ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日から児島競艇場で始まったSG総理大臣杯。自分も参加してるSG予想大会K-BATTLEも初日を迎えました。2日目はが・あこ、おつかにのNADESHIKO都築あこ(愛知)がトークショーとガァ〜コの部屋一日店長を務めますが、初日の3RはNAZOSHIKO都築正治(愛知)が1号艇を務めました。都築正治は124/563のインから6号艇森竜也の捲りに突っ張って1Mを先制しますがあっ、この展開を突いての捲り差しを入れた3号艇平田忠則に差され2着と、白星を飾ることが出来ませんでした。尚、6号艇の後半9Rはカド受け5コースから内の抵抗を受けながらも果敢に捲って3着と、得点率の方は7.00と順調な都築正治です。
 ちなみに3Rの2号艇平尾崇典はひらたただのりに捲られた内で小回り残そうとするもターンマークにボーンと激突し転覆(動画)。28ネコスタートの5号艇秋山直之が乗り上げ落水、4号艇大場敏も完走こそしたものの乗り上げて大きく置かれる結果になった結果ひらおたかのりは妨害失格と、ひら○た○のり対決は大きく明暗を分けてしまいました。
 ひらおたかのりは地元のプリンスとして選手宣誓を行い、選手代表森秋光共々スペシャルゲストの川村ゆきえから花束を貰うという役得もありましたが、レースの方は初戦にして終戦という最悪な結果に終わってしまいました。

 8Rは12354/6の進入から3号艇服部幸男先生が捲り差しで1着になりましたが、後方では3周1M出口で4番手ターンの2号艇村田修次を5号艇重成一人が差しに行ったところ両者接触して一人が責任転覆、ムラッシュがエンスト失格(動画)。

 最後に、さながら近畿地区選手権となったドリーム戦は枠なり3vs3から1号艇魚谷智之が4号艇松井繁の差しを振りきり1着

住之江のどか弥生競走優勝戦
 
 1246/35の進入から地元期待の1号艇石野貴之が14トップスタートの速攻戦で住之江7回目の優出にしてV2、通算では7回目の優勝。予選道中5戦全勝のシリーズリーダーながら準優12R2着で4号艇になった鎌田義が捲り差しで2着。

 ここで住之江競艇場内ミニFM放送終了のお知らせ。本日をもちましてミニFM放送は終了となり、「インターネット放送」内でのFM放送の配信も終了。本日は仕事なので聴けませんでしたが、出走表によると最終日は露の慎悟&常松拓支元選手のコンビでした。長い間お疲れ様でした。
 なお、4月1日(G3企業杯アサヒビールカップ初日)からは、住之江競艇場内において「公開FMアクアライブステーション」をオープンするそうです。

グランプリファイナル戦 津市長賞優勝戦

 津商工会議所杯と名産松阪肉 朝日屋の特選松阪肉を懸けて争われたTSUグランプリファイナル戦は枠なり3vs3から3号艇福田雅一が19と凹んだ展開も利して4号艇守田俊介が0台スタートの内2艇相手に一気のカド捲り。これが見事決まった守田が今年3回目・通算42回目の優勝
 後続は1M差し届かず4番手だった6号艇吉永則雄が2M一気に艇を伸ばし先行したのが功を奏し2番手争いに浮上。写真は笑顔満点、今節エンジン100点満点の5号艇桐本康臣(三重)は1M捲り差しで2番手だったものの2Mのりおに先行され、2M差した福田にも内に入られ3艇接戦に持ち込まれ苦戦。それでも桐本は2周1M福田を力技で包みきりますが、そこをのりおに差されて勝負あり。かくして守田→のりお→桐本と外枠3艇で決まった結果2連単10950円3連単39950円の波乱に。