今日は牛角で焼肉付き高校野球ドラフト会議の為帰宅が遅くなりましたので、福岡企業杯G3JAL CUP優勝戦の更新が遅れました事をお詫びします。

その福岡JAL CUP、結果今垣光太郎が2号艇ながらイン奪取で5節連続優勝の快挙を達成、早くも来年の平和島総理杯出場権獲得です。笹川賞ファン投票も1位ですし正に今年はここまでガキさんの年です。
2着は4号艇ながら2コースの日高逸子、惜しくも大村企業杯G1JAL女子王座に次ぐJAL企業杯連覇を逃しました。
1号艇ながら3コースで27スタートと、例によって1艇遅れた秋山直之は3周2M、入倉数広(ヘタクソ)に突進されて転覆失格です。この結果、秋山は前節常滑企業杯G3INAX杯争奪とこなめ大賞に続いて優勝戦1号艇で連続転覆失格です。
入倉は何故か妨害失格にならず、3連単5千円台の配当に貢献しています。

で、一言。
「今後もJAL企業杯は必ず女子選手呼べ

鳴門渦の女王決定戦
白うず枠番の阿波国代表新田芳美が、白うず枠番通りのイン戦から08トップSTで押し切り、1Mで決着を付けて白渦の女王に輝いた。2着はBS、2コースから1M水洗差しでキャビったものの持ち堪えた海野ゆかりと大外差しの山川美由紀の争いとなり、2Mでうんのが抜け出した。
尚、もう一人の阿波国代表淺田千亜希は5着。

芦屋スポニチ金杯弥生賞
金杯と弥生賞だなんて、まるで正月と3月が同時にやって来たようなレース名ですが、そのdreamレースは、イン関忠志が08トップSTを決めましたが、3コース川原正明を張りにいった分、2コース亀本勇樹の差しを許し、亀本が1着となりました。
亀にやられたセキチューですが、2周1Mで角谷健吾に競り勝ち、2着に入りました。セキチューに負けた角谷は更に2周2M川原に進路を塞がれ、5着に沈んでいます。これによって3着には伊藤雄二が入りました。

5Rで、加藤峻二が5コース差しで1着を獲得。A2で無ければ笹川賞に投票してた選手の一人なだけに、かえすがえすも2004.5.1〜2004.10.31の集計期間における不調が悔やまれます。

船橋競馬G2ダイオライト記念予想

タイムパラドックス
ヒシアトラス

ついでに16日から始まる常滑中日スポーツ杯争奪ドラゴン大賞の優勝者も予想。
黒崎竜也で間違いない。