ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 児島G1競艇キングカップに地元の大将格として出場の川崎智幸は目出度く予選を5位で通過し、本日は準優11R2号艇。
そして川崎は2コース差し順走で1号艇イン速攻の菊地孝平に続き、川崎は2着で目出度く優出です。これで年末に向けてベスト12入りが現実味を帯びてきました。
尚、後方を走っていた3号艇は桃太郎ランドのプリンス作間章が2Mで振り込み選手責任のエンスト失格となるアクシデントがありました。

 またこの日、児島競艇場には癒し系のM.安田が来場し、12時14時にショーを行い場内を沸かせたそうです。


 地元からは川崎のみが優出を果たした優勝戦はこんなメンバーに。6人全員が記念タイトル保持者というなかなかのメンバーです。

1:松井繁 2:菊地 3:金子龍介 4:植木通彦 5:川崎 6:坪井康晴

 くしくも1号艇と6号艇が先日の福岡SG全日本選手権と全く一緒になりました。果たして競艇ダービーと同じ結果になるのでしょうか。それでも優勝戦はマヨわず、カワサキ!


 ところで、今日から2名の追配が入ってます。内訳は、苦節21年遂に記念初出走の地元中西長松とスパーキング川崎に対するトゥインクル大井こと大井崇夫です。児島の地で川崎と大井が揃い踏み!でも大井は舟券に絡めず、中西長松のG1水神祭もなりませんでした。

【明日はG1三国モーターボート大賞優勝戦

 競艇キングカップと同一日程で開催された今シリーズのファイナルはこんなメンバー。

1:魚谷智之 2:辻栄蔵 3:今垣光太郎 4:濱野谷憲吾 5:今村豊 6:上平真二
 
 先日兵庫支部にSGタイトルをもたらしたぴちぴちの魚谷が白魚で登場するのを始め、内枠5人が全てSGタイトル保持者という豪華版な番組に。精鋭5人の攻防から目が離せませんね。 明日は2つのG1の他にも8つの優勝戦があり、平日ながら優勝戦尽くしの1日となっております。