ブログネタ
競艇 に参加中!
 昨日の優勝戦ラッシュが過ぎて、今日からは2010年度の競てい王を決める戦い下関G1競帝王決定戦が始まりました。
 そして明日からは江戸川でG3江戸川モーターボート大賞トライアルが始まります。
 優勝戦3着以内の選手には11月14日から始まるG2江戸川モーターボート大賞の出場権が与えられる準優3個制6日シリーズには11人のA1選手が出場し、初日メイン江戸川選抜に出場する6選手は以下の通り。

1:白石健 2:小畑実成 3:関口智久 4:荒井輝年 5:永井源 6:古結宏

 残る5人のA1選手は2003年のG1江戸川モーターボート大賞を制した実績者橋本久和を筆頭に地元の福来剛、愛知の古川誠之、静岡の杉田篤光、福井のイケメン評論家松村康太が出場。
 このうち、残念ながら地元福来と埼玉の神業智久がF休みの為に優出3着以内に入ってもMB大賞の出場権が得られません。
 
 次に、地元からは福来の他に選手代表の齋藤勇山崎聖司桑島和宏が出場。

 また、斡旋消除した森竜也の替わりに江戸川初出場の埼玉102期4488小山勉が出場します。
 今節の江戸川初出場選手はその小山の他に香川101期4459片岡雅裕がいます。
 ちなみに静岡96期4327加藤翔も過去3年当地勝率が0.00になってますが江戸川は今回が2回目で、前回出場の2007年9月デイリースポーツ杯はデビュー初優出レースでした。

芦屋日本モーターボート選手会会長杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇吉永則雄が3号艇池永太の捲りを振り切り、通算20回目・芦屋は昨年7月の前回当地マンスリーKYOTEI杯に続く2回目の優勝
 前走地下関西スポ杯争奪戦でデビュー初Vを飾って勢いに乗る前芦屋地元スター池永太が地元凱旋レースで優出2着。