ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 本日はモーニング、デイ、ナイターと時間帯の違う3場が最終日でした。

丸亀琴参バスカップ優勝戦

 16/23/45の進入から10トップスタートの4号艇大西隆洋(香川支部)がカド捲りを決めて先頭に立ち、2000年3月宮島一般競走以来となる約14年ぶり通算2回目の優勝
 2006年1月の当地一般競走(波高7cm北西向かい風7m)では同じく5カド10トップスタートから捲りきり先頭に立つも、最終3周2Mで荒水面にもたついた後波風に煽られ振り込み3着になる屈辱を味わいましたが、波高1cm東追い風1mの今夜は最後まで完走して8年前のリベンジを果たし地元初Vを飾りました。

 後続は差した3号艇永田郁弥が2番手、捲られた後アウト変わりで二段捲りを打った2号艇海野康志郎が3番手でしたが、2Mうんのこーしろーが外握って同体に持ち込み、2周1M両者併走から2周2Mで外握ったうんのこーしろーが永田郁弥を一気に捲りきり、優出メンバー唯一のA1うんのこーしろーが2着。


多摩川デイリースポーツ賞優勝戦

 142/356の進入から1号艇中野次郎(東京)が押し切り、多摩川V6・通算26回目の優勝
 2着は外握った2号艇原田幸哉

唐津マスターズチャンピオン開催記念「名人の技」バトル優勝戦

 名人戦世代と4000番台を斡旋した開催の優勝戦は枠なり3vs3の進入から1月28日生まれの1号艇大嶋一也56歳が押し切り、SGV水面の唐津は昨年9月九州スポーツ杯に続く連続V・通算86回目の優勝

 後続は外握った3号艇下出卓矢27歳と差し順走の2号艇長尾章平29歳と2番差しの4号艇岡本慎治50歳で接戦になり、2Mは内先行したオカモトと外握った下出卓矢で併走し、差しに構えた長尾章平は一歩遅れをとった格好。
 ですが2周1Mは長尾章平が内の利で先行し、ここで差しに構えたオカモトは一歩遅れをとったのに対し、外握った下出卓矢は長尾章平を捲りきって締め込み単独2番手に。
 長尾章平は3周1M外握って同体に持ち込みますが、3周2M内先行した下出卓矢が再度外握った長尾章平を0.2秒差で振り切り2着。