ブログネタ
競艇ニュース に参加中!
 江戸川競艇場で3月6日から、BOATBoy発売日の今日まで売られていたのは江戸川代替開催唐津スポーツニッポン杯争奪ゴールデンレース。ちなみに今節は準優進出戦制6日間シリーズで、唐津名物の準優進出戦とは予選上位24名の選手が4つの準優進出戦に分かれて戦い、その上位3人ずつが2つの準優勝戦に駒を進めるというものです。

 新年度からネット中継が従来のインフォワールド仕様から競艇BB仕様に変更されそうな唐津競艇ですが、残念ながらHPにある出走表pdfは得点表や実施要綱が記載されてなく、24場中でも芦屋・常滑と並んで使いづらい内容。それだけに、江戸川場外で入手して来た出走表は便利でしたね。そんな江戸川競艇場でエコに貢献するロボットヤギさんDREAM GOAT「マッシロー」は太陽光発電システムで動いています。
はずれ舟券を食べるDREAM GOAT江戸川競艇太陽光発電システム

 「銀河からやってきた王子様、名コンビ☆(動画」を含めた優勝戦メンバーは以下の6人。

1:井口佳典 2:市橋卓士 3:中島孝平 4:藤丸光一 5:湯川浩司 6:玄馬徹

 今節のドリーム戦はオール4000番台のゴールデンボーイズ戦でしたが、GB戦からは西和則のプロペラを替わりに叩いた整備規程違反で和則と共に即刻帰郷になった95期4320峰竜太と、準優進出戦で敗退した95期4324海野康志郎以外の4人が優出。

 ということで85期4024井口佳典と86期4063市橋卓士と84期4013中島孝平と85期4044湯川浩司のゴールデンボーイズ4名が軸となった優勝戦は枠なり4vs2の進入から井口が15トップスタートぶち込むも、中島のつけまいを牽制した分井口の懐が開き、市橋の差しが井口に届きます。しかし井口を牽制して2M懐を空けた市橋に対して差し伸びた湯川が艇を伸ばし、2M一気に先行。
 この先行策が功を奏し、市橋の差しと井口の2番差しを振りきった湯川が単独先頭に立ち、昨年6月芦屋SGグランドチャンピオン決定戦以来となる通算22回目にして唐津2回目の優勝。市橋が2着に入り、銀河系ワンツーを阻止。以下3着井口、4着中島でGB戦組が上位を独占。ちなみに、この4人は全員2006年の当地G1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦出場選手でした。