ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日唯一の準優勝戦が行われた唐津GW特選西部日刊スポーツ発刊30周年記念は5月5日に5日目。その一般戦5Rは準優組4人と敗者組2人で争われ、5号艇樋口亮が4カド捲り差しで爽快に突き抜け、5月5日5日目5R5号艇で1着になりました。

 独特のアクセントが耳に心地よいベテラン女性実況が担当した準優3個レース、先ずは1つ目の準優10R。10トップスタートを放った4号艇草場康幸の4カド捲りに1号艇長溝一生がインから一生懸命抵抗する間に草場の陰でマークしてた5号艇吉田光が5コース捲り差しで飛んできますが、バウンドしてしまい脱落(動画)。
 この間に2号艇樋口の2コース差しが決まって5日5日5日目5R5号艇に続く1着となりました。草場を張った長溝が2M一生懸命差し捌いて2着です。

 準優11Rは1号艇上瀧和則がインから押し切り1着、2号艇三井所尊春が2コース順走で2着と2連単1番人気300円の順当な結果に。

 準優12Rはシリーズリーダーの1号艇森永淳がインから押し切り1着、2号艇深川真二が2コース順走で2着と、こちらも2連単1番人気で決まりました。しかも2連単180円と超本命配当が出ております。
 森永は今節初戦の初日6Rで4コース戦を直内二号艇三コース男中村二三男に張られ森永おっとっとと4着に敗れた以外はオール2連対ですが、森永が飛んだそのレースを2コース捲りで制したのは皮肉にも林明治です。


 ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会の対象レースでもある優勝戦の枠番です。準優に続いて森永が白いエンゼルばい。

1:森永 2:樋口 3:上瀧 4:長溝 5:ミーショ 6:深川

 ゴールデンウィーク特選とあって長崎の樋口以外は全て佐賀県民で占められました。その樋口と上瀧の枠順が予選順位と逆になったのは、上瀧が前半6Rで2艇に差されイン戦失敗の3着に敗れて本日連勝の樋口と得点率が入れ替わったのでしょう。今節オールインの上瀧が2号艇だったら枠なりに折り合う可能性もありましたが、3号艇だとインを奪いそうですね。
 とはいえ、内枠1号2号は淳と亮のロンドンブーツコンビ。たとえ上瀧がインを奪おうともどちらかが優勝するはずです。

浜名湖中日新聞東海本社杯5日目

 から津と同様5日目ながら、こちらは7日間開催の為に今日までが予選。新人さんが実況した5Rは2コースに入った5号艇服部幸男先生が捲り先制を決め、5月5日5日目5R5号艇で1着。この勢いで2号艇の後半11Rも2コース捲り先制1着の服部先生。ベストを尽くして予選1位通過を果たし明日は準優12R1号艇です。

日本放送協会哩杯キルトクール】

 あかねの季節にはもう数ヶ月早いですが、球界No.1の競艇通でもある大沢啓二親分とコウカではなくエナツと読む優勝請負人江夏豊がプレゼンターで登場する東京G1NHKマイルカップのキルトクールは中山G2ニュージーランドトロフィー6着敗退のシャドウストライプ。府中嫌いの産駒が多いサクラバクシンオー産駒な上にダート馬。更に言えばNHKMC過去11回の歴史で1600m以上未連対馬及び未経験馬の2連対は一度も無しと勝つ要素皆無。それなのに上がり最速理論信奉者と安藤勝己ファンのおかげでそこそこ人気になりそうなので自信のキルトクール。
ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会


Tokyo bay pirates

 立夏の5月6日に佐山夏子キャスター司会のTokyo bay pirates結成記念イベント。 出場予定選手は濱野谷憲吾中野次郎作間章阿波勝哉角谷健吾熊谷直樹山田竜一蜷川哲平の8人。次いでイベントのスケジュールは
4R発売中:メンバー紹介
6R発売中:ユニフォーム紹介&トークショー
7R発売中:オリジナルステッカープレゼント公開抽選
8R発売中:さくまあきらトークショー
9R発売中:オリジナルステッカープレゼント

 サクマ式トークショーのみが指定席特設ブースで、そのほかのイベントはイベント広場で行われます。ちなみに平和島は指定席でしか競馬中継が見られないのです。

 ところで、今節京浜急行社長杯の宣伝広告にはTokyo bay piratesの一員にして2006年東京ダービー齊藤仁の写真が使われているとお伝えしておきます。齊藤仁は7R6号艇と11R1号艇で登場です。
京急社長杯看板選手の齊藤仁