ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 唐津競艇4日間の一般競走は3日目12R直前まで松本勝也廣瀬将亨の兵庫コンビが共に5戦全勝でベリーグーグーグーな成績。
 そして優出枠を巡る最後の一戦になった12Rで2号艇かつや、6号艇ピロセの全勝対決が。レースは1236/45の進入からかつやが1号艇桂林寛を差して先陣を争い、併走の桂林選手が+01のFに散ってかつやが6連勝を飾ったのに対し、ピロセは3号艇大澤大夢が壁になって仕掛けられず4着に敗れてくっきり明暗。

 かくして優勝戦は完全V王手のかつやが1号艇、直接対決で敗れたピロセが2号艇となり、完全V目前のかつやは枠なり3vs3のインから直外のピロセと共に19トップタイスタートを決めますが、逃げ込み図るかつやに対しピロセの差しがいい角度で入り、かつやを捕らえきったピロセが2Mを先行してかつやへのリヴェンジかなえ、今年2回目・通算5回目にして唐津初優勝で今節の将に。ちなみに唐津にあるラーメン屋はリッチーブラックモア率いるレインボーを敬愛する様式美麺れいんぼ〜ですが、BURRN!編集長はレインボーを敬愛する広瀬和生です。
 完全Vならずのかつやは2着で、3着は1M外マイの3号艇大神康司と1M2番差しの4号艇大澤普司の大○○司コンビで接戦になり、2M外全速の大神に対し内小回りの大澤普司はややもたつき気味な上に5号艇の紅一点大瀧明日香(当地約4年ぶりながら大健闘)と接触して勝負がつき、G.O大神がF1L1の足かせを克服して3着。ちなみにかつや&ピロセの兵庫コンビとG.O大神は29日から丸亀G3企業杯JR四国ワープ杯で再戦です。11月2日の準優勝戦は自分も見に行きます。

 ところで、ここ最近の唐津競艇は18日の前節一般競走が兵庫の勝野竜司で、前々節一般競走こそ福岡のぴろしこと伊藤宏も、先月26日の名物レースG3企業杯酒の聚楽太閤杯が兵庫の吉川元浩、更にその前先月11日の西日本スポーツ杯が兵庫の山本隆幸と、ここ5節中4節が兵庫支部。となれば26日から始まる10月一般競走第4弾が気になるところですが、兵庫支部からは88期チャンプ松下直也と大阪在住兵庫支部の照屋厚仁が参戦。2人共デビュー初Vを狙っての唐津参戦となります。

 ところで、今節はまつもとかつやからつで完全Vなるかに注目が集まりましたが、からつ競艇では九州スポーツ杯最終日の来月16日に阿波勝哉トークショー&ツーショットポラロイド撮影会を実施。
 あわかつやは大村JLC杯オラレ島原開設記念競走4日目10Rでのもつれ合い(動画)による負傷帰郷後、児島G1競艇キングカップを負傷癒えずに斡旋辞退して、そのまま来月末までF休みに入ってますがF明け初戦は来月30日から当地一般競走と、11月はトークショーとレースで2度からつに登場です。


 さて、あわかつやと言えばミスターチルト+3度。平和島競艇HPの特集 チルト3度では実況のベイ吉アナこと松永良一アナとも対談しましたが、今夜23時からはそのベイ吉アナを特集したJLCで30分番組「艇声人語#5」の初回放送。G1平和島ダイヤモンドカップ2日目7月13日にJLC NEWS内で放送された約15分のバージョンが編集バージョンとするなら、今夜のバージョンはフルバージョンに相当する内容でした。
 ここで今夜の中から、7月に紹介したのと被らない部分をお伝えしておきます。矢沢永吉と同じくらい長渕剛が好きなベイ吉アナの髪型は長渕を意識したものだそうですが、その髪型にした際に周りからジャンボ尾崎佐々木健介みたいと言われた話や、ベイ吉というあだ名はもともと実況担当というあだ名だったのが、どうやら掲示板に矢沢ベイ吉と書き込んだのがきっかけらしいという話があった事をお伝えしておきます。
 今月は初回放送の他に380chで24日9時、30日23時、31日9時、381chで24日2時と6時と21時、25日22時半、26日22時、29日4時半(2時半から始まる艇声人語一挙放送の最後)、30日17時、31日6時と21時、382chで29日17時と沢山放送されますので、初回放送見逃しても大丈夫とお伝えしておきます。