準優10Rは、伊藤雄二が逃げ切って1着となり、デビュー初記念優出を1号艇で達成成長放牧の成果が遂に出た。同じく初優出がかかってた石渡鉄兵は、捲り体勢から差しに切り替える中途半端なターンで流れる。2着には1M振り込んだ高山秀雄の内を巧く差した平石和男

準優11Rは3コース高橋勲の捲りを意識したイン中澤和志のターンは流れて、2コース秋山直之が2コース差しから一気にまで突き抜ける。山崎義明が2番差しで続いたが、2M中澤が抜いて何とか中澤が2着。

北海の白クマがポールポシジョンに入って注目の準優12Rはイン熊谷直樹は+03トップスタートから逃げ先マイを決め、先頭で1M回りきったところでFコールだクマー。
で、差した濱野谷憲吾が繰り上がって先頭となり、握った西村勝が2番手の展開。しかぁーし!2周1Mいきなり西村振り込んで転覆m9(^Д^)ヘマチャルプギャーーーッ!前節はピンロク、今節はピンか転覆!
で、山田竜一が繰り上がって2着昇格。


東海地区選手権準優
準優10R仲口博崇がイン逃げ成功で1着、地元の意地で4コースに入った6号艇高沖健太が差して2着に入り、地元優出成功を果たしました。

準優11Rは大外単騎ガマシの4号艇渡邉英児が単騎ガマシをフルに生かし絞り捲り。2号艇菊地孝平を絞って菊地をブロックした際に接触、これで菊地は大きな不利を受け、渡邉英児は不良航法を取られた。その渡邉英児は最後の1艇、インの徳増秀樹に張り飛ばされて1M鼎嚢圓辰拭E邉英児を張り飛ばした徳増だが、残してしっかり1着
2着は石田章央

準優12Rは1号艇坪井康晴が渾身の先マイ、1M全速逃げで他艇を圧倒、1Mで大差をつけ圧勝、予選1位にふさわしい走りを見せた。2着は差し順走の堤昇

東海地区戦は全部1号艇が1着だったりします。明日も坪井でしょう。個人的に坪井は吉田海苔オとなんか被る。


中国地区選手権準優〜伝説の大賀バトル
準優10Rは5コースから捲ってきた平尾崇典をイン山下和彦(広島)が張り飛ばしたことで出来た差し場を2コース玄馬徹が差し抜けて1着となった。2着はイン残した山下(広島)では無く、2M差して山下(広島)に並び2周1M牽制気味の先マイで山下(広島)にリヴェンジを果たした平尾。
因みに山下和彦(広島)の次回斡旋は2月23日からの平和島神奈川新聞社賞山下和彦(香川)の次回斡旋は2月22日からの浜名湖日刊スポーツウインターカップ

準優11Rはイン大賀広幸が鬼の04トップスタートからまさにOGRE(=)の走りでイン逃走圧勝。節分の前日が最終日だった前節桐生は準優勝だったが、大賀は鬼なので2月は大賀の月なのだ。あと、2着は超抜モーターを引いた吉岡政浩

準優12R笹川賞ファン投票中間発表6位、3941池田浩二の同期連番3942寺田祥(ファン投票中間発表50位)が2コース白井英治のアシストもあって関忠志の前付けを許さずインコースを確保。
その甲斐あって寺田祥はイン逃げ成功、1着となり、G詰ソ9度目にして初の優勝戦1号艇で遂に記念初優勝のチャンス。
2着は2コース差しの白井英治が続くと見せかけて、白井英治が1M回りきったところで艇がバタつき、その隙をチュウゴクdream覇者池本輝明に差し込まれてしまう。白井英治は結局4着まで落ちてしまった。

今節まさかの不調で予選落ちを喫して今日から1回走り希望の今村豊9Rで2コース捲りから今節初白星。今更な感じは非常に強いけどまあおめ。