年末開催に移行して前年比売上大幅増・最終日売上35億円・節間売上106億円を突破したG1賞金女王決定戦特設サイト)は、例年SG賞金王決定戦を開催する住之江で開催。

 優勝賞金1000万円を懸けたファイナルクイーンズクライマックス優勝戦は枠なり3vs3の進入から1号艇日高逸子が目の覚めるような01トップスタートの速攻を決めて今年4回目・住之江2回目・通算71回目の優勝
 ちなみに来年の開催地はグレートマザーの地元福岡です。

賞金女王シリーズ戦優勝戦

 最も売れる一般開催こと賞金女王シリーズ戦の優勝戦(優勝賞金100万円)は枠なり3vs3の進入から1号艇中谷朋子が10トップスタートの速攻を決めて今年4回目・住之江初・通算7回目の優勝

多摩川カップ優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇桐生順平が押し切り、今年V6・多摩川2回目・通算18回目の優勝

平和島日本モーターボート選手会会長賞優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇角谷健吾(今節選手代表)が09トップスタートの速攻を決めて今年4回目・平和島4回目・通算51回目の優勝

戸田ゴールドカップデイリースポーツ杯優勝戦

 枠なり3vs3の進入から1号艇濱崎直矢(埼玉支部)が08トップスタートの速攻を決めて今年2回目・戸田3回目・通算13回目の優勝にして今節初戦初日5R5号艇2着以外全て1着の準完全V。

桐生ボートピアなんぶ杯優勝戦

 2014年次最後の優勝戦になったドラキリュウナイターは枠なり3vs3の進入から1号艇大澤普司(群馬支部)が16トップスタートの速攻を決めて今年3回目・桐生5回目・通算21回目の優勝