ブログネタ
競艇 に参加中!
住之江競艇場に大阪王将が特別出店! 優勝賞金150万円と副賞の大阪王将餃子1年分を懸けたオール大阪全大阪王将戦開催中の住之江競艇場に大阪王将が出店している話題はこれまで何度か紹介してますが、3日付のアクアライブブログに特設出店ブースの写真が掲載されてました。
 記事と写真を見ると、餃子200円と天津飯400円と天津麺400円と豚まん100円とビール400円を販売してまして、天津麺以外は2月のG1出店時にも販売。
 近所の西葛西店では豚まんを扱ってないので、2月の遠征時には是非豚まんを食べたいと思ってます。

 また、アクアライブステーションYouTubeチャンネルで大阪王将インタビュー動画が公開されてます。


浜名湖静岡新聞社・静岡放送New Year's Cup優勝戦

 125/346の進入から1号艇徳増秀樹が3号艇坪井康晴の差しを振り切り、通算38回目の優勝
 浜松市民以外から唯一優出した浜名郡新居町民のつボイが2着。尚、新居町は今年3月23日から湖西市に編入します。

 ちなみに寅年のヤングマン秀樹が優勝したオール静岡は渥美敏男渥美卓郎大場敏(旧姓:渥美)が勢揃いでした。

蒲郡中日スポーツ杯争奪2010新春特別覇者決定戦優勝戦

 5日目の一般戦8R6号艇2着以外オール1着で2009年最多勝にも輝いた1号艇大嶋一也と、初日ドリーム戦6号艇2着以外オール1着の2号艇赤岩善生が共に準パーフェクトV王手で、ドリーム戦以来の直接対決。

 そして2人のマッチレースムードで迎えた優勝戦本番は12346/5の進入からKAZUYA.Oが4号艇新美恵一の攻めをシャットアウトし、赤岩の差しも余裕で振り切り先頭。
 「時代や景気に左右されない頑固なインに対するこだわりと貪欲さ。そして溢れまくる勝利への男のロマン。(動画
 が売りのヒゲダンディKAZUYA.O51歳は昨年10月テレボートカップ蒲郡菊花ナイト特別からの当地連続Vとなる通算73回目の優勝

三国初夢賞優勝戦

 内枠3人が4000番台、外枠3人が3000番台になった優勝戦は123/465の進入から2号艇中島孝平が27とスタート凹んだのに対し、09トップスタートを決めた3号艇松田祐季がジャックナイフの切れ味を持つ捲り差しで突き抜け、三国4回目・通算5回目の優勝
 後続は差された1号艇萩原秀人と松田に差し続いた4号艇今垣光太郎で2番手併走になりますが、2M外豪快に握った萩原がガッキーを捲りきって2着。

 三国の未来を担う地元スター松田祐季は通算V5のうち4回が地元三国ですが、なかでもデビュー初Vだった2008年9月ながつき第2戦の3日目5Rで見せた3周1Mの大逆転劇はJLCでも大々的に取り上げられた伝説のレースですね。
あこライの1週間で24場を制覇せよ!6日目(後編)


芦屋日刊スポーツ杯争奪福岡県内選手権大会優勝戦

 13/2/456の進入から4号艇宮田政勝が捲りに行くも3号艇川上剛が宮田を張っての先捲りで激しく抵抗し、両者共倒れに。
 そして、この展開を突いて差した5号艇今井貴士が芦屋3回目・通算8回目の優勝
 捲り差しで続いた6号艇伊藤宏が内で粘る2号艇大庭元明を2M捲りきって2着。

大村九州スポーツ杯新春特選レース優勝戦

 波高6cm北西左横風7mの雨天で迎えた優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇峰竜太(佐賀)が08トップスタートの速攻で押し切り、優出メンバー中唯一の他支部選手だった峰竜太は前走地芦屋アシ夢クラブカップに続く通算18回目・外向発売所の名称がブルードラゴンな大村では3回目の優勝
 初日発祥地選抜戦6号艇2着以外オール1着の準完全Vを飾った峰竜太、この後は7日から再び芦屋に向かいスポニチ金杯新春特選レースです。

 後続は差し順走の2号艇赤坂俊輔が2番手、2番差しの4号艇樋口亮が3番手でしたが、捲り差し流れて4番手の3号艇津留浩一郎が2M切り返して赤坂に押っつけ、津留浩を包みきるもやや流れた赤坂に対し樋口jr.の差しが届き逆転2番手。
 赤坂は2周1Mの全速つけまいが届いて樋口jr.と同体に持ち込みますが、2周2M内有利に先マイした樋口jr.が赤坂を振り切って2着。

江戸川新春金盃3日目

 第3R1号艇での逃げ切りと12R2号艇での差し切りで連勝した梶野学志がレース後まさかの負傷帰郷をしてしまった3日目。

 本日は1号艇の頭が6本、2号艇の頭と1号艇の2着が5本と非常に内寄り有利な1日(一覧)でしたが、1Mターンマークを大きく外してしまい唯一1号艇で2連対を外してしまった第2R3着の柴田明宏は待機行動実施細則違反も適用されてしまう残念な結果になりました。


 さて、新人や外コース希望者を原則外枠に割り振る枠番編成の見直しが適用されて初の江戸川開催となる今節も、明日は早くも予選最終日の4日目
 明日の番組で大きく目に付くのはF2持ちで今節オール6コースの山本良一第2Rで1号艇に入ってたり、今節にデビュー初勝利を懸ける登録3年未満のB2選手平野恭兵(103期4517)が第1R第5Rの両方で1号艇に入ってます。