ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日は7場で最終日を迎えました。

G3企業杯福岡ソフトバンクホークス杯優勝戦

福岡ソフトバンクホークス杯 枠なり3vs3の進入から4号艇中辻博訓が捲り差しを決めて先頭に立ち、2番手の1号艇木村光宏は2号艇石川哲秀を行かせての2M差しで逆転狙うも届かず、先頭を守った中辻博訓は2周2Mでも木村光宏に差されそうになるも振り切って福岡3回目・2012年5月三国湯の花賞以来となる通算14回目の優勝


戸田夕刊フジ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇東本勝利が押し切り、戸田3回目・昨年2月江戸川関東日刊紙ボートレース記者クラブ以来となる通算16回目の優勝
 後続は5号艇渡邉英児が差して2番手を航走し、1M外マイからBS内に切り返した4号艇山本浩輔を2M行かせて捌き2着。

三国レディースカップ優勝戦

 初日ドリーム戦メンバー6人がそのまま優出した一戦は枠なり3vs3の進入から1号艇日高逸子が押し切ってドリーム戦1号艇4着の汚名を返上し、通算68回目の優勝で三国レディースチャンピオンに。

 後続は差した4号艇山川美由紀が2番手、捲り差した5号艇香川素子が3番手を航走し、2M両者握り合って内のみゆきがHS若干優位も、2周1Mで香川素子が全速握ってみゆきを一気に捲りきり逆転2着。

尼崎BOATBoyカップ2014優勝戦

 枠なり3vs3の進入から18トップスタートの6号艇杢野誓良が大捲りを打ちますが1号艇金子龍介(兵庫)には届かず、逃げ切った金龍は尼崎8回目・通算42回目の優勝
 2番手の杢野誓良は差し順走3番手の2号艇白石健(大阪在住兵庫支部)を2M行かせて捌き2着。

児島スポーツニッポン創刊65周年記念競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇深川真二が14トップスタートの速攻を決め、通算68回目の優勝
 2着は差した4号艇一宮稔弘

宮島グレートおやじ決定戦優勝戦

 オール名人戦世代の企画開催は15/2/346の進入から6号艇森竜也48歳が大捲りを決めて先頭に立ち、2010年6月児島倉敷市長杯以来となる通算54回目の優勝

 後続は捲り差した2号艇今村豊52歳が2番手、1号艇西山昇一53歳が3番手を航走し、2Mは西山昇一が内に切り返して先行。
 今村豊は行かせて捌ききりますが、2周1Mで西山昇一が今村豊を差しきり逆転2着。

芦屋ポッカサッポロフード&ビバレッジ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇伊藤誠二が11トップスタートの速攻を決め、芦屋初・通算49回目の優勝

 後続は2号艇須藤博倫と4号艇市橋卓士と6号艇野末智一の差し、5号艇新田雄史の捲り差しでBS団子状態になり、BS最内の野末智一が2M先行するも大きく流れ、行かせて捌いた市橋卓士が2番手になり、新田雄史が須藤博倫を差しきり3番手。
 しかし市橋卓士が2周2Mでターン流れ、新田雄史が須藤博倫と市橋卓士の間を割る捲り差しで2番手になり、新田雄史は内で食らいつく須藤博倫を3周1M包んで引き波にはめて後方に追いやり2着争いを制しました。