ブログネタ
競艇 に参加中!
 三重支部を支えた競艇の神様倉田栄一元選手の功績(記念V35通算1着本数3088)を称えた津競艇のOver40開催倉田栄一杯争奪安濃津賞

 今節は2000年に年間SG3連覇を達成するなど、記念V22の西島義則48歳が節間8戦全勝の圧倒的な成績を残し完全Vに王手。
 そして優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇のJPエクスプレスペリカンさんが華麗なペリカンモンキーの弧を描いて押し切り、通算72回目の優勝は1997年4月丸亀城築城400年記念競走以来となる完全V。
 後続は捲り差す4号艇丸尾義孝41歳と差す3号艇岡本慎治46歳で接戦になるも、2M若さにものを言わせた丸尾君が外全速フルターンでオカモトを捲りきり、ズバリ!徳島の委員長丸尾君が2着でしょう。


 ここからは13日から始まる津競艇次節津グランプリファイナル戦津商工会議所杯争奪津市長賞を紹介。
 TSUグランプリの最終章となるTSUグランプリファイナルは既にドリーム戦のメンバーが発表されてまして、枠番は以下の通りです。

1:丸岡正典 2:勝野竜司 3:上平真二 4:樋口亮 5:熊谷直樹 6:馬場貴也

 また、TSUグランプリファイナルでは安濃津賞の全選手よりも若いU-40の青年支部長対決があり、津行ったーもといツイッターを始めた新井亨群馬支部長をカリスマブロガー矢橋成介三重支部長が迎え撃ちます。