ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 「ファンの皆様、朝早くからのご来場誠にありがとうございます。今日から始まりました4日間の短期決戦。どうぞ最終日最終レースまでごゆっくりお楽しみください。先ずは今日のオープニングレース第1Rは一般戦です。(動画」と、江戸川では耳慣れない実況(おそらく多摩川の新鋭実況アナ(動画))で始まった江戸川一般競走初日。ということで、ベイ吉アナのお伝え(10月30日のコメント欄参照)通りアグレッシブアナが引退して今シリーズから新しい実況アナが登場。ツーサイクルエンジンのエキゾーストノートが鳴り響きます競走水面で人機一体となった各レーサーにより激しい攻防が相次いでおります江戸川競艇を盛り上げたアグレッシブおじさん長い間お疲れ様でした。
 その江戸川競艇で前節から登場し、早くも話題の的となっているのが外れ舟券を食べるDREAM GOAT。当blogでは先週土曜日以降たびたびヤギさんの写真を貼っていますが、今日はプロフィールを撮影してきたのでこちらも載せます。
はずれ舟券を食べるDREAM GOATこのヤギはハズレ投票券を食べます!

 競走水面、上空からやわらかな日差しが注いできました。開催初日前半最後のカード第6R一般戦です。このレース1回乗りの3号艇寺田千恵が果敢につけ回るも、1号艇は長崎の中堅川上昇平がこれを振りきり1着。その川上、6号艇の後半第10Rも11トップスタートから大外をものともしない絞り捲りで1着と初日連勝。足の方は今シリーズのドン川上といったところでしょうか。

 第8Rが始まりました。6号艇ながら他の5人とはあまりにも勝率が違いすぎる人気の中心白井英治は24のトップスタートも、直内の5号艇渋田治代が抵抗して先に捲り差し。渋田に抵抗され捲り差しのタイミングがワンテンポ遅れた白井は渋田、1号艇今泉徹に続く3番手。ピンチの白井は2Mで内に潜り込みますが、渋田に包まれ空振り。しかも出口でキャビテーションを起こしてしまい、今泉にも捌かれ3着に終わりました。ちなみにこの外れ舟券はヤギのえさではなく優勝者当てクイズに使いました。

 第9Rが始まりました。3号艇渡辺千草が24のトップスタートから艇を伸ばし、捲られまいと1号艇浅見宗孝は艇を伸ばし1Mを先制しますが大きく流れて5番手。そして人気対抗格の4号艇角浜修は37の最下位スタートで差し場無く最後方と人気の2艇は下位を独占。
 そして先頭にも異変があり、差し伸びて2番手の6号艇竹内好一が2Mで渡辺千草を差してHSボートを併せ、2周1Mを先制して逆転1着ゴール。2連単16890円3連単114470円の腰が抜けるような配当が飛び出しました。尚、浅見は2周1M振り込んでターンマークに接触し選手責任転覆です(動画)。

 11Rが始まりました。2004年8月一般競走(優出2着)以来の当地参戦となりました3号艇島川光男が捲り差しで先頭に立ち、差し伸びてきた4号艇鈴木茂高を2Mで行かせて差しきり2004年8月26日以来となる江戸川での1着ゴール。4号艇の前半第6Rは仕掛け遅れて5着大敗でしたミツオ、2走目で軌道修正に成功いたしました。

 初日最後のファンファーレが鳴り響きました。江戸川選抜の12R対戦6選手の登場です。3号艇濱村芳宏が飛び出していきますが、内2艇の仕掛けが早く濱村は2番差しの3番手追走。そして+01のフライングで1396万5100円の返還を提供しました。
 尚、上位はF艇の動向に関係なくイン先行の1号艇白井英治が1着で順走の2号艇荘林幸輝が2着でした。

尼崎市長杯争奪尼崎チャレンジ競走優勝戦

 全国の市長の中でもトップクラスの知名度を誇る白井文市長を擁する尼崎市。そんな白井文尼崎市長杯争奪尼崎チャレンジ競走は1号艇鎌田義がインから押し切り5月江戸川東京中日スポーツ杯以来となる今年2回目、通算23回目の優勝。1月のG1近松賞以来となる地元戦を鍛え直した肉体と精度を高めたペラ調整、そして何よりも一段と深まりました競艇への愛と情熱(動画)で凱旋Vを飾ったカマギーは29日からのG1尼崎モーターボート大賞にも登場しますが、表彰式では「賞金王シリーズに出るので年末の歳忘れ今年もありがとう競走に出られません。」と宣言しました。現在賞金ランキングは70位台で浜名湖SG競艇王チャレンジカップには出られませんので、10日からのG1江戸川モーターボート大賞で福岡行きを狙います。
 後続は2コース順走の2号艇堤昇が2着、3コース捲り差しの3号艇高濱芳久が3着であります。これによる3連単の配当は590円の一番人気であります。

