前半の部
戸田シニアvsヤング戦4R加藤峻二北原友次の5期メン同期2名が直接対決。
レースは4コーススロー小林晋が捲って北原を沈め、沈んだ北原は5着。御大は小林の外からつけ回って2着に入った。
続く5Rで、野中和夫待鳥雄紀F。モンスター野中は2本目のFを獲得。

めぐ二郎西村めぐみ多摩川1Rで3コースからを捲りを決めて1着。今日はこの1回のみ。(追記=多摩川ヴァカさんの指摘で気付きましたが実は7Rとの2回走りでした。その7R、2コースから握って流れて3周1M山川美由紀に競り負け4着)
西本二郎びわこ4Rで5コースから、直内にいた中世古充の捲りに便乗しようとするも、3号艇太田克哉に張られて終了。中世古はだが、二郎さんはケツだ。

ラーメン二郎にナルトは無い】名前がひらがなじゃない坂口周(「めぐ」る)鳴門出走中。前半の4Rは4コーススローから差しを決めて1着

以上、本日のエントリー前半の部。

後半の部
関の忠心で、新美愛をさけぶ江戸川競艇場からただいま帰宅。といっても直ぐに新橋へ飲みに行くので、今日の本題だけ更新。

浜名湖賞準優11R、6号艇ながら4コーススローに入った新美恵一。5号艇池上裕次の前付け2コースで深くなった関忠志を捲ると見せかけて捲り差した。かくしてけいいちくん、内2艇の深い進入&3コースの凹みにも恵まれ先頭突き抜け一着太閤賞優勝戦1号艇の進司と合わせてW新美で揃って記念優出成功。舟券は1-6あって6-1ないから1Mで終了!

実は面白いのはここからで、舟券の本線1-4&4-1のセキチューと4号艇村上純の岡山闘争。セキチューはBS2番手だったのだが、2M村上純の突進を貰い後退。その隙を差した今坂勝広が2番手に上がった。
それはどうでもよくて、2周1M先マイしたセキチュー、不自然なターンで、というか曲がって無く、そのまま外の村上純に突進していった。
報復にしか見えん。

【焼酎はサワーか水割りのホワイトリカーが好き】新橋のさくら水産新橋一丁目店(一軒目)、もつ福(二軒目)と飲み食いして、帰宅してGT4やって酔いが醒めたので本題に続いて更新。

【めぐじろう】坂口めぐるの後半レース、鳴門9Rでは樫葉次郎との「めぐじろう」対決が実現。樫葉ジローが2コース捲りで膨れてく中、4コース差しためぐるが2M先マイで抜け出し、何と前半に続く連勝。勝負駆け成功で優出した。

【戸田シニアvsヤング戦】今節台風の目、94期岡崎恭裕は、11R1回走りと、完全に主力の扱いとなった土曜日。
レースは3号艇ながら、大外単騎ガマシで1艇他を圧倒する伸びで一気に捲りきって鮮やかな大外捲りで1着、まさに主催者も認める快進撃。

【江戸川日本写真判定社長杯】10Rから参戦して、2周HS1-3-5体勢で出来上がったと思ったら、2周1M、3号艇深井利寿と、どうでもいい6号艇藤生雄人が接触して1-5-3になりやがった。藤生が不自由な先マイ打つから不快な思いをした。

気が付いたら順当に予選1位だった熊谷直樹が2号艇の11R、熊谷の2コースは余程遅れない限り1M握るので、頭で買う場合1号艇を消しやすいのでいい。ここもイン堂原洋史が凹んだこともあって順当に捲っていった。熊谷は同体でもまず捲る男であるが、こんな楽な捲りなら余裕で1着。10Rの損を補填してくれた。優勝戦は勿論1号艇だクマ(・(ェ)・ )。

双截龍森竜也黒崎竜也兄弟船の如く強力な絆を誇る三重のダブルドラゴンが内を占めた浜名湖賞準優10R、しかし大場か敏が3コースに前付けして勝手に凹み、弟黒崎は今村豊の捲りの犠牲となり、兄森を庇うべく共倒れとなった。弟が捨て身で壁になったこともあって兄は逃げ切り1着。何と優勝戦1号艇だ。ドラゴンに遂に春がやってくるのか!?現実味を帯びてるが余り想像しづらい。
2着は小林一樹飯山晃三が激しく競り合った末、84期新鋭小林一樹が競り勝った。11R以降止まったとはいえ、これで3Rから8本連続2連複1-4決着

11Rは後半の部冒頭で扱ったので省略、準優12R2号艇が捲って濱野谷憲吾を潰し、それを白井英治が捲り差した。1Mは3-2体勢だったのだが、これでは舟券は当たらない。しかしスタート判定中で、結果2号艇は目出度くF。2番手には野長瀬正孝が繰り上がって入り、3-4となったので目出度く的中した。
インの濱野谷(3着)はヒモになることが多いから全幅の信頼が置けない。それで濱野谷のヒモと白井頭を中心に買ったら当たったということ。
でもこの買い方だと、仮に濱野谷が頭だと全然儲からないんですね。

競馬小倉大賞典キルトクールメイショウカイドウ。近況不振にもかかわらずトップハンデ。その上人気が下がらない。絶好の鴨だ。

シルクロードSの◎はトップハンデでもプレシャスカフェ。低レベルの淀短距離Sを使わなかったローテは好感が持てる。相手もCBC賞直行組からだ。

共同通信杯のキルトクールはマルカジーク。未勝利戦2着で1800mの経験があるとはいえ、母方の血統から距離は1ハロン長い印象。今回は少頭数ながら逃げ馬が揃ってサンデーサイレンス産駒が得意とする糞スローの糞瞬発力勝負(先週の東西メインはどちらも時計的には超低レベル)にならなそうなのもマイナス材料。鞍上人気で売れるのもキルトクールの材料。