桐生クリスマスカップ ヤング・ミドル対抗戦優勝戦

 ミドリ市主催のヤング・ミドル対抗戦は団体優勝がミドル。
 そして個人戦ファイナルは枠なり3vs3の進入から1号艇原田幸哉(ミドル)が08トップスタートの速攻を決めて今年V6・通算61回目の優勝

住之江滝ノ道ゆずる杯争奪箕面市営競艇施行60周年記念競走優勝戦

 1236/45の進入から1号艇佐々木康幸が押し切り、今年7回目・住之江3回目・通算51回目の優勝
 今年V7でSG総理大臣杯当確の佐々木康幸、来年12月20日も同じ住之江で走りたいところです。

児島ミニボートピア井原開設1周年記念競走優勝戦

 枠なり3vs3の進入から捲り差す3号艇寺田千恵(岡山支部)と内で粘る2号艇大場敏と1M先行する1号艇森永淳による三つ巴の先頭争いから2M最内の大場敏が先行。
 しかし寺田千恵が大場敏を差しきって単独先頭に立ち、今年4回目・通算49回目の優勝

徳山yab山口朝日放送杯争奪戦優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇河野大が06トップスタートも3号艇川上剛の捲り差しが届き、2M先行で抜け出した川上たけしは今年3回目・徳山初・通算24回目の優勝

若松日本財団会長杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇烏野賢太(12月20日生まれ)が押し切り、今年2回目・若松5回目・通算86回目の優勝

アビスパ福岡杯優勝戦

 大ヒットゲーム妖怪ウォッチ発売開発元のレベルファイブが冠協賛スポンサーのレベルファイブスタジアムを本拠地にするアビスパ福岡

 そのタイトル戦ファイナルカードは福岡・静岡・香川各支部2人ずつ優出し、枠なり3vs3の進入から1号艇石田章央(静岡支部)が07トップスタートも3号艇里岡右貴(福岡支部)の捲りを張り飛ばして流れてしまい、2番差しの4号艇今坂勝広(静岡支部)が先頭、先差しの2号艇木村光宏(香川支部)が2番手。
 そして今坂勝広は2M木村光宏の差し返しを振り切り、今年2回目・福岡2回目・通算58回目の優勝

大村スポーツ報知杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇松村敏が05トップスタートの速攻を決めて今年4回目・大村初・通算13回目の優勝