常滑BOATBoyカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇天野友和(愛知支部)が1M先行してデビュー初Vに向け逃げ切り体勢も痛恨のキャビテーションを起こしてしまい、優出24度目の挑戦も初Vはお預け。
 そして、3号艇佐々木和伸が天野友和を捲りきって先頭に立ち今年2回目・常滑初・通算17回目の優勝
 6号艇伊藤啓三が差して2着に入り78期ワンツー。

尼崎ルーキーシリーズ第7戦創刊65周年記念センタープール杯争奪ニッカングローリー賞競走優勝戦

 13/2/456の進入から1号艇森野正弘(106期4601)が01トップスタートの速攻で深インを克服し、今年2回目・尼崎初・通算2回目の優勝

丸亀ボートピア朝倉開設22周年記念優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇岩崎正哉が押し切り、丸亀2回目・昨年10月下関住信SBIネット銀行賞以来となる通算47回目の優勝
 2号艇伊藤宏が差し順走で2着に入り福岡支部ワンツー。

児島G3企業杯シモデンカップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇平尾崇典(岡山支部)が押し切り、前走地大村MBP長崎時津開設7周年記念に続く今年V6・児島16回目・通算66回目の優勝
 4号艇森秋光(今節選手代表)が1M差しから道中の混戦に競り勝って2着に入り、岡山支部ワンツー。

大村MBP長洲開設5周年記念ながす金魚杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1M先行した1号艇角谷健吾が先頭も2Mで振込詐欺をやらかし、まさかの選手責任エンスト失格。
 これにより、差し順走2番手の2号艇柏野幸二が差し続く4号艇山下和彦を2M行かせての差しで先頭に繰り上がり、今年2回目・通算50回目の優勝

宮島デイリースポーツ杯争奪男女W優勝戦最終日

 スタート展示がない「スタ展なき戦い」第2弾は男女W優勝戦。
 男子の11Rモンタリーグ優勝戦は132/456の進入から1号艇岡田憲行が12トップスタートの速攻を決めて宮島V3・2012年11月蒲郡日本モーターボート選手会会長杯争奪戦以来となる通算15回目の優勝

 女子の12Rモミジリーグ優勝戦は123/546の進入から1号艇川野芽唯が押し切り、今年2回目・宮島初・通算4回目の優勝