常滑半田大賞優勝戦は134/256の進入から節間8戦全勝の1号艇市橋卓士が深インを克服して逃げ切り、3節連続となる今年4回目・常滑2回目・通算26回目の優勝にして完全V達成。