ブログネタ
BOATRACE(競艇) に参加中!
 地区選手権が唯一全地区同時開催になる明日の建国記念日を前に、本日は4つの場が最終日を迎えました。

徳山マンスリーBOATRACE杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から21スタートの1号艇西島義則を03スタートの2号艇松村敏が捲りきった展開を突いて差し抜けた3号艇星栄爾が先頭に立ちますが、星栄爾は+01のフライング返還欠場。

 これにより、2番差しの5号艇南野利騰が先頭に立ち、1M捲り差しから2M差してきた4号艇冨田秀幸を振り切って先頭を守った南野利騰は昨年1月三国むつき第1戦以来となる通算2回目の優勝

 ちなみにF艇が出たものの2連単13750円・3連単542で39410円のダブル万舟になりました。

津4Kソリューションカップ優勝戦

 1236/54の進入から1号艇岡本猛が5号艇中嶋健一郎(三重)の捲りをブロックして押し切り、津初・2012年12月若松日本財団会長杯争奪クリスマスナイター以来となる通算5回目の優勝
 準優1号艇トリオで唯一優出した4号艇待鳥雄紀が捲り差して2着。

蒲郡みかんわいん杯優勝戦

 1236/45の進入から1号艇森竜也が押し切り、前走地宮島グレートおやじ決定戦に続く今年2回目・通算55回目の優勝
 後続は捲り差した4号艇萩原篤と差した6号艇小畑実成で2番手接戦になり、2M萩原篤が外握って小畑実成が内の5号艇杉山裕也(愛知)を行かせて捌いた結果、若干萩原篤が優位に立ち、萩原篤は2周1Mも外フルターンを見せて小畑実成を突き放し2着。
 尚、杉山裕也は3周1M小畑実成と僅差の4番手から外握って食らいつこうとするも振り込んでしまい選手責任転覆。

桐生上毛風神杯優勝戦

 土曜日の4日目が大雪で中止順延になり、1日遅れで本日最終日を迎えた上毛風神杯はG1赤城雷神杯歴代優勝者が2人優出。

 しかし優勝戦は桐生初Vの懸かる1号艇今泉和則(77期3799)が123/564のインから11トップスタートの速攻を決め、桐生初・通算14回目の優勝
 後続は3号艇吉田光(77期3809)が赤城雷神杯歴代優勝者の2号艇原田富士男を捲りきり、差して追走する赤城雷神杯歴代優勝者の5号艇秋山直之(群馬)を2M行かせて捌き77期ワンツー完成。