ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 本日唯一の最終日開催は下関日本モーターボート選手会会長杯。通算V69を誇る地元の岡本慎治が1号艇の優勝戦は枠なり3vs3の進入から15スタートを発射した白いオカモトが3号艇平石和男の攻めをブロックしての逃走劇でぶっち切り、1月津G3企業杯中日カップ以来今年2回目にして下関16回目・通算70回目の優勝を達成。
 後続は外マイの平石が2番手ややリードも、2号艇大神康司と4号艇渡邊伸太郎と6号艇中村亮太の差しが迫り2M手前では4艇大接戦。
 2Mは最内押っつける中村に対し渡邊伸太郎が包みにかかり、大神は差し構え。そして平石も差しに構えますが、平石は中村が壁になって行き場を無くしBS2番手から一気に最後方。2番手争いは差した大神を握った渡邊伸太郎が追いかける形になり、2周1M先行の大神に対し渡邊伸太郎の全速戦が届いてBSでは両者ほとんど同体。しかし、2周2M内有利に先行した大神に対し渡邊伸太郎の差しは艇が浮いて勝負あり。

 以上、近藤さんの奥さんが女王戴冠した翌日のオカモトさんV70話でした。

住之江のどか弥生競走初日

 今日から3月13日の金曜日までオール平日の5日間単売開催ながら、月末に開催されるG1太閤賞の前哨戦みたいなメンバーになったのどか弥生競走。太閤賞斡旋メンバーが4人を占めたメインののどか弥生特選は以下の枠番。

1:田中信一郎 2:服部幸男 3:笠原亮 4:松井繁 5:仲口博崇 6:飯山泰

 飯山やすしがチルト+1.5度に跳ねて臨んだ今大会のV候補が激突、豪華なメイン競走。第12R、全艇が進入して参ります。123/456の枠なり。2秒前、1秒前、今スタートしていきました。14トップスタートから逃げ込み態勢のタナシンに対し笠原の捲り差しが入りかけますが、締めたタナシンの艇と笠原の艇が微かに接触して笠原はバランスを崩し転覆(動画)。これで先頭独走になったタナシンが7R6号艇に続く本日連勝となる1着ゴール。
 後続は差した飯山やすしが2M内に切れ込んだ服部先生を行かせて差しきり2着。捲り差しで3番手だったヒロタカマンも2M服部先生を差しきり3着と、大本命の1着ゴールながら165決着で3連単は9630円の波乱サイド。
イッちゃんの舟券一か八か!!