ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日は埼玉県朝霞市で育った尾崎豊の没後20周年。
 そして、その日に最終日を迎えた埼玉県都市競艇組合(朝霞市など15市)主催の戸田ボートコース2個準優制5日間開催は報知スプリングカップ

 優勝戦はデビュー初Vを狙う地元新鋭コンビが内枠2つを固め、1235/46の進入から1号艇小山勉(102期4488)が02トップスタートの速攻で2号艇中田竜太(104期4547)の差しを振り切り先頭。
 小山に対し、今度は1M外握った3号艇丹下将が内に切り返して2M先行しますが、小山勉は冷静に行かせて捌き、4度目の優出で初優勝を地元水面で達成。

 2周1M差し返し狙った丹下将は、1M差し2M小回りから2周1M内突いてきた6号艇妹尾忠幸を上手く捌ききれず小山との差を広げられて妹尾との2着争いに。
 更に1M捲り差し不発から2Mで中田竜太に押っつけ張り飛ばして4番手に上がった4号艇枝尾賢が2周BSでひたひたと迫って2番手争いに加わり、枝尾は先を行く2艇に艇を伸ばし押っつけて張りながら先行して一気に単独2番手浮上。
 ですがHS艇を内側に入れた丹下将が艇を伸ばして3周1Mを先行し、枝尾は丹下将を捌ききるも妹尾の2番差しが届き、3周2M先行した妹尾忠幸が丹下将の切り返しを包みつつ枝尾賢の差し返しを振り切り、大混戦の2番手争いに競り勝ちました。

尼崎開局20周年記念JLC杯争奪戦優勝戦

 7年前に尼崎市内で伊丹方面からの福知山線電車が脱線事故を起こした日でもある4月25日。

 その日に最終日を迎えた伊丹市営4日間開催の優勝戦は126/345の進入から1号艇三嶌誠司が押し切り、尼崎5回目・通算49回目の優勝
 つけ回った3号艇中尾誠が2着。