尼崎MBSラジオ1179賞競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から2号艇丸尾義孝が1号艇松本勝也(兵庫支部)を差しきって先頭に立ち、今年3回目・尼崎3回目・通算43回目の優勝
 尚、2周1Mで4番手の4号艇原豊土が3番手の5号艇・2005年12月蒲郡師走特別以来の優出を果たした矢橋成介59.6kgに追突して選手責任転覆。

蒲郡日本モーターボート選手会会長杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から12トップスタートの1号艇市橋卓士が2号艇鈴木賢一の無理捲りを張り飛ばしながらの速攻戦で逃げ切りを果たし、前走地丸亀発刊50周年記念大阪スポーツカップに続く今年3回目・蒲郡3回目・通算25回目の優勝