ブログネタ
オートレース に参加中!
 今月2日の浜松オート浜松市営第4回第1節曳馬野賞静岡新聞社杯土屋レース映像)で群馬のゴルゴ13土屋栄三57歳が優勝。
 実況の野村達也アナによると約7年ぶりの優勝だそうです。
 余談ですが多摩川では「日本一の静水面、是政夢劇場の幕が開く。」と言うノムさん、浜松では「さあ行こう優勝戦。」と言ってます。

 そんなオートレーサー土屋栄三はレーサー一家で有名ですが、息子のボートレーサー土屋智則が既婚子持ちなので、既に孫がいるおじいちゃんレーサー。ということでご唱和行きます。

 栄三おじいちゃん57歳、優勝おめでとう。ご唱和下さい。1・2・3・ヤッター!

江戸川競艇休止前ラストレース栄三おじいちゃん生誕86周年記念レース

 また、翌3日に行われた平和島レディースカップの選手紹介では娘のボートレーサー土屋千明が「お父さん優勝おめでとー!☆」、娘さんの直前に登場した静岡の三浦永理も「栄三さん優勝おめでとうございます。」とお祝いの言葉を送りました。
平和島レディースカップオール女子戦選手紹介


鳴門スポーツニッポン杯競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇深川和仁(香川92期4220)が差して先頭も、深川は+02のフライングでデビュー初Vは幻に。
 これにより2番手にいた1号艇吉本正昭が先頭に繰り上がり、山口50期3036吉本正昭52歳は2005年4月徳山一般競走以来となる通算35回目の優勝

 後続は1M握った3号艇山崎昭生香川支部長と2番差しの5号艇岡部浩(今節選手代表)で接戦になりますが、2M艇を伸ばして内先行した岡部を行かせて捌いた山崎が2着。
 次は、昨日の予告通り昨夜開催されたまるがめブルーナイターの優勝戦。

【昨日の丸亀サンケイスポーツ大阪発刊55周年記念競走優勝戦

 サンスポ発刊55周年記念は枠なり3vs3の進入で、1号艇中岡正彦(香川78期3849)が07トップスタートの速攻から2号艇吉田健太郎の差しをガツンと締めて振り切り、今年3回目・丸亀V6・通算39回目の優勝

 2番手航走の吉田健太郎は中岡にぶつけられた分BS伸びず、捲り差しからBS吉田健太郎の内を航走する5号艇佐々木和伸(徳島78期本栖チャンプ3841)に並ばれてしまい、2M小回りからHS吉田健太郎に艇をぶつけて舳先を掛けた佐々木和伸が2番手に上がり、佐々木和伸は2周1M外全速戦で3番手に浮上した4号艇横山節明の追撃を振り切って2着。