ブログネタ
競艇 に参加中!
 1年の計は東京ダービーにあり。
 お隣TCK大井の東京大賞典と共に勝島運河界隈の年末年始に欠かせない開催、東京ベイ平和島の東京ダービー

 最終日の8Rで6号艇阿波勝哉(79期3857)、9Rで1号艇松浦博人(79期3877)と人気を背負った79期コンビが相次いでフライングに散り、特に阿波勝哉はF2になってしまい、5月23日前検の尼崎SG笹川賞はギリギリセーフだったものの、4月7日から開催される2011年度G1トーキョー・ベイ・カップがF休み期間に重なってしまいました。

 そんな波乱ムードは優勝戦でも続き、係留機の故障で2号艇中野次郎がピットアウトできずに発走をやり直し、急遽展示用ピットで発走。
 そして枠なり3vs3の進入から中野次郎が強つけまいを敢行し、1号艇飯山泰が受け止めるも懐が空いた展開を突いて5号艇三角哲男が捲り差しを決めて飯山やすしを差しきり、さよなら三角またきて三角△は2009年以来の東京ダービーV3で平和島13回目・通算61回目の優勝
 飯山やすしは差し続く6号艇野澤大二(チルト+1.5度)を2M行かせて捌くも三角△には届かず外の野澤と接戦になり、2周1M内先行で野澤を突き放しての2着。
2011東京ダービー表彰式

 ここで平和島情報。2010年度G1トーキョー・ベイ・カップ特設サイトが公開され、「つよく☆やさしく☆美しく ヒロナ'sブログ」でお馴染み平和島一押し女子選手中澤宏奈がパイレーツ姿でポスターのメインビジュアルに起用されています。
海の勇者に、祝福を。

 ちなみに夜は大森の牛小屋で煮込みライスと芋焼酎を堪能しました。
 牛の腸を使った牛小屋の煮込みは肉がぷるんぷるんでとってもおいしいです。
牛小屋の煮込みライス牛小屋の芋焼酎


戸田埼玉選手権スポーツニッポン杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇池上裕次(川口市)が10トップスタートの速攻で2号艇須藤博倫(川口市)と4号艇中澤和志(宮城在住埼玉支部)のつけまいを弾いて押し切り、三角△と同期の58期3245池上裕次にとって埼玉選手権は20年ぶり2度目、記念V6実績を誇る戸田は2005年3月G1戸田グランプリ以来19回目、通算では記念V6を含む53回目の優勝で戸田天皇復活宣言。

 捲り差した5号艇鈴木賢一(川越市)と差した6号艇白井友晴(戸田市)による2着争いは2M内の白井埼京が先行するもスズケンが差しきって単独2番手。
 しかし2周2Mで白井埼京がスズケンの内に潜り込んで形勢逆転しますが、3周1M先行しようとした白井埼京は内から急に突っ込んできた中澤を行かせて捌くのに手こずり、冷静に2番差しを決めたスズケンが2番手を奪い返し2着。

宮島ニューイヤーカップ広島ダービー優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇山口剛が09トップスタートの速攻で3号艇前本泰和のつけまいをブロックして押し切り、宮島HP動画コンテンツモンタチャンネルの企画「「The Best Answer!」辻栄蔵・山口剛選手とファンの方によるトークバトル前編後編)」に出演してる山口剛は昨年8月の前回当地スポーツニッポン杯以来となる宮島5回目・通算18回目の優勝

 後続は差した2号艇西島義則と5号艇畑和宏の争いになり、2M→2周1Mと畑に外全速戦を浴びせたペリカンさんが2周2Mでは一転畑を行かせて差しきり、F2持ちでスタートこそ24と凹んだペリカンさんが道中硬軟自在な走りで魅せて2着。


 尚、宮島次節は14日から96期以降限定の2010ライジングスター決定戦
 25日からのG1企業杯共同通信社杯新鋭王座決定戦の前哨戦として、篠崎元志新田雄史平本真之などの新鋭王座優勝候補が出場するのに加え、魚谷香織平山智加平高奈菜の新鋭世代の女子A1選手3人全員が出場する豪華開催です。