今年最初のG1川崎記念は、捲った◎タイムパラドックスと先行したキルトクール2号シーキングザダイヤが直線叩き合い、首差タイムパラドックスが競り勝った。3着には▲ウツミジョーダンが入り、ワイドは的中。
キルトクール1号ダイワエルシエーロは目論見通り6着に鼎世、当日キルトクールしたシーキングザダいやが来てしまったので回収率78.2%orz

川崎記念、今回は入場・売上共好調で入場10533人、売上10億9614万9300円と入場1万、売上10億の壁を突破することに成功した。川崎の昼間開催としては久々の1万人突破で、現地の実際の体感目測入場者数も明らかに去年より多かった。この原因は史上初めてジャパンカップダート勝ち馬が出走したというのは一因だと思う。クラシックホースのダイワエルシエーロも集客に貢献したと思うが、クラシックホースは過去にイシノサンデーが出走済みなので史上初ではない。
レース回顧は地方競馬に行こう!さんが詳しいのです。

【競馬ニュース】G3根岸S出走予定で1番人気確実だったスパイキュール(牡5・10戦7勝、うちダート7戦7勝)が故障の為、同レースを回避。無事に出走してればキルトクールする予定だっただけに鴨が1頭消えて残念だ。

舟券川崎競馬場行く前に、例によって江戸川競艇場へ。江戸川6&7Rと宮島新鋭11&12Rを買いました。宮島11Rしか当たりませんでしたが、本線&結構ついたので+になりました。吉田健太郎さんありがとうございました。

回顧江戸川編=今日の平目】舟券買った6Rは今節横断幕掲出中の東健介が逃げ切り1着。2着には、1Mうまく差した6Rメンバー中唯一のA1三好一が入った。三好は枠番が5号艇だったので軽視したのが舟券の敗因。

平目顔の平尾崇典7R11Rに出走したのだが、舟券買った7Rで3着に鼎如⊇券買わなかった11Rで1着というのはどういうことやねん。
そんな平尾も明日の優勝戦1号艇。何げにインが勝てない江戸川優勝戦、平尾は果たして鬼門を破れるか!?鬼門を破れば自分に10万円チャンスだから是非鬼門を破って欲しい。

回顧宮島編】今日唯一的中した11R龍門トライアル「白虎」は1236/54の進入から、1号艇湯川浩司が逃げて1着。2着には3コースから1M全速外マイ、2Mも全速外マイで三井所尊春を振り切った吉田健太郎、3着はミーショ。

12R龍門トライアル「玄武」は1623/54の進入から、5号艇須藤博倫がカド捲りを決めて1着。2着には2コース差しの菊地孝平、3着には2周1M吉島祥之をつけまいで逆転した森永淳

以上6人と昨日の6人が明日の龍神dreamトライアルに進むのだが、「黄龍」「水龍」の振り分けが完全抽選制の為に非常にわかりずらい。

10Rで珍事。枠なり3vs3で内が遅く外が早いスタート、4カド捲りで先頭に立った荻野裕介が2周BS直線で先頭走って転覆。 慌ててよけた吉田宗弘が、結果うまくよけるのに成功して繰り上がってた。

川崎日記】川崎記念が終わって表彰式を見た後、徹夜明けで3時間程しか寝てなかったのでチッタグループのサウナレックスイン川崎の3時間1050円コースに入浴してきた。系列企業LA CITTADELLAのすぐそばにあるサウナなのだが、チッタの近くにはちょっと歩くものの南町の特殊な風呂もある。まあ、それをいったら競馬場のそばは特殊な風呂だらけだが。ちなみにその手の風呂に行く現金が財布に入ってることはまずなかったりする。

サウナを19時半頃に出て、夜食の為に蒲田で途中下車した。目的地は熟成鶏醤油ラーメン上弦の月だ。昨年の川崎記念の時(2月4日)も上弦の月に行ってたりする。3回目なのだが、前回より50円値上がりしてた。それでもラーメン500円、缶ビール200円は安いが。今日食って、以前食べたときより桜エビなどの和だしの味が表に出てると思った。

下関レディースチャレンジ最終日】G1川崎記念日ということで俄然注目の堀之内紀代子。昨日の準優12R4着に敗れて優出ならなかったので、今日は6R11Rの2回走り。完全枠なり着順で6Rが1号艇1コース1着、11Rが6号艇6コース6着と分かり易い結果だった。尚、11Rでの高橋淳美vs秋葉弘美レディース日記チャレンジは、高橋淳美が2着、秋葉弘美が4着と高橋淳美に軍配。

ついでに優勝戦は1号艇横西奏恵の逃げを2号艇日高逸子が差して、日高逸子が優勝したのだが、この1.2着コンビ、初日シーボー特選と同じ着順だ。3着には四角差しの四角顔、角ひとみ

おつまみ対決!鳥と魚】しぶき杯を争って豪華メンバーによる激戦が繰り広げられた6日間、若松優勝戦は枠なり3vs3から、1号艇「兵庫のTOPレーサー」こと魚谷智之が逃げ切ったかに見えたが、4カド差した「とり貝」こと鳥飼眞がBS差し伸び、2M先マイで1着となり、しぶき杯を獲得した。2着は魚谷。3着は3周BSにて「鳥のケンタ」こと烏野賢太との激しい3着争いを制した「カツの竜田揚げ」こと勝野竜司が入った。と、非常にお腹が鳴る決着となった。

【( ・e・)ガキさん一家】今垣武志光太郎親子は、武志が上記の若松12R2号艇、光太郎が大村12R2号艇と、親子揃って12R2号艇となった。しかし、着順は武志6着、光太郎3着、と親子揃って冴えない結果。

下の時間は携帯から打った速報版の時間です。で、本編完成夜中の3時35分。下ネタ調べてたら時間が掛かってしもうた。