ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 福岡競艇2006年最後のシリーズ歳末特選レースは2日目の競走水面。日頃のファンの皆様へ感謝の気持ち、ありがとうを込めまして2日目のメイン12Rはサンキュー対決。
博多といえば小畑ということで得意水面の福岡でオール2連対と好調なイーグル会長小畑実成39歳が1号艇で人気の中心でしたが、同じくオール2連対だった5コース08スタートの林明治39歳が一気の捲りで内を呑み込み1着。大外の竹上真司39歳も08スタートでしたが、竹上の捲り差しは2コースにいた池本輝明39歳のカマを掘ってしまい失敗(動画)。これにめぐ麻Re:たか小畑が立て直しに成功し2着なり。カマ掘られてじょそうが付いた池本が3着よ★
ちなみに、このサンキュー対決には地元が2名出走していましたが三号艇三コースの三三七三拍子黒瀬三幸39歳は4着、SGV2で実績最上位ながら今節4.6.4着といいところない田頭実39歳は4カド進入も明治に直で捲られたのが響き、ここもいいところなく5着でした。

尼崎サンテレビ杯争奪歳忘れ今年もありがとう競走開催中】

 独立UHFの雄サンテレビ杯を争奪する年末レースですが、正月レースが無いセンタープールでは地元勢集結の実質正月レースでもある名物レースは今日で3日目を迎えております。
 初日に行われたサンテレビ選抜戦は1号艇勝野竜司がドラゴンパワーシフトでギアをトップに入れイン戦押し切り1着となりましたが、このレースの5号艇松本勝也が3艇併走の2着争いから2Mで内の6号艇茶谷信次を締め込もうとしたところ振り込んでしまい、松本の外側にいた2号艇安田政彦を巻き込み転覆(動画)であります。
 妨害失格となった松本は2日目の11Rで3コース差しから2番手も、2Mで2号艇吉川喜継に差され3番手に下がり、更には3周1Mで6号艇白石健に捲られ4着に終わり、このレースを最後に負傷帰郷し2006年の全レースを終えました。
 そんな失意の松本勝也、年男となる2007年最初のレースは今年に続いて多摩川新春特別かどまつ賞。優勝戦1号艇で敗れた今年のリベンジを果たしたいところですが、地元有力選手に混じってファン投票6位でファン選抜ドリーム戦に選ばれまして2007年は幸先よさそうです。

 と、昨日帰郷した松本勝也の話題を延々と続けましたが、今日の注目カード10Rはポールポシジョンながら少々人気薄の渡三紀艇が4コースから仕掛ける勝野竜司も2コースから差し込む鎌田義もがっちり受け止める堂々たるイン戦でシリーズ初1着です。以上でございます。

若松JLC杯争奪クリスマスナイター開催中でチュウ】

 今日が3日目のクリスマスナイター。シリーズをリードするのは2日目までオール2連対の平田忠則になるはずでしたが、なんとなんとヒラチュウは2日目を走り終わって今日の番組が発表されたところで腰痛(ヘルニアの疑い)を発症。本日の9R12Rを欠場し帰郷、2006年最後を不本意な形で終えてしまいました。2007年の走り初めは2日からの福岡新春開運特選レースですが腰の状態が懸念されます。
 
 明日の準優1号艇は準優9Rが元福岡で現岡山の寺田千恵(写真未更新)、準優10R大阪府立豊島高校バドミントン部の星丸岡正典準優11Rが岡山の片山晃です。