ブログネタ
競艇 に参加中!
 19日水曜日から始まった多摩川競艇の男女混合5日間シリーズ報知新聞社賞
 今節は昨年のG3女子リーグ第6戦モーターボートレディスダービー優勝者永井聖美が6月11日のスポーツニッポン杯争奪蒲郡ボート大賞以来のF休み明け復帰戦で、惜しくも優出ならなかったものの節間4勝を記録して11R選抜戦1号艇。ちなみに今日は「1着取って、相手待ち」のてっていさんも応援に来てまして、2008年11月3日以来の再会をいたしました。
 ですが、選抜戦でながいまさみ痛恨のフライング(+05)。G3女子リーグ第10戦G3蒲郡クイーンカップ翌日の10月13日から30日間のF休みになる予定です。
 ちなみに選抜戦1着は3号艇加藤高史で、枠なり3vs3の3コースからながいまさみ相手に強つけまいを打った加藤鷹氏は3艇横並びの先頭争いを2M外全速フルターンで蹴りを付けました。

 優勝戦は枠なり3vs3のインから1号艇後藤浩が押し切り先月の当地デイリースポーツ賞に続く多摩川5回目・今年2回目・通算43回目の優勝。来月10日からのG1ウェイキーカップで3ヶ月連続多摩川参戦を果たします。
 2着は順走の2号艇林美憲が、2番差しの4号艇山田竜一と1M外マイから2M切り返してきた5号艇加瀬智宏を先に行かせて捌き2着を確保。
多摩川連続Vの後藤浩

 ところで、大田区の平和島競艇場では市制55周年府中市長杯を開催中で今日は府中市伝統芸能武蔵国府太鼓が演奏されたそうですが、多摩川競艇場(主催:青梅市)がある府中市では本日よさこいin府中がありました。
けやきフェスタ2009よさこいin府中


滋賀県知事杯争奪びわこカップ優勝戦

 24場中最後のお盆開催は優勝戦に地元2人、兵庫3人、福井1人で、しかも地元の内の1人はデビュー初優出の6号艇青木玄太(100期やまとチャンプ4448)で、遠征勢が圧倒的に有利な状況でしたが、枠なり3vs3のカドから元気に絞り捲りを決めた4号艇北中元樹(滋賀)が地元の砦を守って通算5回目の優勝
 捲り差しで続いた5号艇山本隆幸が2着で、先月日本財団会長杯争奪大阪スポーツ後援におの湖賞からのびわこ連覇リーチだった1号艇吉田俊彦は3着まで。

 これで全国お盆開催は終了。今年の夏は平和島デイリースポーツサマーカップ佐口達也(群馬)以外は全て地元選手のVでした。

鳴門サンケイスポーツ杯競走優勝戦

 枠なり5vs1の進入から1号艇都築正治(愛知)が18トップスタートの速攻で押し切り今年V6・通算53回目の優勝。これで来年のSG総理大臣杯もほぼ当確になりました。
 2番差しの4号艇勝野竜司が順走から2M切り返してきた2号艇市橋卓士(徳島)を行かせて捌き2着。

 以上の様にツヅッキーが今年V6を飾った鳴門ですが、鳴門次節は29日からG3女子リーグ第8戦渦の女王決定戦競走。3日目以降は都築あこ(愛知)が勝利者インタビューを担当するそうです。