも、山口浩司熊谷直樹とのラストまで続いた3着争いは見応えあった。結果チルト跳ねの分と機力差で5着に競り負けたのは残念や。

矢後ちゃんに便乗したのかどうか分からないが、8R1号艇武田信一展示大外、本番でも大外進入を敢行した。結果はコースと同じ6着。本番でインに入ったのが6号艇上瀧和則(結果は2着)だったりするのが面白い。

【明日の超注目レース】戸田一般戦初日12R戸田選抜が超豪華。最優秀選手を始め4部門の賞を獲得した今村豊を始め6人全員が記念レーサーという超VIP級番組だ。正直明日の唐津全日本王者決定戦4日目のどのレースよりも豪華だ。