 ちなみに白井と文の間に弘を入れると白井弘文(山口県)になります。以上でございます。

三国しもつき第1戦3日目

 日ごと寒さを感じる一方で熱い戦いが繰り広げられる水上。しもつき第1戦は3日目の攻防を迎えています。今日終盤では予選勝ち上がった12名がファイナルへのステップ、カニ坊準優戦で対戦。シリーズの行方カギとなる攻防戦にどうぞご期待下さいまして今日も最後まで1日ごゆっくりとお楽しみ下さいませ。それではオープニングのおはよう特賞第1Rです(動画)。インから12345/6の順です、スタートしました。1号艇岡瀬正人が15トップスタートからの速攻で逃げ切り、1号艇の仕事をきっちりと果たしトップでゴールイン。捲り差した4号艇乙津康志が2着でゴールインして2連単190円3連単450円の一番人気決着です。

 今垣の独り舞台。そうはさせないと星野が、密かに野望を抱く寺嶋と3名の動きが目立ったしもつき第1戦の予選でした。その3名を含む12名でこれよりカニ坊準優2本の開始です。先ずは第11R。インから126/354の順です。1秒前、スタートいたしました。カド捲りの3号艇織田猛と1号艇星野政彦が喧嘩しあう展開となり、両者共に芦原温泉方面へ。その展開を突いて捲り差しを入れた5号艇木下繁美トップでゴールイン。冷静に小回りで踏ん張った2号艇寺嶋雄が2着でゴールイン。捲り差しの4号艇中尾誠が3着でゴールイン。人気薄の繁美がトップでゴールインした結果、単勝8770円2連単20400円3連単158170円の大波乱です。

 2本目のカニ坊準優勝戦第12Rは今年地元は今シーズンが最後。熱い姿見せたいと水上からメッセージ発信(動画)です今垣光太郎が1号艇。インから1234/56の順です。1秒前、スタートいたしました。2号艇前田光昭が07トップスタートで18スタートのガッキーはスリット劣勢も、すんなり伸び返して1Mを先制しトップでゴールイン。明日は白い勝負服が待っています。
 後続はすんなり順走の前田太尊が2着でゴールインしましたが3着は大激戦。握った3号艇山谷央と差した6号艇平池仁志で3番手併走し、直後には差した4号艇の沖口幸栄と外マイの5号艇の村田瑞穂が追走。2Mは平池が先に回り、山谷は差しを狙いますが、山谷の内を突いた沖口と接触して山谷は後退し、3番手は平池と沖口の併走に。2周1Mは内を突いたムラミーを包みきった沖口が先に回り、平池は流れて一歩後退。ですが、2周2M突っ込んできたムラミーを締めてかわした沖口は流れてしまい、そこに平池の差しが入り再び2艇併走に。そして3周1M内からしっかり回った平池に対し外の沖口は流れて勝負あり。優出最後の切符は平池が手にしました。


 優勝戦の枠番はこうなりました。

1:ガッキー 2:繁美 3:寺嶋ゆう 4:タイソン 5:マック中尾 6:元新鋭チャンプ

 当日はガッキー優出を見越して6R発売中に優出者インタビュー、それに加え8R発売中には101期新人選手紹介として土山卓也(坂井市三国町)と藤堂里香(大野市)のお披露目を実施。ちなみに三国競艇HPではB1級斡旋新人である土山卓也インタビューが公開されており、98期中途退学後に出直し入学した経緯や、師匠武田光史の事が語られています。

【日曜競馬キルトクール】

 東京G2アルゼンチン共和国杯のキルトクールはカゼノコウテイ。何故なら、風の皇帝の母シンウインドは重賞2勝の名牝も、勝ち鞍は1988年京都G2スワンステークスと1990年東京G2京王杯スプリングカップで共に1400m。2500mの距離は長いかと思われます。

 ⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーンとvipperエイムアットビップ(白井最強馬アグネスデジタル産駒のデジッ娘)が前売1番人気な京都G3KBS京都賞ファンタジーステークスのキルトクールは前売3番人気ドリームローズKBS京都賞でドリーム競馬を連想させる馬が勝つのはどうかというのと、新馬戦が最後方直線一気だったとはいっても展開が前崩れで上がりタイム35.0秒と平凡だった事からレベルも疑問。