ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
大阪王将名物餃子のオブジェ 餃子のおいしい中華食堂大阪王将西葛西店で夕食を食べた本日は住之江名物全大阪王将戦最終日
 昨日誕生日を迎えた丑年の69期3557太田和美がシリーズリーダーの活躍を見せ優勝戦1号艇になりましたが、本日は弟弟子の丸岡正典8R6号艇と11R飛車角戦1号艇で連勝と、連勝で兄弟子にエール。

 かくして迎えた優勝戦王将位決定戦は枠なり3vs3の進入から優出紅一点の五号艇五反田忍が07トップスタートから一気に捲って先頭。あっと驚く五反田の捲り一撃を追走したのは1号艇の和美、それに差し戦の3号艇田中信一郎(子年男の69期3556)による同期連番歴代賞金王決定戦覇者コンビ。
 そして2M先行体勢の五反田に対しタナシンが押っつけにかかり、差しに行かず包もうとした五反田は包みきれずに女流王将の夢もろとも流され、2艇を差しきった和美が逆転先頭。五反田を飛ばしきったタナシンが単独2番手になり、太田と田中の爆笑問題ワンツーは2連単180円の大本命ワンツー。タナシンのアシストもあって住之江17回目・前走地びわこ年末ファイナル競走に続く通算45回目の優勝を飾った和美は大阪王将V3のオール大阪V8。
全大阪王将戦開催地から最も近い大阪王将は玉出店


桐生スポーツニッポン杯・群馬ダービー優勝戦

 枠なり3vs3から内3艇がスタート遅れたのに対し、4号艇秋山直之がにゃんと18トップタイスタート。そのままダッシュ絞り捲りに出た秋山にゃんは昨年9月福岡ペラ坊SHOP杯以来となる通算肉球29回目の優勝で群馬ダービー王襲名。18トップタイスタートから二段で続いた5号艇中里英夫が2着に入るダッシュ勢のワンツー。

津伊勢新聞社新春レース優勝戦

 元日から始まった7日間シリーズは枠なり3vs3から1号艇新田雄史(96期チャンプ4344)が07トップスタートから逃げの体勢を作りきって昨年8月スポーツニッポン杯争奪蒲郡ボート大賞以来となる通算3回目にして地元初優勝
 後続は斬り込み順走の2号艇間嶋仁志が2Mで内突いてきた5号艇吉田徳夫を模範的に捌ききって2着。尚、3号艇安達裕樹は1M間嶋が壁になって流れ、2Mも4号艇星野太郎が壁になって流れてしまいそのままエンスト失格。

福岡新春開運特選レース優勝戦

 1256/34の進入から1号艇篠崎元志が08トップスタートの速攻で昨年10月三国日本モーターボート選手会会長杯菊花賞以来となる福岡初・通算4回目の優勝
 後続は差し順走の2号艇中村亮太に対し、1M外マイ届かずで福岡初Vお預けになった5号艇今村暢孝が2M差し迫りますが、2周1M先行した今村暢孝を差しきった中村亮太が2着を取りきりました。

 ちなみに、新鋭王座ドリーム戦1号艇に選出されてる菊花賞男の96期4350篠崎元志は新鋭きってのイケメンゴールデンボーイで評判ですが、今節初日の1月2日はイケメン芸人狩野英孝が福岡競艇場に来場したそうです。

平和島東京ダービー5日目

 2個準優の5日目、1つ目の準優11Rは枠なり3vs3の進入から人気薄の5号艇内山文典前東京支部長が03トップスタートから攻め込み、05スタートの3号艇乙津康志O2ブランド総帥に抵抗されながらもつけまい敢行。21ヘマスタートの1号艇濱野谷憲吾は小回りで残そうとするも濱野谷と乙津の間をすぱっと割った6号艇矢後剛が突き抜け、捲り差しずっぽり入った矢後が機力不足を克服してまさかの1着。このレースの矢後はチルト0度だった為に頭では売れてませんでした。
 レースを作った内山は2番手に付け、1M遅れ差しからBS伸びて2M小回りで内山に詰め寄った4号艇椎名政浩を2周1M包みきって2着を確保し、2連単は21120円の大波乱。
 そして2周2M椎名がキャビったところに濱野谷が突っ込み、濱野谷の艇尾と椎名の舳先が接触して濱野谷は大きく流れ、更に乙津が椎名に追突して椎名は転覆。濱野谷と椎名の間を通り抜けた2号艇中野次郎が漁夫の利のような形で3着優出を決めました。椎名がそのまま3着ならもっとすごい配当でしたが、中野次郎が3着でも3連単は123180円の10万超えです。

 2つ目の準優12Rは枠なり3vs3の進入から1号艇三角哲男が2号艇福島勇樹王子の差しも3号艇飯山泰の捲り差しも振りきって1着ッス。今日の平和島で逃げが決まったのは9Rの1号艇飯田清とミッスーの2本だけッス。
 後続はゆーき王子が2番手、飯山やすしが3番手の体勢で、2Mで5号艇折下寛法が突っ込んで来るも2艇共に折下を行かせて捌き体勢替わらず、ゆーき王子と飯山やすしが優出して3連単1-2-3は本日最低配当の920円ッス。


 濱野谷抜きで優出者インタビューの入りが寂しくなりそうな優勝戦のメンバーっす。

1:三角哲男 2:矢後剛 3:福島勇樹 4:内山文典 5:中野次郎 6:飯山泰

 節間6勝オール3連対で文句なしのシリーズリーダーでまさに俺たちの誇りミッスーですが、今節は初日0本、2日目と4日目が1本といつも以上にイン受難の水面ッス。おまけにやっさんがチルト+3度を使ってくる可能性が高いので、結構怪しいイン戦ッス。なんにしても優勝戦までの傾向と展示を見ないとまともな予想はできないッスね。