ブログネタ
競艇 に参加中!
 優勝賞金100万円を懸けた江戸川の2個準優制ゴールデンウィーク開催ゴールデンカップは5日目の準優勝戦。

 南追い風9m波高5cmと強い追い風で迎えた準優1つ目の11Rは2号艇福来剛が捲った展開を突いて3号艇金田諭(埼玉)が差しを決めて1着。

 後続は福来と1号艇大西源喜の接戦から2M外握った福来がやや優位に立ち、大西は2周1M内の利で先行するものの福来が行かせて捌き2着。

 3番手の大西は2周2M外へ膨れてしまい、その隙を突いた5号艇若林将が内から艇を合わせに行き、大西はなんとか振り切って3周1Mを先行するものの再度ターンが膨れてしまい、ここで内を鋭く回った若林が逆転3着。
 若林将は1M捲り差し不発でBS5番手、2Mでは6番手からの差しでBS5番手でしたが2周1Mの差しで4番手に上がり、2周2M大西源喜のターンミスを見逃さずに差を詰め逆転優出を果たしました。


 オール東京支部になった準優2つ目の12R(南追い風9m波高5cm)は1号艇石渡鉄兵が断然人気のレースでしたが、4号艇河相秀行(初日ナカシマペラ2日目以降ヤマトペラ)が14トップスタートを決めてスロー勢を捲りきり、その展開に乗って捲り差しを決めた5号艇高橋英之(沖縄在住東京支部)が1着。

 後続は捲り差しで続いた6号艇西舘健が2番手、河相が3番手でしたが、2M外握った河相が西舘を捲りきってBS伸びきり逆転2着。

 西舘は2号艇寺本重宣に差を詰められるもののなんとか振り切って3着に入り、96期4335若林将と同期の96期4345西舘健はデビュー初優出。
 ちなみに2連単17420円3連複10730円3連単100860円のトリプル万舟で3連単は10万舟になりました。


 大波乱の準優を勝ち上がった6人による優勝戦の枠番です。

1:金田諭 2:高橋英之 3:福来剛 4:河相秀行 5:若林将 6:西舘健

 ゴールデンカップにはんにゃゴールデンライスフィールドさとしがポールポジションを獲得して江戸川V3に王手。
 地元の5人からは河相秀行とデビュー初優出の西舘健がデビュー初Vを狙います。

 さて、勝舟情報メルマガ会員限定企画ゴールデンカップ★3選手で何勝するか?クイズは本日5月5日12時で締め切られましたが、江戸川鉄兵がまさかの準優敗退で若林将だけが3着優出。
 ですが予選2着6本も未勝利だった作間章が本日連勝を飾り、5日目終了時点で1着本数は10になりました。

 尚、今節全レースでナカシマプロペラを使用してた太田克哉(群馬)が本日付で負傷帰郷しました。
Gカップ展望サイト開設中の江戸川HP


芦屋スポーツ報知杯争奪ゴールデンウィーク特選優勝戦

 オール福岡支部による芦屋のGW開催を締めくくる一戦は枠なり3vs3の進入から1号艇・96期4350篠崎元志(福岡市東区)が3号艇・96期4330奈須啓太(田川市)のつけまいをブロックして1M先行するも2号艇沖島広和(直方市)の差しが届き、舳先ねじ込まれた篠崎元志はピンチに。
 しかし2M、篠崎元志は内の沖島広和に突っ張られてバランスを崩しながらも全速包みきる事に成功し、内でなおも粘る沖島広和を振り切って前走地平和島G1トーキョー・ベイ・カップに続く今年2回目・芦屋初・通算19回目の優勝


 ここでお知らせ。
 福岡県遠賀郡芦屋町で初Vを飾った篠崎元志は12日から福岡市中央区で開催されるG1福岡チャンピオンカップ略してFカップに出場予定ですが、その前に明日は兵庫県芦屋市を通過して大阪市住之江区に行き、住之江ゴールデンレース3日目6R発売中にトークショーを行うと共に有料チャリティー2ショット撮影会を行います。
 「Aell For 日本〜ロンドンに力を。被災地に笑顔を。〜」をテーマにした撮影会の値段は支援金込み2000円ですが、グッズとピット見学会込みの価格です。

 ちなみに同日是政女王決定戦初日の東京都府中市では篠崎愛を擁するAell.アイドルフェス in BOATRACE TAMAGAWAVol.4に出演します。

丸亀安岐真人杯争奪瀬戸の大魔神大賞優勝戦

 優出メンバー中唯一の遠征選手だった4号艇高濱芳久(広島)が動いた142/356の進入になりましたが1号艇三嶌誠司は惑わされずに押し切り、今年2回目・丸亀15回目・通算50回目の優勝

 後続は差した3号艇木村光宏が2番手でしたが、捲り差しから内に入ってきた5号艇吉永泰弘と差し続く6号艇下田哲也が迫り、2Mは吉永が下田を押さえきって先行の構え。
 ここで木村光宏は両者の間を割って捌こうとしますが中途半端な旋回になって外の吉永に追突してから内の下田と接触してしまい、木村は下田共々大きく後退。
 このもつれで2番手は2M先行した吉永と1M捲り差し不発5番手から2M差してきた2号艇秋山広一の争いになり、2周1M内先行した秋山を行かせて捌いた吉永が最後まで食らいつく秋山の追撃を振り切って2着。