ブログネタ
競艇 に参加中!
 本日3日目を迎えたG1江戸川ダイヤモンドカップ。ちなみに本日は勤務終了後、車で旅打ち!Blogのtakayさん主催の忘年オフ会に参加しました。

 さて、ここからはレースダイジェスト。第1Rは1号艇山地正樹が3号艇大場敏のつけまいと6号艇本橋克洋の捲り差しに挟まれそうになるも逃げ切り1着になりましたが2番手争いでもつれが。
 もつれ合いは2周1Mで起こり、内から先行した大場がターンマークにぶつかり、差し構えだった本橋が乗り上げてしまい、大場はすぐ立て直して3着に落ちたにとどまったものの、本橋は回り直して最後方に下がるアクシデント(動画)。これにより大場は不良航法を適用されました。

 第3Rで捲って先頭の5号艇丸岡正典が+03のフライングに散った後の第4R
 ここ4号艇の渡邉英児(67期3502)は1M握りに行くも振り込んでしまい転覆(動画)。
 ちなみに1着の1号艇・2009年度競帝王柏野幸二は3日目にしてシリーズ初勝利。

 第6Rは3号艇・最初で最後の当地内外タイムス社リアルスポーツ賞優勝者市川哲也(67期3499)が捲り差しで先頭に立つも、2M振り込んでしまい、同期えいじに続いて転覆。
 尚、転覆艇に乗り上げた6号艇赤岩善生もエンスト失格(動画)。

 4号艇飯山泰が捲り差しから1号艇菊地孝平に乗り上げるような感じで転覆(動画)した第8Rを経て11R
 3号艇・13日にボートピア横浜で開設2周年記念トークショーを行う初代初代ボートピア横浜開設記念優勝者岡崎恭裕が1M握り込もうとするも振り込み選手責任転覆、巻き添えで4号艇一瀬明も転覆(動画)。これにより一瀬は負傷帰郷となってしまいました。

尼崎マンスリーKYOTEI杯優勝戦

 今節追配の1号艇・長渕剛をこよなく愛する安田政彦(兵庫)が2号艇・「パワフルモーターに首ったけですパワフルドラゴン山田竜一と今節追配の3号艇・「よみがえった快速モード黒崎竜也とドラゴンズブルーの4号艇・「ありきたりな土曜日をスーパーサタデーへと変えます峰竜太、3人の竜を猛虎として受けて立つ一戦(動画)。
 そして125/346の進入から安田はしっかり逃げ切り、今年5回目・通算47回目の優勝で優勝戦インコース14連勝達成。
 後続は捲り差す5号艇山崎昭生香川支部長が2番手、外マイのキハ75快速みえ黒崎竜也が3番手でしたが、2M外全速で山崎との差を詰めた黒崎が2周1Mも外全速エンジンフルスロットルで一気に山崎を捲りきって逆転2着。

 尚、優勝戦6号艇の遠藤晃司は月曜日からG1江戸川ダイヤモンドカップに途中追配される事が決まりました。江戸川DCには山崎善庸も途中追配されます。