ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 人機一体となりました各レーサーがアグレッシブなレースを展開しています江戸川関東日刊紙競艇記者クラブ杯最終日の水面上は連日の激戦を勝ち抜いてきました6精鋭が一斉にピットを飛び出してきました。優勝戦の開始です。
1号艇にはウリ年の今年に2003年11月のG1モーターボート大賞以来の江戸川参戦となったSG常連のG1ウイナー瓜生正義が乗っています。
熱い視線が注がれますウリ坊はイン16トップスタート速攻戦と行きたかったのですが、大村G1競艇名人戦出場を決めたSGウイナー新良一規が4カド捲り差しでぐいぐい伸びてウリ坊に迫り2Mを先マイ。
ですが、すかさずウリ坊が差しのハンドルを入れて新良の内に斬り込み単独先頭。
1号艇の瓜生正義、今節は大いに期待されました。その期待通りの戦いを見せましたのがこの人1号艇瓜生正義です。SGの常連として活躍が続いている1号艇の瓜生。久々の当地参加ではありますが確実なハンドルワーク、そして卓越したレースセンスを見せまして一気にリードを取りました。1Mからバックストレート。完全に独走体勢1号艇の瓜生正義です。白い勝負服が先頭をキープ。いよいよラストのターンマークを迎えるところ。1号艇瓜生先頭、2番手を確保4号艇の新良。ベテランらしいしぶとい走りを見せてくれました4号艇新良は2番手。ラストのターンマークを折り返しました。優勝は新…らを抑えました瓜生正義。先頭で1番の瓜生、今優勝のゴールイン。(動画
 ということで優勝は1M新良に差されるも2M差し返したウリ坊でした。通算では25回目の優勝ですが江戸川は初。2着には新良、3着には1979年2月1日生まれの原田秀弥が入線しています。

 さて、ウリ年に江戸川初優勝を飾ったウリ坊ですが、日曜のエントリーで書いたとおりウリ坊は2001年7月の当地東京スポーツ杯で優勝戦1号艇だったのですが、7月11日が第2Rで打ち切り、翌7月12日が中止。そして7月13日も中止で遂に開催打ち切りという悲惨な出来事がありました。
この件に関しては「前回は中止になっちゃいましたからね。」とのコメントが東京スポーツ紙上に掲載される程気にしていたようで、約5年半に渡る積年の鬱憤を遂に晴らした形になりました。

 最後に、最終日の利用が27492名、売上が3億2262万7300円を数えました事と山梨99期小林泰が今シリーズオール6コースだった事を書いておきます。

三国きさらぎ第1戦初日

 今日から2月。立春、節分と春に向けて時は流れておりますが現実は寒さ厳しい中始まりましたきさらぎ第1戦。42名が三国プールに集結しております。盛り上げムードにホットな話題と期待を寄せてどうぞシリーズ通してお楽しみ下さいませ(動画)。それでは初日の攻防です。おはよう特賞第1R。人気は一番人気に推されました。この人気の上にFマークが付いてプレッシャーとの戦いともなった1号艇宮地秀祈にとっては外からスタート一撃が出ない事を祈るばかり。1秒前、スタート致しました!4カドからトップスタートの秋山基裕が捲って参りますがスタートは24で、イン26の宮地には許容範囲のスタート一撃。ならば人気に応えて貰いましょうということで捲りをこらえきって1着のゴールイン。

 気を抜かず、手を抜かず。緊張感一杯で進める初日の攻防。終盤戦は特選第11Rを迎えています。1号艇の阿波勝哉、大きく旋回の輪を描きまして戦いの場所6コースへと向かって行きます。スタートしました。最アウトからトップスタート(01)決めております阿波(F2)が4カド09スタート枝尾賢第7Rで通算200勝達成)の先捲りを使っての捲り差しで先頭。
阿波は鳴門の四国地区選手権(主な出場選手:エビちゃんもびっくりのネコ耳ファッションリーダー池千夏)開催初日に阿波がドッキリスタートで1着のゴールイン。

 きさらぎ第1戦、予選初日の戦いはラストカード。水上はメインの三国選抜第12Rです(動画)。6号艇の宮地が回り込んで来ますが1号艇水上浩充福井支部長が枠を主張してインコースから16234/5の順です。スタートしました。3コースから効果絶大04トップスタートを放った江夏満が捲りで内2艇を潰しますが、この展開を突いて4コースから捲り差しを決めた峰竜太1着でゴールイン。2着に江夏、3着に森永淳でここは大村G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦出場組が上位を独占しています。以上でございました。

芦屋ボートピア勝山オープン13周年記念優勝戦

 優勝の行方をリング3本に賭けた3号艇松江秀徳が3コースから捲るも1号艇白水勝也には全く届かず、白水が堂々押し切るイン逃走劇を披露しまして芦屋2回目・通算19回目の優勝となりました。
2コース順走はエースモーターパワーギンギン芝田浩治の内を6コースから捲り差した後藤博が2番手でしたが、2Mで後藤浩を差した芝田博治もとい後藤博を差した芝田浩治がHS舳先をねじ込み2周1M先マイで逆転2着となっています。そして後藤は2周2Mで松江にも抜かれて4着。

 ちなみにボートピア勝山福岡県京都郡みやこ町勝山松田にあるボートピアです。