ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 江戸川の正月開催新春金盃は2個準優制5日間シリーズで、東小松川三丁目に激震が走る大波乱だった2個準優を経て本日最終日。

 内枠2つを埼玉支部が占めた優勝戦は4号艇尾形栄治とチルト+1.5度の5号艇後藤翔之がスタート飛び出しますが、絞った尾形栄治を2号艇山崎義明(埼玉)が抵抗して受け止めきり、後藤翔之は振り込んでしまい、その間に逃げ体勢を築き上げた1号艇谷津幸宏(埼玉)が先頭抜け出して江戸川2回目・通算12回目の優勝

 2番差しの3号艇桑原将光が2番手を航走しますが2M山崎義明が差し返して追いつき2周1Mを先行。
 ですが江戸川王子桑原将光が差し返して2周2Mを先行し、再び単独2番手に立ち、山崎義明の追撃を0.2秒差振り切り2着に入り、地元の意地で埼玉谷津よしあきワンツーと3連単1.2.3.ダー決着を阻止しました。

 尚、尾形栄治と後藤翔之は判定の結果共に+01のフライング返還欠場になりました。

浜名湖静岡新聞社・静岡放送New Year's Cup優勝戦

 オール静岡支部開催の頂上決戦はオール浜松市民になり、1245/36の進入から2号艇深谷知博がコンマ28とスタート凹んだ所に4号艇今坂勝広の捲り差しが入り、先頭突き抜けた今坂勝広は昨年8月の中日スポーツ後援湖西市長杯争奪戦黒潮杯に続く浜名湖連覇にして通算57回目の優勝で当地正月開催連覇達成。
 2着は1号艇横澤剛治

津伊勢新聞社新春レース優勝戦

 124/563の進入からチルト+3度の3号艇澤大介がぐいぐい伸びて絞りに行くも06トップスタートの1号艇安達裕樹が受け止めて1Mを先行し、そのまま押し切った安達裕樹は津5回目・通算17回目の優勝
 2番手争いは捲り差しに切り替えた澤大介と差し順走の2号艇東本勝利、2番差しの4号艇森竜也で接戦になり、2M最内の森竜也を東本勝利が握って包み込み、澤大介が森竜也を差しきって2艇の争いになりますが、2周1M外握った東本勝利が抜け出して2着争いに勝利。