ラリーズクラブDEスタンプラリー.jpgラリーズクラブDEスタンプラリーの葉書を写真に撮ってみたけど、i-SHOTはサイズが小さい&DoCoMoからの写真(Sサイズ)付き投稿だと全角100字までなのでこまったちゃん。

夜にはここから下に本題が付きます。

で、本題付きました。

【いつでも笑みを!尼崎えみちゃんねるビクトリーチャンネル杯優勝戦
スタートと1マークに愛を込める66期小松原恵美34歳に、出足強烈67期能仁政治34歳が野獣となって襲いかかる。野獣から焦って逃げるような先マイで流れた恵美ターンによって出来た差し場を野獣能仁すかさず差して挿しヌケ!ポールポシジョン恵美の走りが注目されたが同年齢の能仁が濃密な絡みもなくあっさり恵美に挿して優勝。能仁に挿された恵美は準優勝。

結局準優勝だったものの、ビクトリーチャンネル杯なだけあって、「快傑えみちゃんねる」「いつでも笑みを!」な上沼恵美子(競艇番組でお馴染み夢大作の義妹)、ならぬ小松原恵美が関西のTV女王らしい活躍を見せた一節だった。

関東地区選手権
お題に書いたように、今日は江戸川場外だったのです。
で、今日の関地区のお題は3R8Rです。

3Rは、F2で身動きとれず既に来期B級降格内定済み(新期4点台前半、しかも今節を最後に60日お休み)で「まずは無事故完走で」とベタ降りの松本浩貴が大外37の安全スタートから1M遅れマイで他5艇が回った後にただ回っただけなのに引き波に勝手に嵌って転覆。無事故の公約すら達成できずに後半9Rを欠場→帰郷、一足早い60日の春休みに入った。

8Rは、ここまで2連勝で人気を集めた西村勝が1M展開無く3番手、2M流れて4番手、2周1M山田竜一にあしらわれて5番手、2周2M転覆と周回毎に順位を下げて最後は落水というオチを付けてくれた。ヘマチャルは帰らず明日も出走。

【岡本信じるな中国地区選手権
8R2号艇3コースで出走した岡本慎治は、1M捲って流れて振り込んで転覆、そのまま帰郷した。

岡本が帰郷したため5艇で行われたチュウゴク決戦dreamは赤ヘル3コース池本輝明がイン「ミスター赤ヘル」山本浩次をツケマイで沈めて1着。2着争いは、山下和彦が広島ワンツーを目指すべく道中白井英治の全速ツケマイ攻撃を必死でこらえてたが、3周2M遂に白井(本物)の軍門に下ってしまう。サスガ白井(本物)だ。戸田10Rでイン凹んで捲られ5着白井(偽)とは全くモノが違う。

明日9Rに立間夫妻がそろい踏みするが、夫・立間充宏のコメント。「出てますよ。出足がいい。嫁さんがまくってきたら? ふっ飛ばします(笑)」
ついでに同じレースに出走する常に普通な山室展弘さんのコメント。「(2日目)後半はペラを戻した。手応えは普通。スタートは分からん。」


【池田イラネの東海地区選手権
11R2号艇3コースで出走した池田浩二は、33とスタート1艇大きく凹み外3艇に絞られて遅れマイから5号艇堤昇(4着)の引き波に嵌り転覆した。ちなみに明日も走る。

愛知のスーパースター、しかしdream漏れのヒロタカマンに、W新美に、そのW新美の片割れ新美進司&三重のスーパースター、ドラゴン森竜也の先週の記念優勝コンビに、後藤孝義伊藤誠二の今年津で優勝済みコンビと、カナ〜リ濃ゆい面子の12R、結果は14256/3の進入から仲口博崇がイントップスタート押し切って、2着2本続いた後の今節初1着。2着には234コースが喧嘩する中5コース差しを決めたW新美の片割れ新美恵一くんが入った。

ラーメン日記
江戸川場外で関東地区戦前売を購入した後、以前予告したすずらん@渋谷の平打つけそばを遂に食べた。いやあ、実に幅が広い。いままで食べた麺で一番幅が広い。で、食感がいい。つけだれは今回醤油にしたが、やっぱりつけそばには醤油が合う。

WINS渋谷すばるSを購入した後、以前予告した五行@乃木坂の焦がし醤油中華麺を遂に食べた。う〜ん、焦がしラードの味と生姜の味しかしない。焦がし味噌はタレとラードが調和して旨かったが、焦がし醤油はタレの味がラードに負けてる。やっぱり焦がしスープには味噌が合う。

競馬如月賞
キルトクール株式会社ぎゃんぶる室支配人就任記念競走である、きさらぎ賞のキルトクールはレジェンダロッサ。キャリア1戦ながら良血で人気になるが、出遅れた後スピードの違いで2番手に上がって最後は0.4秒ちぎった新馬の内容は一見派手だが、時計が1.37.4と非常に遅く、上がりも35.0とあまり速くない、それでいて出走馬中最速上がりとレースレベルが低かった。いきなり重賞では通用しないと見た。もう1頭、2戦2勝のシンメイレグルスもキルトクール。多分ダート馬でしょう。だけど、原則キルトクールは1頭だから、どっちも買わないけどどっちを優先キルトクールするかというとレジェンダロッサだ。

で、◎はコンゴウリキシオー、○はテイエムヒットベ。前者は前走小倉くすのき賞が0.8秒差の圧勝、後者は近況不振も全2勝が京都1800mで持ち時計(1.47.8)も1位と、今回が絶好の買い時。

【すばるS】◎ヒカリジルコニアが他の馬に関係なく最後の直線走路で故障発生して競走を中止、「左第1指関節脱臼」で予後不良になるという悲惨な結果で外れた上に、今日は競艇も全然当たらなかったのだ。ので、余り予想は好調ではありません。