ブログネタ
競艇 に参加中!
 今日は是政女王決定戦初日にしてアイドルフェス in BOATRACE TAMAGAWAVol.4だった多摩川競艇場とG1NHKマイルカップだった東京競馬場をはしごしてきました。

 アイドルフェスは選手紹介のオープニングアクトでイベントナビゲーター応援団長のバニラビーンズが出演し、選手紹介終了後1R発売中にバニビによる前説、2R発売中と5R発売中と8R発売中に人気アイドル篠崎愛を擁するAell.、3R発売中と6R発売中と9R発売中に仙台を拠点に活動するDorothy Little Happy、4R発売中と7R発売中にバニビというタイムスケジュールで開催され、陸上の是政夢劇場が熱狂の渦に包まれたミニライブは各部2曲ずつで各ユニット全6曲を披露しました。

 そして前説の時に次回Vol.5の予告が行われ、当初8月末のG3企業杯サントリーカップ開催中を予定してたのが7月22日に前倒しで開催予定になりました。
 その7月22日は多摩川HPの開催日程によると、なんと「バニラビーンズカップ」の最終日。
 まさにアイドルフェス in BOATRACE TAMAGAWAのための開催ですね。
アイドルフェス in BOATRACE TAMAGAWA Vol.4コレジョ神6



 アイドルフェスのミニライブを全部見終わってからNHKカップの東京競馬に行き、ダイワメジャー産駒のカレンブラックヒルが父を彷彿させる力強い逃げ切り勝ちで一番人気に応えたレースを見てきました。

 そして表彰式では55度目の挑戦でG1初Vを飾ったJK秋山真一郎と表彰式プレゼンター田中麗奈の共演を見てきました。
NHKマイルカップ表彰式


蒲郡中日スポーツ賞竹島弁天杯争奪戦優勝戦

 オール愛知支部開催の優勝戦は124/356の進入から1号艇赤岩善生が5号艇原田幸哉の捲り差しを振り切り、前節G1オールジャパン竹島特別優勝が記憶に新しい蒲郡は4連続Vとなる16回目・今年3回目・通算63回目の優勝

桐生上毛新聞社杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇江口晃生が押し切り、正月のスポニチ杯群馬ダービーに続く桐生特別斡旋開催連覇のシエロさんは今年3回目・通算67回目の優勝

 後続は捲り差した4号艇加瀬智宏と差し順走の2号艇山崎智也のW智様で接戦になりますが、差し続く6号艇品川賢次が艇を伸ばして2Mを先行。
 ここで山智様の差しがやや甘かったのに対し加瀬智様の2番差しは鋭く入り、単独2番手に立った加瀬智様が山智様の追撃を振り切って2着。

戸田ウインビーカップ東京中日スポーツ杯優勝戦

 オール埼玉支部による黄金週間開催のファイナルは優勝戦直前に風が強くなり、締切延長も西追い風8mのぽちゃぽちゃ水面で発走。
 そして枠なり3vs3の進入から強風に戸惑ったかバラついたスタートになり、1号艇中澤和志(宮城在住埼玉支部)が00タッチスタートだったのに対し2号艇伊藤啓三(山口在住埼玉支部)は29スタートで壁無しになり、中澤は4号艇飯島昌弘(茨城在住埼玉支部)と5号艇黄金井力良(川口市)に差されて3番手。

 優勝争いは捲り差した黄金井と、伊藤啓三を叩いて差した飯島昌弘の争いになり、黄金週間開催に黄金井がデビュー初Vを目指しますが内の飯島昌弘が2M先行で抜け出し、今年3回目・戸田4回目・通算33回目の優勝
 初Vならなかった黄金井に対し、2Mで中澤がアグレッシブな外全速戦を敢行して黄金井を捲りきり逆転2着。

唐津ゴールデンウィーク特選優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇森永淳が5号艇峰竜太の捲り差しを振り切り、今年2回目・唐津V6・通算20回目の優勝

江戸川ゴールデンカップ6日目

 強い南風と下げ潮が重なって締切が12時過ぎまで延長されるも、強行開催されたGカップ最終日。

 そして締切が75分伸び、そこから更に発走が20分ほど伸びて12時45分過ぎにやっと始まった1Rですが、南追い風11m波高15cmの下げ潮水面に全選手タイミングを合わせられず、全艇責任外出遅れでレース不成立。

 この結果を受けて2R以降が中止順延になり、本日と同じ枠番で明日改めて最終日が開催される事になり、本日は6日目という事になりました。

 ちなみに1Rの返還額は728万8400円、優勝戦等の前売返還額も含めた総返還額は1669万600円、利用者数は12664名でした。