ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 10月3日から8日まで開催される平和島SG全日本選手権ドリーム戦メンバーがやっと発表されました。メンバーは以下の6人です。

1:魚谷智之(兵庫)
2:服部幸男(静岡)
3:渡邉英児(静岡)
4:菊地孝平(静岡)
5:金子良昭(静岡)
6:瓜生正義(福岡)


 なかなか発表されなかったので勝率基準で選出されるのか不安でしたが、結果は内枠5人が勝率上位で6号艇が施行者推薦という例年の全日本選手権と同じ選出基準。静岡祭りを恐れるあまり変に地域性を重視して成績を無視した選出にならずほっとしました。ただ、住所を見ると白魚だけ岡が付かない県民というのが気になりますね。

 ちなみに今夜は東武百貨店池袋店にオープンしたニューウェーブ九州ラーメン龍の家に行ってきました。一見競艇と何の関係も無いようですが、実は開店を知ったきっかけがKYOTEIブログ〜理彩日和「只今お江戸4日目」でのお店紹介だったのです。

尼崎デイリースポーツ杯争奪琴浦賞競走優勝戦

 ごくごく自然体な当たり前の走りがプライスレスな感動をもたらします。永遠不滅の競艇スタンダード1号艇の今村豊が2コース2号艇西田靖の気負った捲りを軽くあしらい、9戦8勝2着1回の準パーフェクト。今年3回目、尼崎では約15年ぶり、そして通算では何と110回目の優勝であります。「あまりにも期待が大きすぎて、心臓が破裂しそうでした。」という緊張からかスタートは20とやや遅めでありましたが、15トップスタートの西田が中途半端な捲りを打ったのに対し、伸び返しから冷静に頼もしく回った今村豊のプリンスロードはさすがV110の貫禄です。
 秋は星野の季節ですが、星野はセンタープールで星を量産する苗字であります。ということで4カドから差し込んだ4号艇星野太郎が2着であります。

三国ながつき第3戦初日

 ながつき第3戦。4日間決戦で挑む攻防は初日を迎えています。先ずは予選突破を狙い瞬間沸騰の水上戦にどうぞご期待くださいませ☆また今節はG1競帝王決定戦の併用発売も行っております。お楽しみがあっちこっち倍増の三国競艇で1日ごゆっくりとお過ごし下さいませ。それでは三国プールのオープニングはおはよう特賞第1Rです(動画)。インから162/453の順です。1秒前、スタートしました。逃げる1号艇今井貴士に対し、大外から捲り差した3号艇濱本優一が舳先を掛けて併走へと持ち込みまして、2Mを先に回った濱本が先頭。ですが、シード選手の意地で食らいつく今井が2周2Mでつけまいを決め遂に逆転。そして3周1Mでダメ押しのつけまいで濱本を突き放しトップでゴールイン。G3芦屋モーターボート大賞トライアル1R特賞モーニングV戦でFを切った借りを抜きでの辛勝とはいえ返しました。
 艇界の翼くんである今井貴士は94期生ですが、昨年9月の児島G3企業杯下電カップでライバルにして最大の相棒でもある1号艇滝沢芳行を負かしてのデビュー初優勝を飾り、現在ではA1級となっております。

G3江戸川モーターボート大賞トライアル2日目

 11Rが始まりました。1号艇中辻博訓が3号艇平本真之の捲りをこらえきり、2M全速ぶん回した平本が大きく流れて勝負有りの1着となりましたが、捲りが流れて大きく後退した平本は最後にこっそり選手責任の転覆です。

 比較的淡々としてた2日目ですが、3日目第3Rで1号艇松井賢治と5号艇岩井繁の王者対決。これには(0゜・∀・)ワクワクテカテカですね。