ブログネタ
競艇 に参加中!
 モーターボート競走発祥の地BOATRACE大村のSGグランドチャンピオン決定戦が2日目を迎えた今日は、来月海の日にSGオーシャンカップ開催を控え、21日にオーシャンカップ特設サイトを開設した丸亀ブルーナイターの報知グリーンカップ最終日

 まず、報知GCの優勝戦は123/465の進入から1号艇池上裕次が11トップスタートの速攻で押し切り、通算51回目・ある意味ゆかりの地丸亀では2回目の優勝。順走の2号艇長谷川充が2着。

 ちなみに池上裕次といえばSGV1含む記念V6が全て戸田な事で有名な戸田天皇ですが、戸田ボートレース場では来月まるがめで開催される海の日記念SGオーシャンカップの後半3日間で戸田史上初めてナイターSG併用当回場外を実施します。


 ここで本題のオーシャンカップ特設サイト関連。
 開催中は特設サイトに「四国二大エースがつづる SGオーシャンカップ最前線手記」として、香川代表重成一人と徳島代表田村隆信の手記が掲載される予定です。

 また、まるがめ本場ではゲストと楽しむボートレース初心者教室の参加者を7月8日18時まで募集中です。
 初心者教室に登場するゲストは2日目の15日がキム・ヨンジャ、5日目の18日が復活!ミニスカポリス、最終日海の日の19日が門倉有希です。

 更に、オーシャンカップキャンペーンを盛り上げる2010年度の「ゆかコン☆娘」も決定しています。
 内訳はまるがめボート賞に高松市の会社員宇和川春菜さん(24)、最優秀賞に丸亀市の大学生植松祐加さん(21)、ブルーナイター賞に高松市の大学生秋山菜紗さん(21)です。祐加さんが最優秀賞でまさに祐加コンですね。

徳山日刊スポーツ杯太華賞優勝戦

 1M側に位置する太華山にちなんだタイトル戦は枠なり3vs3の進入から1号艇大橋純一郎(静岡86期本栖チャンプ4073)が他を圧倒する11トップスタートの速攻で押し切り、今年も通算も3回目の優勝
 後続は2番差しの4号艇赤坂俊輔(長崎90期やまとチャンプ4174)が差し順走の2号艇井上恵一を捕らえて2番手優位に運び、1M外マイから2M内に切り返してきた3号艇村越篤を行かせて捌き2着を取り切り、卒業記念競走優勝者によるワンツー。

江戸川日本写真判定社長杯4日目

 今日はインが弱い1日で、1号艇の頭は77期本栖チャンプ稲毛正剛が勝った第2R佐藤幸子が勝った第9Rとぅぉちゃんの師匠原田篤志が勝った12Rの3本のみ。

 このうち第9Rは抜き決着で、レースは05トップスタートの佐藤幸子を12スタートの4号艇村上信二が捲りきり、村上が先頭に。
 佐藤幸子は捲り差してきた5号艇笠雅雄との2番手争いになり、2Mでトップの村上が流れ、笠が2号艇栗原謙治を包む中、佐藤幸子は笠と栗原を行かせての差しで応戦し、HSでは村上&笠と並んで3艇併走に。
 そして2周1M、笠が村上を張っての旋回で両者流れたのに対し、佐藤幸子は2艇の喧嘩につきあわない冷静な小回りを見せて単独先頭に立ち1着。
 尚、3周1M3艇での2番手争いで、一番外に持ち出した笠が入口で振り込んでしまい選手責任落水。そのまま負傷帰郷しました。


 明日の予選最終日を前に、4日目終了時点での得点率上位者です。

8.71大峯豊 8.43飯島昌弘 7.86益田啓司 7.83高橋勲 7.71本吉正樹 7.57大塚信行 7.50入澤友治桑原将光 7.33柳橋宏紀 7.00杢野誓良寺田千恵