ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 ボートファンの皆様、大変長らくお待たせを致しました。6隻のモーターボートが織りなす水上のドラマ(動画)。熱戦に次ぐ熱戦が相次いでいます今日の江戸川競艇は5日目の水面。

 優出当確の地元B2山田竜一第10R1回乗り。2号艇のドラゴンはインの淺香文武を自慢の竜差しで難なく差しきり1着と3連勝で今シリーズ4勝目をマーク。予選をトップでクリアいたしました。

 予選を2位で通過しましたのは上々の伸び足を生かした地元B1尾形栄治。前半第6R木山和幸の3コース捲りに4カド外マイで続いて2着に入り優出を当確にし、その勢いで後半第12Rは3コースからの捲り差しで先頭に立ちました。
が、イン差されたはずの吉原聖人君子が2M差し返してHSでは舳先を入れて主導権を奪い、「エンジン本体とプロペラとのマッチングは上々とのこと」とのコメント通り吉原がトップクラスの足で2Mで尾形を突き放して逆転。尾形は結局2着で本日は2着2本。
 尾形は前記の様にB1ですが、まがりなりにも昨年のSGスポニチ3本社合併記念住之江選手権動画)をメッカ初優出でいきなり制したSuminoeGradeレーサー。明日はドラゴンと地元ワンツーと決め込みたいところです。

 ということで江戸川ホームの東京在住大阪支部新地雅洋こそ来た新地飛ん田新地を繰り返すピンロク成績で優出を逃しましたが、地元選手が内枠を独占した優勝戦

1:ドラゴン 2:尾形 3:木山和幸 4:吉原の聖人君子 5:濱崎誠 6:金子貴志

 3と4の広島コンビが不気味、特に2日連続優勝の英求を狙う木山は不気味ですが、多分地元の牙城は揺るがないでしょう。

徳山優勝戦

 長州大力のふるさと徳山でホン当のチャンス・略してホンチャンスを生かしたい6人によって争われたレース。
進入は13/2/456となりましたがパワーホール上位のインと3コース以外は39〜69と酷いスタート。そんな中イン27スタートの吉本正昭が3コース27スタート川尻泰輔に抵抗する形で先マイし、川尻の捲り差しはブロックしましたが4カド42スタートから捲り差してきた木山誠一に差されて吉本は2着まで。
優勝した木山は今年初優勝で通算では10回目の優勝です。

【おまけ:浜名湖SGグランドチャンピオン決定戦謝恩TUBEとTUBO】

坪井康晴優勝記念金太の大冒険(swfファイル)

蒲郡G3企業杯S&Bゴールデンカレー杯をカレーに制した濱野谷憲吾グラチャン準優敗退飛びます飛びます記念日本印度化計画