ブログネタ
競艇 に参加中!
 本日最終日を迎えた江戸川の6日間シリーズ関東ボートレース専門紙記者クラブ杯

 優勝戦は1号艇松田祐季が2号艇芝田浩治の差しを振り切り、江戸川初・通算9回目の優勝
 2着は芝コー、3着は捲り差した6号艇片山竜輔でした。

 かくして、2日目1Rには対岸の火事で消防車も出動して話題を呼んだ江戸川関東ボートレース専門紙記者クラブ杯は、松田祐季が初日江戸川選抜戦道中2番手航走も3周1M振り込んで6着に敗れた屈辱をバネに2日目以降快進撃を見せて江戸川初V。


大村週刊実話杯優勝戦

 ノンフィクションのスリル溢れるレースを5日間に渡って繰り広げた週刊実話杯のクライマックスは、枠なり3vs3の進入から1号艇勝野竜司が16トップスタートの速攻を決め、大村3回目・昨年12月の住之江賞金王シリーズ戦に続く通算42回目の優勝

 後続は捲り差した3号艇柳橋宏紀が2番手を航走し、1M差し順走から2M2艇を行かせて差した2号艇柳沢一がHS内から差を詰め柳対決に持ち込み2周1Mを先行しますが、柳橋が柳沢を行かせて捌き2着。


丸亀香川県中部広域競艇事業組合43周年記念優勝戦

 123/465の進入から1号艇奥田誠が20トップスタートの速攻を決め、丸亀初・2009年2月常滑スポーツニッポン杯争奪英傑戦以来となる通算4回目の優勝
 捲り差した4号艇松江秀徳が2着。