ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 きらめきながら水面を駆け抜け、ファンの皆様のハートをがっちりとつかみ、ときめく6選手によるラストバトル芦屋スポニチ杯争奪きらめき・ときめき特選レース優勝戦。頂点に立ち、シリーズを制しまして夢リアあしやで一際輝くのはどの選手か。メンバーは以下の6人です。

1:三嶌誠司 2:東健介 3:向所浩二 4:荒井輝年 5:北川敏弘 6:佐口達也

 初日ドリームレースから欠場の岩崎正哉準優12R4着敗退の渡邉英児が抜け、替わりに北川と佐口が入りました。特に、ミシマ☆ド根性ノ助と健介は枠まで一緒。
となれば、ドリームレースを1号艇で制したミシマさんが芦屋10年のブランクなど微塵も感じさせない堂々の走りっぷりで予選道中を駆け抜けた様に、ここも一際きらめく光を解き放ちイン戦を決めてくれるでしょう。

 ということでレース本番ですが1235/46の進入となり、3コースの向所が09のトップスタートを放ったのに対し、ザ・刈谷のミシマさんはイン17と若干劣勢。しかし、伸び返したミシマさんは1Mを先制。捲り差しを狙った向所はミシマさんの引き波を踏んで間を割れず4コース差しの北川と2番手併走。
かくして、軽快に逃げるミシマさんのお姿はきらめき、見てるファンはときめき。新期香川支部勝率1位のミシマさんが、約10年ぶりとなるゆめりああしやできらめき・ときめきのメモリアルレースを先頭でゴールし、福岡SG全日本選手権出場にまた一歩近づく通算36度目・あしやでは初めての優勝を果たしました。
意外にもこれが今年の初優勝で昨年8月15日の丸亀競走会会長杯争奪サマーチャンピオンレース以来久々の優勝となるミシマさんですが、きらめき高校に伝わる校庭の外れにある古い大きな樹の下でときめく17716人以上のファンから「来年の笹川賞に出て下さい」と一斉に告白を受けるのをこの一節で確信しました。ということで今年は入れなかったけど来年は入れます。

 後続ですが、2Mで内の北川を握って包んだ向所がHS僅かにリードし、2周1Mも全速で回った向所がここで完全に抜け出し、向所が2着・北川が3着になりました。大外から差した佐口が4着で、5カドから捲り差しを狙おうとした荒井は向所に捲られてもたつく健介が壁になって間割れずの5着、2コース13スタートも向所に捲られて正直スマンカッタ健介が6着と、下位はくしくも岡山支部が独占。


 大本命ミシマさん優勝で賑やかに終わりました今シリーズでしたが、予選道中では別の意味で賑やかな出来事がありました。
 2006年6月6日の6R、まさに6rok6さんを記念したこのレースで人気を集めたのは5号艇の荒井輝年。人気対抗格の3号艇岸本隆との岡山ワンツーで2連単約350円(競艇ダメダス.NET参照)、荒井→岸本から1号艇小菅文隆が3着の3連単が約790円と人気は偏り気味。
 ところが、1235/46の進入となった本番で全くの人気薄(頭は全て2連単でも万舟)・6号艇豊村究が大外から1艇飛び抜けた05のトップスタートを放ち一気に捲りきり。
捲りきった豊村が1着で2コース小回り差しの茂垣達也57.5kgが2着、イン残した小菅が3着となって荒井も岸本も吹っ飛んだ結果、2連単はブービー人気の35640円、同じくブービー人気の3連単に至ってはなんとなんと芦屋競艇史上最高配当の30万6270円、売上は17票でした。

山室展弘さん生誕45周年記念】

 1961年6月8日生まれの山室さんは今日が45歳の誕生日、寄るさざなみにも負けずに今後とも活躍を続けて欲しいですね。
 そんな山室さんは今日が2日目となる常滑さざなみ特別に出走中ですが、今日は7R11Rの2回乗り。
 44歳最後の日だった昨日を連勝で飾り、45歳最初のレースとなった7R。ところが、5カド39とスタート凹んだ山室さんは捲ろうとして捲り差しに切り替えようとしてやっぱり間割るのやめて結局外マイというミステリアスな1Mで最後方。最終的には2周2Mで1艇抜きましたが、誕生日の1走目は5着惨敗でした。
 しかし、前半鼎任盡緘彰き返すのが新期勝率1位・17節連続優出中の山室さん。後半11Rでは2コースから差しでしっかり1着を取って節間3勝目を挙げています。

川島正行東京ダービー3連覇ならず】

 昨日の話ですが、NAR限定重賞としては日本一の優勝賞金4500万円を誇る大井東京ダービーは単勝12番人気7190円のビービートルネードが優勝し、川島厩舎のシャイニールックは1番人気に支持されるも4着まで。ここを勝てば平和島東京ダービー3連覇の濱野谷憲吾に肩を並べるところでしたが、及びませんでした。
 勝ったビービートルネードに騎乗していたのは18歳の町田直希。今年の平和島東京ダービーを勝って桐生SGモーターボート記念に推薦された齊藤仁28歳もまだまだフレッシュな選手ですが、18歳の勝利にはただただびっくり。
東京ダービー表彰式